2006年11月20日

鳥大関連音楽行事二件

toridai2006teiki.jpg kadowakiconcert.JPG

その1
鳥取大学フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会にエキストラで出演した。
・カルメン組曲抜粋(降り番)
・ペレアスとメリザンド(フォーレ)
・フランクの交響曲
・ファランドール(アンコール)

カルメン降り番でいきなりペレアスだと体が温まる暇もなし。
フランクは、本番になってようやくこの曲の真髄に近づけたのではなかろうか。弾いていてとても心地よかった。
特に、コーダの前のハープがアルペジオを奏でるコラールのような場面。ふだんはせかせかして全く宗教性が表現できていなかったのだが、本番では宗教的秘儀というか祈りの成就のような演奏になったのではなかろうか。
フランクは最近あんまり人気がないようだが、この宗教性が理解されにくくなったのと、理解させられる演奏が少ないのが原因だろう。技術的な上手さだけではどうにもならない。1楽章の祈り、2楽章の試練、3楽章の奇跡が表現できなければ、フランクが演奏できたことにならない。ジュリーニ/Wphの演奏がもっともその宗教的体験に近づいているのではないかと思う。
写真はカルメンのリハの模様。

その2
鳥大定期の後に倉吉市に向かい、門脇大輔JazzyLiveを見てきた。門脇大輔とは、鳥取(倉吉)出身のヴァイオリニストで、ポップス・インストルメンタル・ユニット「Clacks」のメンバー。
何でこれが鳥大関係かというと、共催が鳥取大学地域学部なのだ。私のチケットは鳥大の先生から買った(というよりは売るために預かった)もの。
会場は高田酒造倉庫。土壁で、日本的なつくりで、相当でかい倉庫だった。昼夜2回公演で計300人の来場ということだったが、夜の部でも200人くらい入っていたのではなかろうか。

今回のメンバーはクラックスとはかぶっていなくて、今回初めて組んだメンバーだそうだ。何かの参考になるかもしれないのでメンバーを書いておく。
ヴァイオリン:門脇大輔
トランペット:織田祐亮
キーボード:滝本成吾
ベース:関谷友貴
ドラム:伊藤隆郎

ドラムは文句なしに上手い。ベースも良い。他のメンバーも問題はない。
でも、このジャズみたいなポップスみたいな、葉加瀬太郎みたいな音楽って、何を志向しているんだろう。私には消費の対象にしか聴こえないのだ。ひと時を楽しむための音楽。今日だって充分楽しめたからそれでいいじゃないかと思う。しかし。
彼らの音楽は歌なしの歌、無言歌のようなものだ。しばらくすると一通りのパターンを作曲しつくしてしまい、やることがなくなってしまうんじゃなかろうか。クラシックだってジャズだって行き場をなくして前衛に解体したし、ロックだってひたすら細分化、拡散の道を歩んでいる。
ふだんから時代の洗礼を受けたマスターワークスばかり演奏したり聴いたりしているせいで、「作曲」というものを厳しく見てしまう。

写真は休憩時間の土蔵の様子。

言うまでもなく鳥大=鳥取大学です。


posted by tak at 00:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

寺コン

terakon.jpg

旧船岡町のとあるお寺でカルテットでコンサート。
持ち時間1時間半ということで、今日はたくさん演奏した。

・アイネ・クライネ・ナハトムジーク(全曲)
・誰も寝てはならぬ(トゥーランドットより)
・踊り明かそう(マイ・フェア・レディより)
(休憩)
・サウンド・オブ・ミュージック(メドレー)
・廃墟の中で(ニュー・シネマ・パラダイスより)
・埴生の宿
・チャールダッシュ(モンティ)
・ふるさと

