2006年08月21日

鹿野ミュージカル/嗜好の拡散

鹿野ミュージカル終了。
オーケストラの出来はとても良かったと思う。不安感なし。演技の方も段取りも危なげなく、良い公演だったと思う。

そうは言いながら、いくつか気になったことを。

1.チケットはそんなに高かったとは思わないが、そんなにお客さんは多くなかった。公演内容を考えたら、鳥取でもめったに見られない本格的なミュージカルであり、鹿野と関係ない人でも楽しめるとは思う。ひょっとして、鹿野ミュージカル自体がもう市民に求められてないってこと?いやいや、そんなはずはない。関係者のチケット販売の努力が少しだけ足りなかったのだと信じたい。
2.本番はなぜか役者がみんなせりふをゆっくりしゃべっていた。これは役者を落ち着かせるためとせりふを聞きやすくするために誰かがアドバイスしたのだと思うけど、緊張感が薄くなったような気がしたなあ。
3.台本は鹿野の歴史をみごとに活写していて、深みもあり、リハーサルをしていく中でとても感心していた。が、やはり初めての人には難しいのではなかろうか。もし役者がそのことに気がついていたなら、演技の方向性は違ったものになっていたかもしれない。

実はこの3つは、「観客の視点」として見ると同じ問題としてくくれる。
この「鹿野ミュージカル」という20年の歴史を持つ公演は、役者のためのものではなく、観客のためのものになるべきだということだ。どう観客を呼び、どう楽しませるか。観客の嗜好を知らなければとても難しい問題になる。
観客となるべき市民の嗜好が多様化を超えて拡散しつつある現代に、どうこのミュージカルに意識を収束させるか。そんな哲学的な挑戦が必要となってきているような気がする。

ちなみに、これはジュニア・オーケストラの活動も全く同じことだ。ジュニア・オーケストラは「仲良しクラブ」であってはいけない。しかし、こどもたちの嗜好が拡散する中で、クラシックとか弦楽器とか、この小難しいものの魅力を追求させるにはどうしたらいいか。さらにそれをお客さんに提示して楽しんでもらうにはどうしたらいいのか。

悩みはますます深まるばかりだ。


ラベル:オーケストラ
posted by tak at 00:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。