2006年11月21日

1.トスカ 2.市響

tosca.JPG

1.トスカ
国際ソロプチミスト鳥取主催、二期会21協力、ダリオ・ポニッスィ演出による「トスカ」。

出演は以下の通り。

トスカ:腰越満美、カヴァラドッシ:秋谷直之、スカルピア:上江法明、堂守・スポレッタ・シャルローネ/志村文彦
ピアノ:寺嶋陸也
衣装・演出助手:大内弘子
演出とプッチーニ(?):ダリオ・ポニッスィ

なんというか省エネバージョンで、ピアノ伴奏、指揮者なし、大道具なし。大道具の代わりに、バックのスクリーンに建物の絵とかを壁紙風に映している。後はテーブルとかの小道具のみ。演技とか衣装とかはオーソドックスなもの。
字幕は使わず、ポニッスィ氏があらすじを朗読する。
それで全然不都合はない。

さて、会場の鳥取県民文化会館梨花ホールはキャパ2,000人の大ホールである。ピアノ伴奏と歌という室内オペラのような公演には広すぎる。むしろ市民会館でも良かったのでは。
そういうわけで、歌に関しては、おそらくオケとは勝手が違ってのことだろう、音楽を探るような感があった(音程を探るみたいな意味の「探る」ね)。それでも、「歌に生き、恋に生き」と「星は光りぬ」立派だった。
今回の賞賛はピアノに贈られるべきだろう。歌手たちも寺嶋氏を讃えていた。ピアノもやはり「歌に生き、恋に生き」と「星は光りぬ」がダントツに音楽的にいちばんつぼにはまっていた。それこそリサイタルとかで嫌になるほどやってるんだろうね。
プッチーニのオーケストレーションをピアノで音楽的に成り立たせるのだから大変である。
だいたい、あの曲をピアノで弾いたら、まるでドビュッシーとサティとリストとグラナドスを交互に弾くような按配なのだ。とても面白かった。結局近代イタリア音楽をピアノで聴くのが初めてだからそういう風に感じたのだろう。当然フランス音楽とスペイン音楽に関連は深い。

この公演に1,000人近くの聴衆を集めているのだから、ソロプチミストもたいしたものである。でも、スタッフが公演中にホール内で携帯鳴らすのはどうなんだ?しかも「歌に生き、恋に生き」と「星は光りぬ」のときに限って。

2.市響
鳥取市響の定期公演のDVD(試聴版)をようやく見ることができた。
いやいや、いい演奏ですわ。
もちろん上手ではないし、ミスもある。それでも毎小節にみんなが思い入れを込めているのがよく分かる。録音でも。しかも、頭に血が上るのでなくあくまでも冷静にパッセージを積み重ね、音楽的な表現を心がけている。
こういう演奏を続けたいものだ。


posted by tak at 00:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 聴いた音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。