休憩は、鳥大の落研の人が落語をしてつないでくれた。
それとしゃべりを入れてちょうど1時間半。スタミナ的につらいかと思ったけど、最近ずっと週1回ペースで練習しているおかげか、楽器をずっと弾いていてもあまり疲れない。
それよりも、個人的なミスが多くてかなり落ち込んだ。楽譜を1段飛ばしたり、ファースト・ヴァイオリンの拍を見失ったり、これまでになく致命的なミスが頻発した。どうもやはり曲目解説とかでしゃべると変に緊張するようだ。
お客さんは決して多くはなかったが、1時間半という長丁場を最後まで温かく支えてくれて、演奏をしていて非常に心地よかった。

ちなみに今日は、午前中は明日の鳥大定期の練習、夜はジュニアのチェロレッスンという、1日3コマ音楽漬け。
ラベル:カルテット
posted by tak at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月18日

紅葉三態

fukurogawakouyou.JPG kembun.JPG jimpukaku.JPG  

1枚目は市内の真ん中を流れる袋川の土手。NHK鳥取放送局の隣あたりである。
2枚目は鳥取県民文化会館前。イチョウがきれいであるが、足元は要用心。異臭を放つ実が落ちている。
3枚目は久松山(きゅうしょうざん)と鳥取城跡と仁風閣(じんぷうかく)。久松小学校前から。

鳥取に限ったことではないかもしれないが、最近すっかり紅葉が美しくなくなってしまった。
10年前、鳥取に帰ってきてすぐの頃は、久松山全体がすっぽりと赤い帽子をかぶったように同時に色が変わったものだが、今は樹種によってまばらに変わっていく。最初に色が変わったものはさっさと散っていくので、色が揃うことがない。

それでも、このわずかな期間の紅葉の時期はなんとなく麗しい気持ちになるものだ。
ラベル:観光
posted by tak at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥取の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

0系

zerokei1.JPG zerokei2.JPG

出張で名古屋に行った。JR使用。もちろん日帰り。7時に鳥取を出て11時に名古屋、用件を済ませて3時に名古屋を出て7時に鳥取。
往路は、
鳥取−<スーパーはくと>→姫路−<ひかり>→名古屋
というごく穏当な経路だったが、復路は、
名古屋−<ひかり>→新大阪−<こだま>→相生−<普通列車>→上郡−<スーパーいなば>→鳥取
という、乗り継ぎ3回の凄い経路。これでもかかった時間は往きと同じなのだ。

そんなことより「こだま」だ。
こだまに乗ったのは多分2回目。今日乗ったのは、なんと初代新幹線の0系なのだ。前回も0系だったかどうか自信がない。私が新幹線に乗るようになってからはひかりは100系より新しい車両だったので、0系はほとんど乗ったことがない。
0系って最近廃止になったんじゃなかったっけ、と思ったが、少なくとも山陽新幹線では現役なのね。山陽新幹線だから、青ではなく黄緑のストライプ。とりあえず写真を撮っておく。
中に入ると、なんと4列シート。車内幅が狭いのだ。初代の先頭車両形状では断面積を小さくしないとスピードが出ないので、車体幅自体が小さい。
物の本によれば、最高速220km。各駅停車なのでしょっちゅう停車することもあり、なんとものんびりしている。席もがら空きだし。
これで食堂車があれば言うことないんだけどなあ。こういう列車でのんびりと旅できるような境遇になりたいものだ。
ラベル:観光
posted by tak at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

シュトレー「ザ」マン

strezamann.jpg

ようやく見られた、のだめ第5回。
劇中ネット記事の中にtypo発見。

それはともかく、ピアノの人、めっちゃ上手いね。くねくねする前の硬い弾き方もいい感じで再現されている。本番もあんまりくねくねしてなかったけど。
ピアニカもめっちゃ上手い。上手い人が吹くとあんなことができるんだね。フラッター・タンギングとか。
それも含めて、ストーリーよりも純粋にバックの音楽を楽しむ瞬間が多くなってしまった。だんだんドラマらしい見方からずれてきてしまっているのはなぜなんだ。

