2007年04月07日

ラインスドルフ/ブラームス/シェーンベルク

ブラームスのピアノ四重奏曲第1番シェーンベルク編曲版第5弾、最終回。

最後はエーリッヒ・ラインスドルフである。オケはベルリン・フィル。
もちろん正規発売された音源はない。FMで放送されたことがあるようだ。私が聴いたのがどんな音源かは、まあ言わぬが花で。もちろん写真なんてない。

ウィーン・フィルの演奏に唯一真っ向から対抗できる演奏であろう。

天才ラインスドルフが恐ろしく落ち着いたテンポでこの複雑な音楽を明快に腑分けしていく。しかも、そのすべての音が分厚くてジューシーで、肉汁が滴っているような演奏。テンポの遅さが団員の落ち着きを呼び、それが音符のひとつひとつに魂を込めることを可能にしている。
これもまた一つの理想であろう。

ところが、4楽章だけはいただけない。速くあるべきところは遅すぎて音楽に乗れずに野暮ったい。遅くあるべきところはせっかちになって「歌」にならない。ずうっと隔靴掻痒な演奏なのだ。
ようやくコーダになって焦点がびしっと定まり、テンポも快速で、オケは難しさも感じさせず一気呵成に終わる。ああ、素晴らしいオケであることよ。観客も大歓声。

いろんな演奏を改めて聴きかえしたが、新ウィーン学派を感じさせる演奏が私には一番しっくりくるようだ。つまり、ドホナーニとラインスドルフ。もちろんオケの能力もプラスに働いている。

ところで、これだけこの曲を聴いたら、3日に1日は、1日中この曲のどこかのメロディが頭に鳴り響くようになってしまった。無限リピート。しかも興が乗ると鼻歌まで。
まさにこんな感じだよなあ。
http://www.classicajapan.com/wn/archives/000081.html
http://www.classicajapan.com/wn/archives/001355.html


Erich Leinsdorf
Berliner Philharmonisches Orchester

Johannes Brahms

Piano Quartet in G minor, op.25
orchestrated by Arnold Schönberg
1983.6.21


posted by tak at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽的思索 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

花見!

hanami1.JPG hanami2.JPG hanami3.JPG hanami4.JPG

鳥取城跡の二の丸で花見をするなんて、何年ぶりだろう。かれこれ6、7年は間が開いてそうだ。
というわけで、今日は某TWKなる団体で花見。
昨日の嵐とは打って変わって好天ではあったが、取っても寒くて、カイロを振り振り、酒で暖を取りながら、花見をした。
寒さに震えつつ思ったことは、花を見ることを口実に、面倒でもわざわざ野外で酒を飲むことが、日本人のアイデンティティの一つとして根付いているんだろうなあということと、それを絶やしてはいけないということ。
なんせ鳥取では、花が見れる時期に野外で酒を飲むなんて、本当に寒くて、段取りも面倒で、益は少ない。それでも寒さに震えつつ「一緒に花見をした」という体験を共有するのはとても意義深いことなのだ。

かれこれ2時間くらいは二の丸で過ごし、2次会は「かわむら」というバー。いつも前を通るだけでは行ったことはなかったんだが、とても落ち着ける店だった。とっても辛いドライマティーニを飲んだ。

締めは、メンバーの1人が「やまいち」を強く主張したんだが、私の権限で却下し(さすがに今日はね)、ももちゃんラーメン。みんなで美味しくラーメンをすすって解散。

合計6時間くらい話をする中で、いろんな考え方を持っている人がいるなあということと、案外共感してくれるポイントは同じだなあということを思った。
特に、政策的な考え方の中で、私的な意見をだいたい賛同してくれた。また「愛国心」の考え方については、いろんな意見があるんだなあと思った、ということ。

今日のメンバーは、某TWK的にはバランスの取れた参加具合であった(?)のだが、彼らの「何からやらねば」という気持ちをひしひしと感じられたことはとてもうれしい収穫であった。

ちなみに、3枚目あたりに写っている洋館は、「仁風閣」。大正天皇が皇太子時代に山陰訪れる際の宿舎として使われた、由緒正しき建物である。
ラベル:日記
posted by tak at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

エア大再訪

放送大学(以下「エア大」と言う。)に行ってきた。

まずは自分がとった教科のテープ(VHSとカセット)を探し、さらにその場で視聴する強化を物色し、貸し出し手続きをして、視聴。
今日見たのは、「世界の産業再編成('04)」。 
http://www.u-air.ac.jp/hp/kamoku/kyouyou/kikan/s_1271865.html
DVDを見ながらテキストを読んだ限りでは私の専門分野ではないけど「知っている」ことばかり。
日本の得意分野だったコンピュータ関連産業がが東南アジアに、そして中国に出て行った様や、自動車関連産業、携帯電話、エネルギーなど、各産業が国際的にどう展開されているかを概説しているようだ。
あくまでも概説であり、提言ではないので、ちょっとがっかり、と思ったら、これは大学の授業なんだからこれでいいんだよね。提言は学生自身がすればよい、と。
学習センターにはすべての教科のテキストがあるので、テキストを眺めるだけで十分そうだ。私には何の義務もあるでなし。というわけで、他にこんなのもテキストを読んでみた。
http://www.u-air.ac.jp/hp/kamoku/kyouyou/syakai/s_1830520.html

