2006年09月10日

カルテット仕事、ダブルで。

quartetwork.JPG

9/9は朝から鳥取市文化団体協議会の文化活動ひろばオープン式典。
それにあわせて、某撮影仕事もこの日に入れていた。写真はその1場面。
たぶんこの映像は県内ではテレビで見られるだろう。詳しいことは私も知らない。

式典の方は、絵やいけばなの展示スペースで、来賓・関係者がすし詰め状態みたいな感じの中で演奏した。
お客さんとの距離が異常に近かったが、それもまた良し。
お客さんの反応は、アイネクライネがいちばん飽きがちで、埴生の宿は集中力ばっちり、マイ・フェア・レディは案外良かった。

やはり練習したらしただけ本番の演奏に良い効果がある。今日は満足。


ラベル:カルテット
posted by tak at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

誰も寝てはならぬワルツ集

いよいよ9/9はカルテット演奏の日。8日は最後の練習。まあまあ良くなった。
練習後に、こないだ東京で買ってきた「誰も寝てはならぬ」とブラームスのワルツを、早速みんなで初見で弾いてみた。
やっぱりこれは良い。次の演奏の機会にはぜひ使いたい。
プッチーニの方はアリアのみ演奏するときのオケ伴奏+ソロをそのまま素直に弦4部に置き換えてある。素直にいい曲だ。
ブラームスのワルツ集(ピアノ連弾のヤツ)op.39の第15曲は、ブラームスのメロディの中で私の最も好きなもの。
連弾ではさわやかなのに弦でやるといかにもブラームスらしくこってりだ。

ところでこのブラームス。原曲はフラット4つ(As-Dur)だが、カルテット版はシャープ3つ(A-Dur)に編曲してある。
なんか変なので、そのまま楽譜のシャープをとってフラット4つのつもりで弾いたら、あの曲の雰囲気がばっちり出た。
読み替えが面倒じゃないので、本当に演奏するときもこれで対応できそうだ。
ラベル:カルテット
posted by tak at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

ハイティンクのショスタコーヴィチの4番

haitink_shostako4.JPG

東京土産の一つ。
指揮者もオーケストラもロシアの人たちでない演奏で、これ以上の成果は簡単には出せないだろうというような、やる気に満ちた演奏だ。
この演奏の初期盤を手に取るのは本当に久しぶりで、まるで日焼けしたかのような薄黄色なジャケットの色が、デザインなのか日焼けなのか思い出せなかった。

1楽章
ともかく1音1音の音の勢いが凄い。逆に弱くなるときの弱弱しさも的確。
どの楽器も上手い。いや、上手く聴こえる。チェロがソリで勢いあまってよく音程をはずすが、それもまた良し。
特に木管楽器の長い音符の形がきれい。
フガートのテンポは遅いが一向に気にならない。
たたずまいの美しさ。それは調性感の確かさだろうか。

2楽章
やはりこの当時のロンドン・フィルは決して状態がいい訳ではない。よく聴けばソロはとちる寸前だ。それでも聴かせるのは、ハイティンクの意志の力だろう。
この曲は同じような楽節が延々と続くところが多くて、いくら好きな曲だと言っても退屈することがある。
その演奏はそういうところでわずかな変化を織り交ぜながら集中力を切らすことなく魅力を持続させている。

3楽章
この楽章に限らずファゴットが良く活躍するが、どの場面でも的確な音楽。
ゆったりとしたテンポを嫌がっていない。音楽表現のポジティブさが失われない。
コラールは、完璧ではないが、充分に熱い。

おしなべて、突出した何かはないが平均的に良い演奏であることで、万人に薦めやすい演奏だ。万人に薦められるほど手に入れやすくないが。1枚ものでこの演奏を見たのは何年ぶりだろう。さすが東京。初期盤で手に入るとは。


Dmitri Shostakovich
Symphony No.4 in C minor, op.43
Bernard Haitink
London Philharmonic Orchestra

