2007年03月21日

王様と私

kingandme.JPG

ルチアーノ・パヴァロッティのマネージャーだったハーバート・ブレスリンが書いた自伝であり、パヴァロッティの伝記。

ともかく、こってりと中身の詰まった、音楽家と音楽に関する極上のエピソードだらけの文章である。金目の話が多いが、全然気にならない。

気に入ったエピソード。

ジョーン・サザーランドの言葉
「ルチアーノの歌があまりにすばらしいので、彼のおなかに頭をもたせてきいていたら、自分が歌うのを忘れちゃったの」

ブレスリンの書いた本文から
ダイナ(・ショア)、エラ(・フィッツジェラルド)、ジョーン(・サザーランド)の三人でギルバート&サリバンの『ミカド』の「学校帰りの三人娘」を歌った。このパワフルな女性たちがこんな軽いもので共演しているところを、想像できるだろうか?今日のいわゆるクロスオーバーについてはききたくもない。あのころの人間は、これをうまくやるすべを心得ていたのだ。

マリリン・ホーンの話
(ハーバート・ブレスリンは)「何でマーラーの『キンダートーテンリーダー』みたいな、陰気なものを歌うんだ?死んだ子供についての連作歌曲だろ」と、いうの。私はあのメロディと歌詞が好きだった。でもあの手の歌は世間に受けないと彼は思っていたの。

第二のパヴァロッティを見つけることには、さほど関心がなかった。(中略)それより第二のハーバート・ブレスリンを見つけることに、関心があった。

最後の言葉は特に切実であるように感じる。結局彼は後継者を見つけられなかったようだ。
この本を読みながら思ったのが、バビロンの塔の話。神の怒りを買ってお互いに言葉が通じなくなった民衆。それは、パヴァロッティとブレスリンがキャリアを築いてきた時代の中で(あるいは彼らの業績が原因で)、クラシックというジャンルも拡散し、単にクラシック好きでは互いに話が通じないようになった現代の状況とふと重なって見えるように感じたのだ。
あるいは、自分の立つ踏み台を一段ずつ増やしていって、ついには降りられないくらい高くなってしまうような情景。

クラシックの市場が縮小しつつあることはいろいろな場面で言われているが、「市場」とか「経済」とかいう詩情に欠ける言葉はクラシックとあまりにも似つかわしくない。
今一度音楽の本質に立ち返る必要があるのではないか、というようなことを考えさせる、非常に貴重な書であった。


友人、時には敵
そしてマネージャーだった私が
栄光の王座についたパヴァロッティの私生活を
修正なしで公開する
王様と私

ハーバート・ブレスリン アン・ミジェット共著
相原真理子訳
集英社


ラベル:日記
posted by tak at 00:06| Comment(2) | TrackBack(1) | 音楽的思索 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

送別会

職場の送別会。
会場は和食の「弁多津」。
ひとつひとつの料理が、花はないが、滋味深い。特にハタハタの煮物は絶品。他に、カニ雑炊、中華風冷麦(?)、サーモンのバター焼、お造りなど。
会席の店なのに、デザートのアイスクリーム(ゴマ、キャラメル、ストロベリーとかいろいろ)がまためちゃめちゃ美味かった。

2次会はカラオケ。
3次会は「やまいち」。鳥取の人間は3人に1人は「やまいち」のカレーうどんで「しめ」る。
冷静に考えると、散々飲んでからカレーうどんを食べるのはいろいろと問題があるんだが、それでも食っちゃうんだよなあ。

というわけで今帰宅して風呂は言って寝るところ。

結論。やまいちと弁多津は美味い。こんな時間まで飲む社会人はどうかしてるよ。
ラベル:ごはん
posted by tak at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

今年の定期初練習

10月7日の第29回鳥取市交響楽団定期演奏会のための初練習。
人数は少なかった。
Vn1 2, Vn2 1, Va 2, Vc 2, Fl 2, Ob 1, Hr 1, Tb 2, Perc 1, Cond 1