家に帰ったら、ご飯食べて風呂入って、納屋にしまっていたカセットデッキを出して設置。

そうこうしていると、友人から「東京で今月ウィーン・フィルのコンサートがある?」なんてメールが入ってくるので、「トヨタのあれかな」と思いつつ調べてみると、やはりトヨタ・マスター・プレイヤーズ,ウィーンのことのようだ。
http://www.toyota.co.jp/jp/social_contribution/culture/tomas/2007/01/index.html
ところが、友人が言うには「新国立劇場で4月16日の月曜日の公演のチケットを見せてもらった」とのこと。新国のサイトにはそんな情報はないが、ホールは開いている。クローズドのコンサートのようだ。そんなチケットを持っている人もあるのだなあ。でも前日と同じプログラムならいらんなあ。
ということで疑問は解決。

さあてエア大の「マーケティング論」を聴いてみるぞ、とカセットデッキの電源を入れたら、きゅるきゅる変な音がいっている(←鳥取方言かな。鳥取ではモノが音を立てるときにこういうのが普通です)。
こりゃ故障かと思い、手持ちのテープをかけてみようかと思って何とか1本探し出して(今の部屋にはCDは3000枚あるけどテープは1本しかない)かけてみると、3倍速くらいで再生されてしまう。こりゃだめだ。
仕方ないのでラジカセをもってきてこれで聴くことに。でももう夜も遅いので、さっき探し出したカセットテープをかけてこの文章を書き始めた。今日はおしまい。
聴いているのはエアチェックした1996年4月21日のゲオルグ・ショルティ/ウィーン・フィルの変奏曲4曲プログラム(ブラームス「ハイヴァリ」、コダーイ「孔雀」、ブラッハー「パガニーニ」、エルガー「エニグマ」)。ブラッハー以外の3曲はCDで出ているやつだ。ウィーン・フィルをキリキリに締め上げて、血も涙もない演奏が繰り広げられている。

因みにエア大は、放送大学の英名"University of the air"と和名を「がっちゃんこ」して、今しがた私が勝手につけた。著作権フリー。
さらに因みに英名は、トスカニーニ亡き後NBC交響楽団が自主結成したオーケストラの名前"Symphony of the air"みたいでかっこいい。
posted by tak at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

今日は夜が遅いので桜だけ

fukurogawa_sakura20070403.JPG

今年はどこのブログを見ても桜の写真が出ているが、理由が分かった。とりあえず写真載せとけば更新したことになるんだ。

というわけで、中身のない更新ですみません。4月3日の鳥取の桜です。

しかしこんなに寒いのに、5日には花見をするらしいんだが、防寒着が必要そうだな。
ラベル:日記
posted by tak at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥取の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

歓送迎会

yamaichicurryudon.JPG fukurogawa_sakura20070402.JPG

今日は年度の初日なので、職場の歓送迎会。1増1減。

1次会は「梅乃井」。安めの料理にしたのに、とても美味しかった。
ここは、鰻で有名で(というか鰻の専門店なんである)、締めは必ず「鰻丼」か「雑炊+鰻の蒲焼」を選ぶことになっている。
今日はなぜか早い段階で日本酒が入ったせいで、途中はもう収拾が付かなくなっていたんだが、帰り際に見れば、鰻はちゃんと全部食べられていた。ゲンキンですな。

2次会は、送られる方の主賓=「弥生町の帝王」の行きつけのラウンジ。カラオケでみんながんがん歌っていた。

3次会はまたもや「やまいち」。今日はカレーうどんの撮影に成功。というか、ピンボケ。見ての通り、うどん+カレールウという、カレーライスみたいなカレーうどんです。
一緒に行ったやつがカレーライスを頼んだんだけど、まさにそのカレーと一緒。
というわけで、今日は12時過ぎに健全に帰りました。

ちなみに鳥取の桜は、半分くらい満開で半分くらい咲いていないという、なんだか気まぐれな感じです。
ラベル:日記
posted by tak at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥取の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

放送大学入学式

yellowsnow.JPG universityoftheair.JPG

今日は黄砂がひどい一日であった。
空は真っ白け。車にはあっという間に黄色い砂が降り積もる。のどが痛い。
以前職場にいた中国の人に黄砂のことを聞いたら「私は黄砂なんて全然知らないよ」って言ってたのが面白かった。近くには降らないのね。一緒に話していた韓国の人は、「韓国は日本よりもっとひどいのに、中国人が知らないなんて」ってぷんぷんしてました。
写真は我が家の2階から撮った東側の様子だが、普通は扇ノ山(おうぎのせん)が見えるのに、今日は靄がかかったみたいに見えなかった。

それはともかく、放送大学の入学式に参加した。
鳥取学習センターは鳥取駅のすぐ近く。
http://www.u-air.ac.jp/hp/center/chugoku/tottori/gaiyou.html