DECCA 1979.1

2006年09月07日

東京行動

tokyogaeri.JPG

9/5
職場の先輩と二人で飛行機で鳥取空港から羽田へ。モノレールで浜松町、山手線で有楽町。
有楽町の「刀削麺荘」で昼飯。ここは以前友人F氏夫妻に連れて行ってもらった店。完全にうろ覚えで手探りで行ったがたどりつけた。ボリュームたっぷり。ゆで餃子美味。
有楽町線で永田町へ、永田町の研修会会場で研修。
研修終了後はそれぞれ単独行動。
有楽町線で銀座1丁目まで行って、YAMAHA銀座店へ。有楽町から行った方が全然近かったなあ。
YAMAHAでは、1時間ほど吟味してカルテットの楽譜のみ。誰も寝てはならぬ(イナバウアーと言ってはならぬ)、ムーンリバー、ブラームスのワルツ集の第15曲を購入。
山手線で有楽町から宿をとった品川へ。高輪京急ホテルにチェックイン。すぐさま新宿から新橋まで引き返す。
新橋の美々卯の地図を印刷し忘れていて、20分も探してしまった。駅の完全に反対側に行ってしまい、住居表示を見たら銀座まで来てた。なんとか街中の地図を探して闇雲に歩いて奇跡的にたどり着く。
15分遅れ。幸いまだ全員集合してなかった。
みんな忙しい人ばかりだから、あんまり遅れが気にならない?あとは昨日の日記の通り。

9/6
朝起きて朝食食べて、チェックアウトして、職場の先輩と研修会場へ。8:00品川→東京→四谷8:30。ラッシュと思っておびえてたが、びっくりするくらい電車がすいてた。ラッシュの逆方向?
昼休憩に四谷の「イタリア自動車雑貨店」(http://www.italiazakka.co.jp/)巡礼。結局何も買わなかったが、アルファロメオその他グッズだらけで至福の時。
研修は2時半に終了。
中央線で四谷→御茶ノ水。御茶ノ水のディスクユニオンに。1時間強吟味し、BIS時代のヤルヴィのシベリウス1,5,6、ハイティンクのショスタコーヴィチの4番(初期盤)、ハーゲンSQのモーツァルトのカルテット全集を購入。
徒歩で御茶ノ水→秋葉原。石丸電気3号館を来訪するも、何も買わず。
山手線で秋葉原→有楽町。有楽町のHMVに行くも、何も買わず。
歩いて銀座の「銀座中条」なる店に。前日に銀座を歩いてて気になっていたおかきの店で、家と職場のお土産を購入。
くたびれたので羽田空港へ。山手線とモノレール。
羽田→鳥取は順調なフライト。職場に寄って研修資料とかを置いて帰宅。

荷物が少なくてくたびれてなかったら渋谷のタワーとHMV、本郷のアカデミアにも行きたかったが、またいらんものを買ってただろうし、物欲を抑えられたということで良しとしよう。
ラベル:日記
posted by tak at 00:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

東京飲み会

東京飲み会

久々の東京出張で、大学時代の仲間たちと五人で飲んだ。新橋の美々卯。
何年も会ってないのにみんな全然変わってない。なんてことを話したら「自分も変わってないはずだっていう願望なんだよ」って。そりゃそうだ。
久々にみっちりと議論した。格差社会のこととか。
楽しかった。って小学生の作文みたいだな。
写真は全然関係なくて、宿の近くのラーメン屋。従業員の日本人比率が少なくてある種の格差社会?ラーメンはうまかった。
ラベル:日記
posted by tak at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

今日もカルテット

今日(9/4)も9月9日の鳥取市文化団体協議会事務所開きのためのカルテット練習。
今回は、アイネクの1楽章、埴生の宿、マイ・フェア・レディーの「踊り明かそう」。
久々にメトロノームを使ってやってみた。なんだかどんどん悪くなっていくような。