初練習なんだが、初見大会ではない、と思う。
3月3日には楽譜を配っているので、2週間あった。
多分結構さらっている人もいたのだろう、結構それっぽい音が出るのだ。

今日はマンフレッドの通しと練習をちょっと、シューマンの4番の全曲通しと1楽章を練習した。
シューマンは市響には合わないんじゃないかと思っていたんだが、けっこうシューマンの詩情が漂うのである。
この弦楽アンサンブルみたいな編成でもなんとも美しいふわっとした空気のようなものが感じられるのだ。
もちろん曲がいいこともあると思うが、市響もそれなりに上手くなってきたんではなかろうか。
それにしても2曲とも本当にいい曲だ。もっときちんと演奏できないとお客さんには伝わらないだろうけど、がんばれば何とかなるはずだ。

3月号のレコ芸のインタビューで準・メルクル氏が「シューマンの4番には古典的アプローチがふさわしい。(だからこそ初稿を演奏する)」という言葉が出ていたが、こうやって演奏してみて、かなり賛同したい気持ちになった。大好きだったテンシュテット(ベルリン・フィル)の演奏が、あれはあれで好きであるが「ちょっとちがうんじゃないか」と思うようになった。

シューマンは最近フィリップ・ヘレヴェッヘが交響曲を全曲録り終えたので注文したところ。同時にジョージ・セルの旧録音も。これらはいずれも古典的アプローチと結果的にそれに近い演奏であるはずだ。楽しみ。

午前中には入院中のオケの大先輩に2度目のCDの差し入れ。
フランツ・シュミットの2曲のクインテット(イェルク・デムスとかヒンクとかプリンツとかの)、フランツ・シュミットの交響曲第2番(ヤルヴィとシカゴ)、シマノフスキの交響曲第2,3番(ドラティとデトロイト)、ウォルトンの管弦楽曲集(グローブズとロイヤル・リヴァプール・フィル)、シューマンの4番(テンシュテットとベルリン・フィル)、ショスタコーヴィチの交響曲第15番(ザンデルリンクとクリーブランド)、メシアンの世の終わりのための四重奏曲(ピアノがメシアン、ヴァイオリンがパスキエのやつ)。
その方は本当に偶然にちょうどメシアンのスコアを家族に頼んで取り寄せておられて、ちょうど楽譜と音が揃った。うらやましい(?)。
今回も1時間以上も話し込んでしまったが、シマノフスキがどうとか、メシアンがどうとか、知らない国の言葉で会話しているように思われているであろう。

というのを芸術劇場の3大テナー(ジュゼッペ・サバティーニ、ヴィンツェンツォ・ラ・スコラ、ニール・シコフ。新メンバー?)を見ながら書いていたのだが、サバティーニのコントラバス、指揮のニコラ・ルイゾッティのバリトンにはびっくり。ラ・スコラのフルートはありゃなんだ?しかしラ・スコラもサバティーニも指揮したんだがけっこう堂に入ってたなあ。再就職先をちゃんと考えている?
ラベル:オーケストラ
posted by tak at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

友達

tomodachi.jpg

鳥取県文化財団主催の演劇「友達」を見た。鳥取県民文化会館小ホール。
安部公房作の戯曲で、鐘下辰男演出。

私は演劇に関しては完全に素人である。まともに演劇を見たのは3回目。カンドー!とかそういうのではないが、じっとり(?)と面白かった。

恥ずかしながら安部公房の作品を読んだことはないのだが、安部公房=不条理劇の印象がまさにこの作品を見ただけで首肯できるほど強烈な作品であった。
20世紀音楽と20世紀美術が大好きな私にとって、不条理劇はドキドキするくらい刺激的である。この「友達」についても、せりふのひとつひとつを取り出して見てもどれ一つとして不条理なものはないのに、それらが組み合わさるとどうにも常識とかみ合わないことばかり。
安部公房のこの作品が素晴らしいのは、さらに不条理だと思っていたそのストーリーが、ふと日常と焦点が合って見えそうになるリアリティだ。病理と思っていた事象は自分が病気だからこそそう見えている(あるいはそうは見えない)というような。