それと、エリーゼってめちゃめちゃ日本語上手いね。って感想間違ってるか。

あと、スポンサーの旭化成のコマーシャルがおもしろい。アラムシャア〜。ちなみにいすゞジェミニをチューンしてたのはイルムシャー。
ラベル:のだめ
posted by tak at 00:15| Comment(0) | TrackBack(1) | 聴いた音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月15日

今日の不思議な風景

fukkokudo.JPG

大阪出張の帰り、中国自動車道の加西SAで撮った、ダイドーの自動販売機。
むかしの駄菓子屋みたいなのが再現されている。ただし奥行き50cm。
休日には真ん中の戸が開いてて駄菓子を売ってるとかだったら納得するが、自販機のためだけにこれを再現したのだとしたらどうかと思うな。そんなことされても別に買いたくならんよ、ってね。
ラベル:日記
posted by tak at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

不思議な音楽隊

takahashi.JPG

今日のネタはしょぼいです。鳥取の風景シリーズ。

某おもちゃ屋さんのシャッターに描かれた絵なんですが、かなり変です。

派手なコントラバスは棒っ切れで弾かれてるし、左端のはヴィオラ・ダ・ガンバだかチェロだか分からないし、右端のこども(??)が吹いてるのは何だ?クラリーノ?いやクラリーノがなんだかよく分かってないんだけど。ベートーヴェンとかハイドンの楽譜のラッパのパートに書かれてる楽器の名前ね。

朝早くに鳥取市のメイン・ストリートを歩くと見られます。
ラベル:日記
posted by tak at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥取の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

第九、第九、オケ仕事

Hunchun_sakaiminato.JPG

今日も音楽的にしっかり働いた。

朝10時から境港市で第九米子公演の練習のため、朝6時起き、7時鳥取出発。道がすいてて着くのが早過ぎ(2時間で着いた)、昔ながらの喫茶店で時間調整。
練習はいきなり4楽章から。チェロが1人、コントラバスが3人の状態でレシタティーボは冷や汗かきましたよ。このパッセージは一人で弾くべきものではないな。
次に2楽章、3楽章、1楽章と、練習は怖いくらいさくさく進む。
お昼休みの後は4楽章の合唱あわせ。これも1時間かからないくらいでさくさく終了。
一見演奏は上手く行っているようなんだが、こういうのがいちばん怖い。アマチュアの演奏って、練習のときに散々ボロを出しておかないと、本番で思いもよらぬところでミスをするものなのだ。

練習後は鳥取に帰るなり、来年の第九鳥取公演の実行委員会。これも1時間くらいで話し合いはさくさく終わる。こちらの会は10年前(3回前)からメンツが変わらないので、誰がどういうヒトかみんな知り尽くしているし、ギロンの必要はもうあんまりないのだ。こういうのは楽だ。

家に帰って、久しぶりに時間が空いたので、補助金のお知らせを県内各オーケストラに送る準備とかこないだの演奏会の後始末とか。
後始末というのは、写真とかCDとかDVDとかの注文の取りまとめと、チケット代金を回収した分の集計と、チケットの半券を集計して正確な入場者数の状況の把握とか。先日の粗集計より多くなって587人の入場者。

ところで写真は練習会場の境港市民会館前にある狛犬(?)。境港市の有効提携都市である琿春市(Hunchun, 中華人民共和国吉林省)からの贈り物らしい。ホールが新しくない割りになかなか斬新な概観なだけに、似合わないことおびただしい。
ラベル:オーケストラ
posted by tak at 00:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

N先生の音楽的禅問答

鳥取が誇るヴァイオリニストであるN先生には、ジュニアオーケストラの指導をしていただいている。
ジュニアオーケストラ自体が、私を含む市響のメンバー3人でN先生にお願いして創設したものなので、創設以来の指導者である。

