2006年10月10日

20世紀の音楽

20c_music.JPG

宮下誠氏著の「20世紀の音楽 クラシックの運命」という本が光文社新書で出ていて、新書で現代音楽を扱う珍しさから買って読んでみた。
美術史が専門の人だそうで、クラシック・ファン(というか現代音楽ファン)的な文章なので、オタクにはもの足りない。
まあ結果的には読むまでもなかったかなという感じもあるし、ちょっと違うんじゃないかなという記述もあるのだが、まあ存在としては貴重な本だと思う。
それよりも、この本で紹介された作曲家の音源を持っているかどうかが、そのひとの20世紀音楽の受容度を示す指標になるかもしれない。
というわけで、私の場合は以下の通り。さて、皆さんはいかがか。
◎=集めている ○=持っている ×=持っていない

項を立てて紹介されている人
◎リヒャルト・ワーグナー
◎アントン・ブルックナー
◎ヨハネス・ブラームス
◎グスタフ・マーラー
◎リヒャルト・シュトラウス
◎クロード・ドビュッシー
◎モーリス・ラヴェル
○アレクサンドル・スクリヤビン
○アレクサンダー・フォン・ツェムリンスキー
×フランツ・シュレーカー
◎アルノルト・シェーンベルク
◎アルバン・ベルク
◎アントン・ウェーベルン
◎イゴール・ストラヴィンスキー
○カール・オルフ
○フェルッチョ・ブゾーニ
○ハンス・プフィッツナー
◎マックス・レーガー
○パウル・ヒンデミット
○ゴットフリート・フォン・アイネム
○アルベール・ルーセル
○アルテュール・オネゲル
×フランク・マルタン
×ヴェルナー・エック
○エルンスト・クルシェネク
○エーリッヒ・ヴォルフガング・コルンゴルト
×エルンスト・トッホ
×ボリス・ブラッハー
○ギュスターヴ・ホルスト
◎レイフ・ヴォーン=ウィリアムズ
×ジャン・フランチェスコ・マリピエルロ
×アルフレッド・カゼッラ
○ルイジ・ダラピッコラ
×ブルーノ・マデルナ
○ルイジ・ノーノ
○ルチアーノ・ベリオ
○クルト・ヴァイル
×ハンス・アイスラー
×パウル・デッサウ
×フリードリッヒ・シェンカー
×パウル=ハインツ・ディートリッヒ
◎チャールズ・アイブズ
×カール・ラッグルズ
×ジョージ・アンタイル
○エドガー・ヴァレーズ
◎セルゲイ・プロコフィエフ
◎ドミトリ・ショスタコーヴィチ
◎ベラ・バルトーク
○ゾルタン・コダーイ
◎レオシュ・ヤナーチェク
◎ボフスラフ・マルティヌー
◎カロル・シマノフスキ
○ヴィトルド・ルトスワフスキ
○クシシュトフ・ペンデレツキ
◎ジャン・シベリウス
○カール・ニールセン
×エイトール・ヴィラ=ロボス
×アルベルト・ヒナステラ
○ハーヴァーガル・ブライアン
×ダリウス・ミヨー
○カール・アマデウス・ハルトマン
◎オリヴィエ・メシアン
◎ピエール・ブーレーズ
○カールハインツ・シュトックハウゼン
×カイホスル・シャプルジ・ソラブジ
○モートン・フェルドマン
○アルフレッド・シュニトケ
○ソフィア・グバイドゥーリナ
◎アルヴォ・ペルト
×ヘンリク・ミコワイ・グレツキ
○ヴォルフガング・リーム
○ジョン・ケージ
×アンリ・デュティユー
○ベルント・アロイス・ツィンマーマン
○イアニス・クセナキス
○ジョルジュ・リゲティ
×ジョルジュ・クルターク
○ハンス・ウェルナー・ヘンツェ
○ヘルムート・ラッヘンマン
○スティーヴ・ライヒ
○フィリップ・グラス
○マイケル・ナイマン
○ジョン・アダムズ

簡単な紹介のみの作曲家のうち重要な人
◎アーロン・コープランド
◎サー・ウィリアム・ウォルトン
○サー・マイケル・ティペット
◎ベンジャミン・ブリテン

名前と曲のみ紹介されている人
◎サミュエル・バーバー
○ユン・イサン
 日本の作曲家

名前すら出てこないけど重要な作曲家
○マリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコ
○ミキス・テオドラキス
○ペーテリス・ヴァスクス

感想
ヴィラ=ロボスとミヨーは本当に持ってなかったっけ。


ラベル:日記
posted by tak at 00:21| Comment(2) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。