2006年10月15日

音楽的一日

yuuaimatsuri.JPG

土曜日は、午前は、とある福祉施設のお祭りに招かれてカルテット演奏、午後は、鳥取市響の定期演奏会のための練習(2週間前)、夜はジュニア練習と、一日どっぷり音楽漬けだった。

さてそのカルテット演奏。
客層としてはお年寄りの方が多く、選曲の方向性はぴったり。
今日の演目は以下の通り。

モーツァルトのアイネ・クライネ・ナハトムジーク1楽章
プッチーニのトゥーランドットから「誰も寝てはならぬ」
ビショップの「埴生の宿」
岡野貞一の「ふるさと」
モンティの「チャールダッシュ」
アンコールに市川昭介の「好きになった人」

我々の前にもマンドリン演奏された方があって、やっぱりふるさとを演奏されていて、お客さんは結構歌ってたんだが、うちの演奏でもやっぱり歌ってた。
それにも増して「埴生の宿」への感情移入は、お年より世代は凄いものがある。曲名を聴いただけでどよどよ、演奏すると鼻歌。反応が非常にヴィヴィッドなのだ。こういうのはとてもうれしい。何よりも我々が演奏する音楽に心から浸ってくれていることが。
しかしながら、心苦しいことに、我々世代にはなぜそんなに「埴生の宿」が琴線に触れるのかよく分からなかったりする。ビルマの竪琴ってそんな凄い映画だったんでしょうかね。中井貴一版では全然分からなかったけど(中学生のときに見た)。
アンコールで「それではもう一曲、市川昭介の、」って言ったところですでにどよどよしたのはおかしかった。そこまで演歌好きなんだ。これも歌ってる人あり。

鳥取市響の練習は、チャイ5に関しては結構いいんじゃないかと思った。個人的に、ああこうすればいいんだと思ったのは、2楽章でフォルテ4つになるところの持って行き方。
そもそもフォルテ4つなんてチェロだけでどうにかなるものではないんだが、それ以前の長い長いクレッシェンドで大きめ大きめで来ておくと(それはチェロだけでも可能)、オケ全体がもっとクレッシェンドしなきゃいけない気になってくれるようで、きちんとみんな楽器を鳴らしてくれる。

ジュニアの練習では、チェロは5人同時に見ているんだが、進度はそれぞれまちまち。
それでも、最初すらすらできてた子がつまずいたり、最初つまずいてた子ががんばって盛り返したり、いろんなことがあるものだ。男の子と女の子でもその進み具合は違う。長い目で見守ってあげることも必要だし、今ここでこれを言っとかないと、ということを欠かしてもいけない。
それ以前に私自身が彼らの何らかの規範たり得ているだろうか、何てことも考えたりする。


posted by tak at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。