2006年10月11日

HMVから届いたCD5

20061009HMV.JPG

9月26日に注文したCDが10月9日に届いた。

○ドホナーニ/WPhの「火の鳥」+バルトーク「2つの肖像」
○ドホナーニ/WPhの「ペトルーシュカ」+「中国の不思議な役人」
今回のお目当てはこの2枚。
オーストラリア・ユニバーサル独自企画のエロクアンス・シリーズ(バジェット価格)の2枚。インターナショナルのエロクアンス・シリーズでは出ていないし、新譜ではこれでしか手に入らない。
半年くらい前の発売時にはこれらが真っ先に売り切れた(ように見えたのは私がこれしか見てなかったからだろう)。
あのウィーン・フィルがバルトークの難曲をどう捌いているか、楽しみ。

○クルト・ザンデルリンク/BPOのショスタコーヴィチ交響曲第15番とハイドンの熊
ベルリン・フィル自主企画の1枚。タコ15はFMでエアチェックした音源で聴いたことがある。私が所有するザンデルリンクのタコ15(正規盤)は、BSO、COに続いて3種目。正規盤以外は、まあそのいろいろと。

○ヴァスクス 交響曲第2番など
1946年ラトヴィア生まれの作曲家、ペーテリス・ヴァスクスの名はあちこちでよく目にするし、実演ではチューリッヒでダヴィド・ゲリンガスがアンコールで弾いたのを聴いたことがある(曲名もどんな曲だったかも覚えていないが印象的な曲だったことは間違いない)。
たまたまこの注文時に交響曲第3番が新発売で、でも高いので、横に紹介されてて妙に安かったこれを買ったみた。

○クレンペラー/フィルハーモニアの「大地の歌」
これはついで買い。セールで少し安かった。もちろん聴いたことはあるし、どんな演奏かもよく覚えているが、所有はしていなかった。高校生の頃にカセットテープで録音したものしか聞いてないはずだから、17年ぶりとかそんな感じで聴くことになる。

○カラヤン/BPOのショスタコーヴィチ交響曲第10番(1967年録音盤)
これもついで買い。この1枚をもってドイツ・グラモフォン・レーベルで録音されたショスタコーヴィチのすべての交響曲が集まった。本当はルドルフ・バルシャイが弦楽四重奏を編曲して自演した「室内交響曲」があるが、これもいずれ手に入れてみたい。
ちなみにDGのショスタコは、10番が3種、15番が2種(1つは室内楽編曲版)、それ以外はすべて1種のみで、一応全集は完成する。5番でさえロストロポーヴィチ/ワシントン・ナショナル響のものしかない。交響曲第16番的存在の「ミケランジェロ組曲」までも録音しているので、ショスタコを避けているわけではなかろうに。


posted by tak at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 買ったCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。