N先生の指導の特徴は「考えさせる」こと。

「こっち(試演A)とこっち(試演B)とどっちがいいと思う?」と子供たちに問いかけることが多くて、「どっちもいい演奏に聴こえるんですけど」と思うことがしょっちゅうだ。
それでも、よくない演奏の理由を聞いた後ならその違いがちゃんと分かる。つまり、演奏の良し悪しを決定付ける要素はいろいろあるわけだが、それを知っておかないことには良し悪しの区別もつけられないし、当然自分で演奏を構築することもできないわけだ。

今日の問いかけはさらに高度。というか禅問答だ。

その1
「クレッシェンドとかデクレッシェンドは、どうしたらいい?」
どうしたらって言われても、質問の意味がよく分からないんですけど。。。とか思ってたら答えは「拍ごとに分けて考えて変化をつける」。つまり、3拍かけてするクレッシェンドなら1拍目は気配だけ見せて、2拍目には音量変化が聴こえるようにして、3拍目にはしっかり大きく、とか。
ああ、確かにそうやってるな。しかも、その答えを聞くための質問は確かにその禅問答のような質問になるわな。

その2
「外声って、どういう役割だと思う?」
骨格を作ることかなあ、と思っていたら、「ファースト・ヴァイオリンはメロディだよね。チェロとかバスは、和音の根音であることがほとんどだよね。でもそればっかりだと悪い進行になることがあるから、和音のほかの音を割り当てることがあるんだけど、どの音を割り当てるかは『音のつながりがメロディになるように』決めるのね。ということは、チェロバスもメロディなの。だから、ただの伸ばしであってもきちんと歌わないと」
なるほど!!

そして、「いつもやってることだけど言えないってことはちゃんとできてないってことでしょ」。ああその通り。
つまり、何の気なしにやっててもそれを言語化できないとしたら理解できていないのと同じだということ。
まずは差異を判別し、さらにそれを言語化する。それができて初めて自分で演奏を作れる。インスピレーションがどうのっていうのは、それができた先の話だ。

こんな指導に一緒に立ち会えるというのは幸せなことだ。
ラベル:オーケストラ
posted by tak at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

プレイガイド

定期演奏会が終わって2週間近くになるが、チケット販売をお願いしていたプレイガイドのチケットの精算がまだ2軒済んでなかったので、定時が過ぎると同時に行ってきた。
1軒は某書店。計3支店で、一般5枚、高校生以下7枚。もう1軒は某デパートで、一般4枚。
とても少なく見えるかもしれないが、例年と比べたら大健闘である。

プレイガイドは他に2軒あり、某楽器店は0、演奏会場の事務所は20枚。

というわけで、プレイガイドの売れ行きも例年とは段違いに良かった。
当然ながらプレイガイドは確実に現金収入になるので、プレイガイドでの売れ行きが伸びるような戦略も考えなければいけないのだ。

<今日のボケ>
1.ビッグコミック・スピリッツをいつも買っているのだが、今日は金曜日なのに見慣れぬ表紙の号が書店にある。もう最新号が出たのか?と思ったら、そういえば最新号はまだ読んでなくて、袋からも出してなかったのだった。道理で表紙になじみがないわけだ。家に帰ってからようやく読んだ。
実は以前同じ号のビッグコミック・オリジナル増刊号を買ったことがあって、3話くらい読むまで読んだことがあることに気がつかなかった。
マンガの同じ巻を間違えて2冊買ったこともある。
2.今朝のミュージックプラザで、車のエンジンをかけたときに流れていたのは、フランクの交響曲。まるでベルリン・フィルのように分厚い音なのに、一向にザッツが揃わない。カラヤン/パリ管が頭をよぎるが、パリ管がこんな分厚い音を出すわけないし、EMIがこんなに音がいいわけがない。ジュリーニ/ベルリン・フィルかチェリビダッケ/ミュンヘン・フィルか、どちらかだろう、と思っていたら、カラヤン/パリ管。ありゃりゃ、また外れ。
あのパリ管をこんなことにしてしまうカラヤンは凄い。宗教性のかけらも感じられなかったけどね。
ラベル:カラヤン
posted by tak at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。