ストーリーの根幹は、婚約者もいる一人暮らしの若い男性が引っ越してきたばかりのふた間のアパートに8人家族が突然上がり込んできて孤独はよくないことだから私たちが友達になるんだとかなんだかんだとやりとりをする。
若い男性は一度はハンモックで、二度目は鉄格子の檻で隔離される。そのあたりになると、8人家族が若い男性を救済する(?)ためにやってきたかのような会話になっていて、最後に若い男が毒殺される。
何なんだこの話は。

ステージの使い方が面白く、ファッションショーみたいに客席に突き出る感じでステージを張り出させて、それを三方から客が見る感じ。小道具類は最小限。

演技については、多分皆さんプロではないと思うが、とてもよくがんばっていた。1人セミプロの方がおられて、やはりその人がしゃべれば、ホントはこうなんだというのが分かっちゃうのだが、それでもみんなとてもよくやっていた。
ギターを弾く人がいたのだが、台本でもほんとにギターを弾く人になっていてそういう役者を選んだのか、役者がギターを弾けると分かって演出上そうしたのか、どちらなんだろう。

さて、演劇の演劇的身振りで気になること。
何で演劇ってあんなにタバコ吸うシーンがあるんだ?客席の飲食喫煙は禁止とか言いながらなんでステージではタバコ吸っていいんだ?表現の自由か。
仮に生涯一度もタバコをすったことがなくてすいたくない俳優がそういう役柄になったときはやっぱり吸わなきゃいけないのか?俳優はそうじゃなきゃだめなのか。それとも肺に入れないタバコの吸い方の演技を教えてもらえるのか。なんか納得いかない。
ちなみに今日の演劇ではウィスキーを壜でラッパ飲みするシーンがあって、最初はウーロン茶だろうと思っていたら本物のウィスキーのようだ(においがした)。友人が出てて、アルコールは全然飲めないと聞いていて、それでも飲んでいた(ように見えた)ので、俳優も大変だなと思ったしだいである。

もうひとつ、納得いかないのが、劇中で新聞を朗読するシーンがあって、今日の新聞を読むのだ。
設定は多分40年前くらいで、せりふの言い回しは当時のまま、お金も百円札とか使って時代考証的なこともやっているのに、新聞だけ今日の出来事ではつじつまが合わないのではないか。

ところで、私の目の前で鳥取在住の演劇の巨匠が見ておられて、誰も笑わないようなタイミングで笑っておられてそれがおかしかった。というか笑うところはいっぱいあるのにだれも声出さないのね。
「もう53回も侮辱されました」(くくっ、そんなの数えてんなよ)とか、「トップ屋」(くくっ、そんな古い言葉今の人知らないって)とか(カッコ内は私の想像です)。なるほど。

18日も午後2時からあるので、近隣の方はぜひ県文小ホールへ。満員では入れないかもしれませんが。私も本当は見たいが練習で行けないのが残念だ。
ラベル:日記
posted by tak at 00:15| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

フランツ・シュミット、3つ目のクインテット

franzschmidt_quintettinA.JPG

なんとも破天荒な曲である。
室内楽で全5楽章60分。そのうち第2楽章はピアノソロ。メシアンの「世の終わりのための四重奏曲」でも楽章はたくさんあるけどソロはなかったような気がする。しかもあの曲は50分。

フランツ・シュミットに出会ったのは交響曲第4番が最初だが、この曲が次くらいではなかったかと思う。大学時代にこのCDを買ったのだ。買った理由はフランツ・シュミットであることと、60分という長さだった。聴いてみるとなんとものんびりとしつつも魂の深淵を感じさせる魅力的な曲で、あっという間にはまってしまい、それ以来もう何度このCDを聴いたことか。
幸いなことに演奏が優秀で、何度聴いても飽きない。奏者は全くほかで目にしたことのない名前の人ばかりなのだが、本当に上手い。スロヴァキア・フィル関係者だろうか。

