2006年07月21日

ヤルヴィの"AURORA"

jarvi_aurora.JPG

ネーメ・ヤルヴィがエーテボリ交響楽団を指揮した、いわば「北欧癒し系コンピレーション」。
music of the northern lights という副題の"AURORA"なるアルバムが2003年に出ていたのを知ったのは今年になってから、というのは自称ヤルヴィ・マニアの名折れである。
輸入盤も国内盤もある。輸入盤をWEBのHMVに注文してたら、ずうっと入ってこなくて、どうしたもんかなあと思っていたころに、職場の組合の関係で岩国に行ったときに帰りに広島に寄って、HMVとタワーを回って何の収穫もなく、がっかりしてなんとなく広島駅の隣(めちゃめちゃ場末である)のブックオフっぽい店に入って見つけたのがこれ(国内盤)。
注文してるのは輸入盤だし、と思って買ったら、輸入盤は廃盤。ぎりぎりセーフという感じであった。

基本は、1986〜1996年にヤルヴィがDGに録音してきたグリーグやらシベリウスやらのさまざまな北欧ものから、耳に優しい曲を集めたものだが、一部2002年の新録音がある。
それがこれ。

ハルヴォルセン作曲 ロシアの貴族の入場行進曲
ヤルネフェルト作曲 子守歌
ウィレーン作曲 行進曲
ラーション作曲 ロマンス
ラウタヴァーラ作曲 沼地
ステンハンマル作曲 カンタータ《歌》〜間奏曲
ルンビュエ作曲 コペンハーゲン蒸気鉄道ギャロップ

いやはやマニアック。選曲がプロデューサーによるものかヤルヴィによるものかは分からないが、面白い曲ばかり。
ヤルネフェルトとルンビュエという作曲家は知らなかったが、他の作曲家は名前は知っていてもほとんど聴いたことのない人ばかり。

有名なのはウィレーンの行進曲(セレナードの4楽章)だろうか。「ポーケットーのーなーかーにーはービスケットーがーひーとーつー」というやつだ。

演奏としてはやはりこの2002年の一連のものが抜きん出ている。全体に非常に丁寧な演奏だが、2002年のものは、それに加えてなんというか、音がはじけている。指揮者とオケが音楽というおもちゃでたわむれている。
20年にわたる彼らの関係がマンネリに陥らず、年を追うごとに深化を感じさせるのはほんとうに驚くべきことだ。


posted by tak at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ネーメ・ヤルヴィ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。