2006年07月07日

マエストロ・ヤルヴィのサイン

jarvis_and_shostako.JPG

7月4日に京都市響のコンサートに行ったときの続き。

コンサートが済んで事前に調べておいた楽屋口に駆けつけるとすでに数人が並んでいる。
しばらく待っていると人がどんどん集まってきて30人くらいになり、ホールだかマネージメントだかの人がサイン用のテーブルを準備して、サイン大会の開始。最終的には40人くらい並んでいた。

私は、チャイコフスキーの5番(エーテボリ)、フランツ・シュミットの2番(シカゴ)、我が祖国(デトロイト)、プロコのロメジュリ、ショスタコの14番と7番のライナー・ノートを用意していて、最もお気に入りのショスタコの7番にサインしてもらおうと手渡した。

するとヤルヴィ先生、
「これは大事なものだ。何で大事か分かるか?ほらこのページ・・・(ページをめくる)、ほらここ、パーヴォが写っているんだよ。ほらほら(ヤルヴィの奥さんにも見せる)」
そして、どこにサインするかじっくり考えて、サインしていただいたのが上の写真。

サインし終わったら、ヤルヴィ先生の奥さんが、
「ちょっとだけ待ってて。ちょっとだけ」
と言って、マネージャーだか通訳だかの人に、
「ほらこれみて。うちのパーヴォが写ってるのよ」
って言いながら見せびらかしている。

幼いパーヴォと、ヤルヴィ・パパとショスタコーヴィチ大先生が写っている写真を見て大喜び。
ショスタコーヴィチと一緒であることと言うよりは、幼いパーヴォの写真があったことのほうがうれしかったみたいだけど。

ライナー・ノートひとつでこんなに喜んでもらえて、選んだ甲斐があった。パーヴォもいいおっさん(失礼)になっているのにお父さんお母さんから見たらいつまでも「うちのパーヴォ」なんだろうねえ。


posted by tak at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ネーメ・ヤルヴィ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。