今日聴き比べて気が付いたが、この曲の第4楽章はもう1曲のクラリネット・クインテットの第2楽章と全く同じに始まる。なんとなく似ていると思っていたが、同じとはね。もう1曲の方では盛り上がったところでスケルツォに移行して肩透かしっぽいが、こちらではさらに魂の深淵に近づいていく。

ちなみにジャケットの絵はスロヴァキアのブラティスラヴァ。フランツ・シュミットの生地である。録音も同じくスロヴァキアである。

ところで、フランツ・シュミットのクインテットのピアノパートはすべて左手のために書かれているが、これはパウル・ヴィトゲンシュタインに委嘱されたためである。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%88%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3


Franz Schmidt

Quintett für Klarinette, Klavier, Violinen, Viola und Violoncello A-Dur (1938)

Klarinette: Andár Jánoska
Violine: Stanislav Mucha
Viola: Alexander Lakatos
Violoncello: Ján Slávik
Klavier: Daniela Ruso

1990.12.17-20, Moyzes Hall, Slovak Philharmonic
MARCO POLO
posted by tak at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | フランツ・シュミット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

フランツ・シュミット、2つのクインテット

franzschmidt_zweiquintett.JPG

フランツ・シュミットは、ブルックナーの弟子でマーラーのライバル。シェーンベルクと同じ1874年生まれ。
ピアノ五重奏曲とクラリネット五重奏曲が1枚に入ったディスクである。演奏者はウィーン・フィルの奏者など、ビッグネームばかり。

この2曲では、やはりピアノ・クインテットのほうが好きだな。クラリネット・クインテットならA-Durの方がよりよく書けていると思う。
それでも、この演奏ではアルフレート・プリンツが吹いているだけあって、無視してはいけない。2楽章で「一音入魂」的な素晴らしい音が聴けるところがある。

しかし、この時代にしてこのふわふわ漂うようなリラックス感は珍しい。大戦間で、世の中はどこもぴりぴりしていたのだろうに。
ちなみに、ピアノ・クインテットは普通の4楽章形式。クラリネット・クインテットは3楽章形式なんだが、2楽章のLentoのあいだにスケルツォ的なアレグロ・ヴィヴァーチェが差し込まれるという変則的な形式になっている。
同じように交響曲第2番でも第2楽章の変奏曲にスケルツォが融合しているなんてのもある。保守的な形式の中にもいろんな試みを用いているのだ。
Wikipediaには、革新派からは保守的と見られ、保守派からは和声やリズムが複雑すぎると見られ、どちらからもあまり評価されなかったなんて書いてある。なるほどなあ。それでも最近はディスクもたくさん出てきて、めでたいことである。

ところで、ジャケットの絵はフランツ・シュミットの肖像画なんだが、サインにKamperとある。まさかヴァイオリンを弾いてるアントン・カンパーかな。Kamperの前のイニシャルがMに見えるので、なんとも言えないが。
解説によれば、アントン・カンパーはフランツ・シュミットの下で勉強していたことがあるらしいので、あながち間違いでもないかもね。

追記:アップしてから気が付いたけど、クラリネット・クインテットの1楽章って、ブルックナーへのオマージュなんですね。交響曲第9番第3楽章冒頭の9度音程が引用されてます。



Franz Schmidt

Quintett für Klavier, 2 Violinen, Viola und Violoncello G-Dur (1926)
Quintett für Klarinette, Klavier, Violinen, Viola und Violoncello B-Dur (1932)

Klavier: Jörg Demus
Klarinette: Alfred Prinz
Violine: Anton Kamper, Werner Hink
Viola: Ferdinand Strangler
Violoncello: Werner Resel

1964.12, Palais Schönburg in Wien
Preiser
posted by tak at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | フランツ・シュミット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

チェコ音楽の魅力

czechmusiccharm.JPG

東洋書店の「ユーラシア選書」のシリーズで出た「チェコ音楽の魅力 スメタナ・ドヴォルジャーク・ヤナーチェク」である。
この本を買った主な理由は、著者が鳥取大学教授の内藤久子先生であること。と言っても私は面識がないんだが。チェコ音楽の第一人者が鳥取にお住まいだということはなんだか誇らしい。