アイネクはまあ何とか様になった。休譜をきちんと休めていないとか、走ったりもたれたりの繰り返しとか、普通に演奏してたら気がつきにくいこともメトロノームでばっちり露呈してしまう。
もちろん、前に行く音楽、ひきずり気味の音楽はあるわけだが、それをそのまんま速くとか遅くとかしていいわけではない。テンポの中でその変化が出せなければ。

マイ・フェア・レディーが難しい。最初はノリノリでいけるかと思ったら、やればやるほどのれなくなっていく。だんだん他のパートを聴けるようになって、聴きすぎてしまうということもある。

本番まで後練習は1回。大丈夫かな。。。
ラベル:カルテット
posted by tak at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

ヤルヴィのマーラーの3番

jarvi_mahler3.JPG

ヤルヴィのマーラーはすでに5番と6番を持っていて、どちらもそれになりに面白い演奏だった。さすがに3番は難しいんじゃないかと思って恐る恐る手を出してみたらさにあらず。細部まで気が漲っている。

ドラマに満ちた1楽章。懇切丁寧に音楽の起伏を説明していく。そのドラマのひだはテンシュテットやベルティーニほど深くはないが、面白いことは間違いない。
2,3楽章もそつなく聴かせる演奏。3楽章にあるクラリネットのハイトーンを極端に強調することなんかがちょっと普通と違うが、あとは普通に聴ける。というか、3楽章は本当は案外難しい曲だと思うんだが、ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル・オーケストラがあまりにも上手すぎて(本当に上手いんです)、全然難しく聴こえない。こんな曲だっけ。
4楽章。リンダ・フィニーの歌唱も素晴らしく、オケも細かな音楽のひだを逐一「音楽的」に表現し、美しい演奏に終始する。
5楽章は、どんな演奏で聴いてもさわやかなのだが、ヤルヴィはくどい!テンポが遅い!テンポが遅くても曲が成り立っている。まるで違う曲を聴くように感じさせるが、このテンポでしか表現できない世界があるのも確かだ。リンダ・フィニーも申し分なし。
6楽章は見事な弱音のコントロール。ピアニッシモで歌っている。最後らへんはロシア吹きも混じりつつ、不思議な世界が構築される。神々しくかつ雄々しい。

亡き子も案外悪くない。オケ伴奏歌曲のオケはもともとスカスカだから大変なんだが、オケが上手いし歌もいい。我が家には他にクナッパーツブッシュの演奏(BPO, 56.4.9, HUNT)しかないが、同じくらいいい(それは言いすぎか)。

ヤルヴィにとって3番は本当にお気に入りの曲なんだろう。すべての小節、すべての拍に演奏する喜びが感じられる。
posted by tak at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ネーメ・ヤルヴィ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月03日

サルまん

saruman.JPG

「サルまん」とは言うまでもなく(ホントに言うまでもないのか?)「サルでも描けるまんが教室」のことだ。相原コージ氏、竹熊健太郎氏共著。
ビッグコミック・スピリッツでリアルタイムで読んでいたし、10年前に出た新装版も持っているので、2週間くらい前に新装再版されることを知ったときはなんとも思わなかったのだが、いざ書店に並んでいるのを見たら、つい買ってしまった。

もちろん内容は古今東西まれに見る奇書であり、その奇書っぷりは先ごろ出た吾妻ひでおの「失踪日記」とタメを張るくらいだが、これを15年も前に書いていたということ自体がびっくりである。ここまで制作に時間のかかりそうなマンガも今や少なかろう。
劇中劇である「とんち番長」を完全形で読んでみたいものだ。

初版が少ないそうなので、鳥取ではあっという間に売り切れてしまうかもしれない。そうであればむしろ私なんかが買うべきではなかろうが、再版されて話題になるのなら少しは役に立てるだろう。

