2006年10月17日

ふたつの「のだめカンタービレ」

nodame20061016.JPG

16巻が発売され、16日からはテレビドラマの放映が始まった「のだめカンタービレ」、それぞれ楽しみました。

まずはテレビ。
いきなりズデニェク・マーツァルが出演してびっくり。オケはチェコフィル使ってるのか??いいねえ。
のだめ初期の、まだ音楽マンガではなく、コメディ少女マンガの時代なので、むしろこういうドラマにはしっくり来る。
マンガ的表現も問題なし。というかCGみたいなの使って細かすぎ。
のだめの部屋とか非日常的な部分を実写でどうするのかと思ったらそのまんま。その潔さが返って好ましい。
いただけないのは、第九のリハーサル中に大きな声でしゃべる理事長。あれじゃステージまで声が届いちゃうよ。

しかしまあ全編有名クラシック漬けでしたね。ざっとこんな感じ。
・ドヴォルザークだかなんだかよく知らない曲
・ベートーヴェンの「月光」第2楽章
・ヴェルディのレクイエムの「ディエズ・イレ」
・ベートーヴェンの「悲愴」第2楽章
・ガーシュウィンのラプソディ・イン・ブルー(テーマ曲1)
・ベートーヴェンの交響曲第7番第1楽章(テーマ曲2)
・ベートーヴェンの第九1楽章(軽部真一指揮??)
・モーツァルトの「魔笛」から「夜の女王のアリア」
・チャイコフスキーのくるみ割り人形から「こんぺいとうの踊り」
・プロコフィエフの「ロメオとジュリエット」から「モンタギュー家とキャピュレット家」
・ドヴォルザーク??
・チャイコフスキーの弦楽セレナーデ第3楽章
・チャイコフスキーのくるみ割り人形から「花のワルツ」
・フィガロの結婚からなんだっけあのいちばん有名なの

マンガの16巻。
このねちねち描いたリハーサルシーンは素晴らしい。いっつもこれでもいいよ。
のだめカンタービレも、キャラが意志を持って自由に動くようになってきた。特に脇キャラ。名作はだいたいそういう境地が訪れる。高橋留美子も佐々木倫子もそうだった。
登場人物(千秋)が人にあだ名をつけているという設定もそれを感じさせる。

ところで、のだめが変装したと言っている「柔ちゃん」は、浦沢直樹のYAWARA!なのか、谷亮子なのかどっち?


ラベル:のだめ
posted by tak at 00:24| Comment(0) | TrackBack(7) | 聴いた音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。