これまで漠然と「ああ、いい」なんて聴いていた、この3人の作曲家の立ち位置が非常に鮮明に理解できる素晴らしい本であった。
すなわち、リストとワーグナーを信奉し、ボヘミアの「物語」を音楽化することで、チェコのオリジナリティを追求したスメタナ、ブラームスを信奉し、絶対音楽の表層に飾りとして民謡的なチェコらしさをトッピングしたドヴォルザークが、政治的な論争になるほど対立していたということ。
さらに、次の世代であるヤナーチェクが、生地のモラヴィアの、ボヘミアとも違う音楽の伝統をベースにして(バルトークと同じように、民謡を採譜したのだ)、音楽の作り方自体を再構築してしまったこと。

何より著者の作曲家とチェコへの愛情がそこかしこに感じられる。

ところで、この本の中で、にわかに理解しがたい記述があった。ヤナーチェクは「ベートーヴェンの作品を聴いても、私は決して忘我の境地に入ることはなかった」というのだ。
というのも、チェコの名ピアニスト、ルドルフ・フィルクシュニーは、「ベートーヴェンのソナタの演奏解釈をヤナーチェクから学んだ」という話を読んだことがあるからだ。
これはおそらく、作曲家としてのヤナーチェクはベートーヴェンの作曲の在り方とは違うものをめざそうと考えたということであり、それは演奏家としてのフィルクシュニーに作品をどう演奏するかを伝授することとは次元が違うことであり、両立しえたのであろう。そもそも、ピアニストはベートーヴェンを演奏しないわけにはいかない。

しかし、ヤナーチェクの作曲原理は、深すぎる。何であんなユニークな音楽なんだろうとずっと思っていたんだが、やはりモラヴィア地方の地理的(民族的)独自性が大いに役立っているようだし、その民族的な音楽をベースにして音楽構造のあるべき姿をゼロから構築しているのだ。
心して聴かねば。
posted by tak at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽的思索 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

19年前の写真

19880207ensemblecontest.JPG

今日、会議で同席した高校時代の吹奏楽部の顧問の先生(いまでもオケやら何やらでしょっちゅう会ってるんです)から、「掃除してたら出てきたんであげるよ」ということで、写真をいただいた。
高校1年生のとき、一つ上の先輩3人とサクソフォン・カルテットでアンサンブル・コンテストに出て、中国大会に出場したときのものである。

当時16歳か。自分で自分と分からんくらい顔が違うわ(左の人じゃないからね)。これが高3くらいになると今のおっさん顔そのままなんだが。

さて、このときやった曲は、ショルティーノの「異教徒の踊り」。そういえばこの曲以外ショルティーノという作曲家の曲に出会ったことはないなあ。
どの楽章だったか、強烈に速い楽章で、上3本がシンコペーション、私のバリトン・サックスだけが頭拍、というところがあって、とても苦労した。16分音符のタンギングは苦にならなかったんだが。

中国大会の結果は銀賞。あるメンバーがなかなか練習に出てこなくて、数日前から何回か合わせて本番に突入、みたいな感じだったが、よくやったものである。

実は、某鳥取在住作曲家の新曲の、速い楽章の頭打ちのピッツィカートを弾いているときはいつもこのサックス・カルテットのことを考えていたのだった。
ラベル:日記
posted by tak at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽的思索 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

1ポンドの福音

1pound.JPG

高橋留美子の中断していた漫画「1ポンドの福音」が完結した。3巻までが10年以上前に出ていたんだが、今月に4巻が出て完結。

ハードパンチャーなのに減量下手というダメダメなボクサーが、恋しちゃいけないシスターに恋をした、みたいな話なんだが、そのごちゃごちゃした設定ですでに失敗しているような気がする。感じとしては「めぞん一刻」の4倍希釈みたいな薄〜い話。きっと誰も知らないよね。
でもいいんだよなあ。高橋留美子ってストーリーと関係ないところでのボケ具合とかシリアスとコメディの絶妙な融合とかが職人的だ。
ちなみにまあ結末は話が始まったハナから予想できた通りのハッピーエンド。そのステレオタイプに微妙にはずしを入れるために完結に時間がかかっちゃったのか、それともみんなが存在を忘れてたのか。