著者の一人、竹熊健太郎氏はブログを書いておられる。オタクの鑑のような内容である。
http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/
ラベル:日記
posted by tak at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

ドホナーニのヴォツェック

dohnanyi_wozzeck.jpg

なんという苦み。この不信に満ちた苦い響きは決して狙ったものではなかろうが、曲と完全に一体化している。

ヴォツェック、大尉、鼓手長、医者の歌唱はいずれも精神の歪みと皮肉に満ち、特にハインツ・ツェドニクの憎らしい表現が素晴らしい。
逆にマリーのアニヤ・シリアは夫である指揮者に見守られての歌唱だからか、泰然自若として余裕と落ち着きにホッとしつつも、画竜点睛を欠くと言えなくもない。

この演奏の方向性を決定的に決めたのは、当然ながら指揮者とオーケストラの関係だろう。なぜか第1幕からずっと相互不信に陥っているような不思議な緊張感がある。
オケが指揮者に逆らっているわけではないし、指揮者がめちゃめちゃ無理を言っているのでもないと思う。しかしながら、この水準の演奏に持っていくためには相当な応酬があったのだろう。「何でそこまで言われなくちゃならないんだ」みたいな音がしている。それがまた曲にマッチしているわけだ。
曲が進むにつれてその相互不信は必要に迫られて(曲が難しくなるにつれて?)解消され、最終的には緊張感に満ちた演奏が生まれた。
この曲は私はバレンボイムとベルリン・シュターツオーパーの来日公演を見ている。10年くらい前なので印象しか残っていないが、この演奏よりは温和だったと思う。

ところで、よく聴いてみると聴いたことのあるパッセージがいくつか聴こえる。マーラーの大地の歌の6楽章のハープのパッセージに似たものは引用だろう。同じくマーラーの9番の2楽章はレントラーの曲を作ったら結果的に似てしまったみたいな感じだが、そこまで狙ったのかも。バラの岸のワルツみたいなのは何なんだろう。
さて、それよりも気になったのは、ショスタコーヴィチの交響曲の4番に現れるパッセージに似たもの。鼓手長の場面では1楽章の断片が、マリーが殺される場面では、3楽章の一番最後の弦のハーモニーが聴こえる。
おそらく、ショスタコーヴィチは、4番でヴォツェック的なものを描きたかったのだろう。

このCDにはシェーンベルクの「期待」も入っているが、初めて聴く曲でよく分からんので何も書かない。

さて、ドホナーニが正規録音したオペラ、ルル、ヴォツェック、サロメ、フィデリオ、オランダ人、ラインの黄金は手に入れた。あとはワルキューレだけかな。今回も某オークションで調達。

Alban Berg
Wozzeck

Wozzeck: Eberhard Wächter
Marie: Anja Silja
Tambourmajor: Hermann Winkler
Andres: Horst Laubenthal
Hauptmann: Heinz Zednik
Doktor: Alexander Malta
Margret Gertrude Jahn

Wiener Staatsopernchor
Wiener Philharmoniker
Christoph von Dohnányi

DECCA, 1979.12

2006年09月01日

積み木

tsumiki.JPG

今日もまたカルテットの練習のためにK君邸へ。
練習が一段落して、K君の小さな息子のための積み木でつい遊んでしまう。

木の積み木は難しい。歪みとやわらかさがある。K君ちの積み木はまだ新品なので歪みは極小。だが写真のように2mも積むとやわらかさが顔を出し、ゆらゆらとしなるように揺れる。

ところで、積み木で遊ぶとき、男の子は縦に高く積み、女の子は広く平べったく積んで遊ぶらしい。僕ら男の子が縦に積んで遊んでいるのを見たK君の奥さんたち女性陣には思いっきりひかれてしまった。「そんな高くして何の意味があるの?」
意味なんて考えないんだよなあ。積み木があれば高く積まなければならないのが男の子だ。っていうか「子」なのか、俺たち。
ラベル:日記
posted by tak at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。