2006年09月30日

初人間ドック

人間ドックなんて珍しくもない、または縁のない人がほとんどだろうが、我が35歳世代には切実(?)な問題だろう。

というわけで受けてきました人間ドック。鳥取市立病院健診センターです。
血液検査とか聴力検査とかこまごまとしたのもいろいろあるけど、メインイベントはやはり胃カメラ!

しんみりした話で申し訳ないが、私は父を胃がんで亡くしており、たぶん私と同じくらいの年には発症していたのではないかと思うので、胃の中がどうなっているのかとても知りたかったのだ。バリウムじゃ分からんし。

その前に、腹部エコー(超音波の出るモノでおなかをぐりぐりさする)は、白黒画面ながら自分のおなかの中身がリアルタイムで見れてとてもおもしろい。「これが肝臓ですよ、これが脾臓ですよ、これが膵臓ですよ・・・」なんてね。腎臓が腎臓らしい形をしてておおなるほどって感じ。「1mmくらいの小さい石がある」って言われたんで、将来的にいたい思いをするかもなあ。

さて、胃カメラ。まずのどの麻酔のスプレーが苦くて苦くて、もういや。「飲み込まないように」って言われてものどが麻痺しつつあって上手く制御できないんですけど。
いよいよ、ブツを呑む。パイプみたいなものを口にくわえて細い管をどんどん入れていく。1,2度うげっとなったし、終始気持ち悪かったが、最後の辺には慣れた。慣れたと思ったら終わった。
うげっとなるよりつらいのが、胃を膨らませるために空気をどんどん送るのを「げっぷで出さないでね」と言われること。のどが上手く制御できないし、ふだんからげっぷを我慢する習慣がない(周りの人ごめん)。でもまあなんとか我慢した。しかしあんなパイプを入れてるのに、空気が漏れないって、人体はいったいどうなっているんだ?
終わったら、すぐさまカラー写真を見せてもらいました。これがまたピカピカのきれいなピンク。健康なときにできるポリープがあるけどこれはもんだいないそうで、全く問題ないそうです。胃ってこんなにきれいなのね。これならまあしばらく大丈夫だろ。
問題ないのは分かったけど、おなかの辺りはいっつもシクシク痛むんだよなあ。それはどういうわけなんだろう。

これが終わって気分が朦朧としつつ、体力測定。
肺活量とか握力とか腹筋とかジャンプ力とかいろいろやって、結果、体力年齢34歳!よっしゃ、1歳若い!全く運動してない割にはよかった。

人間ドックにはお昼ご飯が付いてるんですが、朝食+昼食分のカロリーを摂るため凄いボリューム。
薄味だけどなかなかおいしゅうございました。牛乳を除いて完食。
白ご飯、カレイのから揚げ、鶏の照り焼き、茶碗蒸し、かぼちゃなどの煮つけ、インゲンのおひたし、ジュンサイの吸い物、サラダ、フルーツ。

誰も見たくないと思いますが、結果をまとめときます。
数字は 私の結果(基準値) です。

健診
 身体測定(BMI) 20.2(18.5-24.9)
 血圧 117/76(90-139/0-89)
 血液一般 異常なし
 コレステロール 低め
 尿酸 問題なし
 糖尿 問題なし
 肝臓・胆道・膵臓系 ほぼ問題なし
 腎臓系 問題なし
 便潜血 なし

体力測定(括弧は全国平均)
 右/左手握力 40.6/42.5kg(48.2/48.2) → 2(5段階評価)
 垂直とび 58cm(53.2) → 4
 全身反応時間 0.334秒(0.375) → 4
 閉眼片足立ち 48秒(64) → 3
 体前屈 47.5cm(43) → 3
 最大酸素摂取量 38.7ml/kg/分(38.9) → 3 (なんか単位の書き方がおかしいような)
 腹筋 20回(19) → 3

握力が左が強いのは、チェロの影響かも。
全身反応時間は、車でとばすので鍛えてる。
片足立ちは自信あったのに、目をつぶったら全然だめだった。
後はまあ相応。


ラベル:日記
posted by tak at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。