これこそ全国300人くらいの「1ポンドの福音」にはまさに「福音」でした。
しかし、中断の経緯も完結のきっかけも何も書いてないんだよなあ。なんなんでしょ。
ラベル:日記
posted by tak at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

久々に優雅な休日

かなり久々にゆったりと朝寝を楽しめた日曜日。寝てたら午前11時半に(普通の人は起きてるわね)入院中のオケの大先輩から電話がかかってきて、何事かと思うと「退屈だしCDが手元に全然ないので今度オケでやるシューマンの4番とマンフレッドのCDを持ってきてくれないだろうか」ということ。おお、私にうってつけのミッション。「じゃあついでに中プロのベートーヴェンのピアノ・コンチェルトの3番も持って行きますよ」というわけでCDの捜索開始。
シューマンの4番はサヴァリッシュの全集がすぐに見つかる。
ベートーヴェンはクレンペラーのシンフォニー全集とピアノコンチェルト全集がセットになったEMIのクリスマス・ボックスを。
マンフレッド序曲は、マルケヴィチの海賊盤とアルブレヒトの劇音楽全曲盤が車に積んであるんだが、前者は音が悪いし後者は研究用に手元に残しておきたいので、もう1種だけあるジュリーニとLAPOのを探す。これは前回探したときにどうしても見つからなかったのだが、幸い捜索10分で発見。DG輸入盤の初期盤でラインとカップリング。2年ぶりくらいに見たよ。
その他は以前話題にしてたシマノフスキ(シャンタル・ジュイエの弾いたヴァイオリン・コンチェルト2曲、スターバト・マーテルとシンフォニーの3番、マズルカとシンフォニア・コンチェルタンテ)、クラリネット吹きであってもまず聴いたことなさそうなフランツ・シュミットのクラリネット・クインテット、タコ15好きの方なのでムラヴィンスキーとヤルヴィ。タコ14も一緒に持っていこうかと思ったけど入院中にはさすがに暗すぎると思ってやめた。
それらを持って、午後にお邪魔したら、とても元気そうで安心。なんだかんだとお話してたら50分くらい経ってて(ほんとにあっという間に感じましたよ)、次の用事へ出発。

次の用事とは弦のトップ5人で集まってシューマンの4番とマンフレッドのボウイング合わせ。みっちりやって3時間弱で終了。
実は過去数年の曲でボウイングが問題になりそうなものはあんまりなかったので、あえてそういうことをしなかったんだが、ざっくり譜面を見たときにボウイングを決めないと弾けそうな気がしなかったので、あえて早めに決めようと思ったのだ。
結構いい感じのボウイングになったと思うし、やはりボウイングが書いてあると弾く気になる。

家に帰って晩飯食べた後は、最近またはまり始めたグランツーリズモ4(遅すぎるって)。すっかり首が痛くなってしまった。昔は絶対無理と思ってたライセンスのゴールドタイムが結構出るようになった。
ちょっとびっくりしたのが1961年製ジャガーEタイプ・クーペの速さ。http://en.wikipedia.org/wiki/Jaguar_E-type
ミッレミリアのニュルブルクリンクをEタイプで走ったら8分40秒。初代スバル・インプレッサWRXが8分28秒台で大騒ぎしてたんだがこれが1992年。その30年も前の車で10秒落ちとはたいしたものだ。まあリアルワールドとシミュレーションを比べても仕方ないんだが。それでもインプレッサは2リッターターボ280馬力、Eタイプは直列6気筒4.2リッター269馬力。たいしたもんだ。
ちなみにミッレミリアのニュルは25周走らなければならないが、完走には200分以上かかる計算になる。さすがにあほらしいので6周目で中断。
しかしGT4をやったのは失敗。すっかり首が痛くなってしまった。
posted by tak at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。