最初に卒業式があって、数名の人が卒業証書を受け取って、3名の方が放送大学卒業の感想を語られた。そのうち1人は感想というより卒論の発表みたいだった。
その後記念撮影とかあって(2つ目の写真は卒業生が学長と撮ってるところ)、入学式。
放送大学学歌というのがあって、聴いていたらなんとも珍妙な音楽なので誰の曲かと思ったらなんと柴田南雄先生。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%B4%E7%94%B0%E5%8D%97%E9%9B%84
楽譜を載せていいかどうか分からないので載せないが、5小節単位(4小節単位ではありません)で7段の楽譜、長い歌である。基本はハ長調で臨時記号もないのに、なんとなく不安定。放送大学のサイトにも出ていないが、ネットで聴けるようにしてほしいなあ。
結構ちゃんと入学式らしくて、「起立、礼」なんてしたの何年ぶりだろうか。

私は放送大学に入学するのは2回目。1回目は興味本位で大学院の授業を受けてみたら、授業があまりにマニアックすぎ、相当勉強しないと歯が立たない内容で、レポートのために勉強する時間が惜しくてレポートを出さなかったら、試験も受けられずあえなく落第。
今回も単位をとるためというよりは、いろんな科目を視聴するのが目的の、ずるい学生である。
従って、ラジオやテレビで見ないで、学習センターに行っていくつか見たい科目をその場で見て(受講してない科目も視聴できる)、受講科目はDVDとかを借りて帰って見る。
受講するのはマーケティング論と財政学。テキストを見てみたら、わざわざ受講するまでもなく、半分くらいは知っている内容でちょっと失敗したかと思っている。まあそれでも、学習センターの資源を活用できることを考えたら、問題なし。
ラベル:日記
posted by tak at 00:07| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

ツェンダー/ブラームス/シェーンベルク

jungedeutschephil.JPG

ブラームスのピアノ四重奏曲第1番シェーンベルク編曲版第4弾。

ドイツのユース・オーケストラである「ユンゲ・ドイチュ・フィル」の25周年記念アルバムに収録された、作曲家でもある指揮者ハンス・ツェンダーの演奏である。

このピアノ・カルテットのみドイツ・グラモフォンの録音(他は放送録音)のようで、創立間もない1979年の演奏。この曲の演奏としても先駆け的なものかもしれない。
すっきりとして明快で、曖昧なところのない名演だ。もちろんただ単にきちんとしているだけでなく、歌もある。ほのかに漂うロマン。テンポは遅め。その分表情が薄く感じられるかもしれないし、そこにのみ学生らしさが見え隠れする。
2楽章の音程が高くて難しそうなホルンソロで、逆に若者らしいテクニックの確かさを聴かせている。
3楽章は、遅さが崇高さに昇華している。あのアホっぽいラッパがギンギンなる部分でさえ、格調高く聴こえる。
なのに、なぜか4楽章の最初の部分では浮き足立ったような落ち着かない演奏。細かい音符が多くて難しいということもあろうが、それだけではない、何を表現すればいいかよく分からない戸惑いのようなものが感じられる。その後の楽節(トランペットから始まる部分と、仕立て屋の恋で使われた部分)は何の問題もなく格調高い音楽。コーダも見事。

ツェンダーは、自作の「シューマン・ファンタジー」の演奏も収録されている。
シューマンのピアノ曲をベースにした曲のようで、「冬の旅」のオーケストレーションも手がけたツェンダーらしく、ドイツロマン派への偏愛振りがうかがえる、ロマンティックな編曲。なぜかおどけた風情が漂うのが興味深い。

合わせて他の曲の演奏の感想を。

ロンネフェルトはドイツの作曲家のようだが、私は他に聴いたことがない。いかにもゲンダイオンガク。演奏は普通に上手い。指揮のクリストフ・プリックは、フランツ・シュミットのオペラ「ノートルダム」の全曲盤の演奏を持っている。

コンドラシンの演奏がいくつかあるが、これは一つのコンサートかもしれない。
ラヴェルのスペイン奇想曲、ストラヴィンスキーの4つの習作、ショスタコーヴィチの交響曲第9番であるが、これは、この3曲だけのカップリングで、普通に売っても全然問題ないような素晴らしい演奏だ。いわゆる「大人の音楽」にちゃんと聴こえるし、オーケストラ芸術として過不足ない。コンドラシン恐るべし。

作曲家ルトスワフスキの自作「チェーン1」と、ドイツの「ゲンダイオンガク」の代表的作曲家ベルント・アロイス・ツィンマーマンの1楽章の交響曲。
「チェーン1」は、残念ながら「演奏しただけ」みたいな感じだ。ゲンダイオンガクだがもっと上手く演奏できる曲のような気がする。ソロの部分は上手いが、楽器がたくさん重なってくる部分で、個々の楽器の役割が全体に反映されていかない。
ツィンマーマンは、これはいい!団員の「ようく知ってますよ」という余裕の空気が冒頭から漂っている。遅い部分の空気感、炸裂する部分の鮮烈さ。ルトスワフスキの指揮者としての巧みさも伺える。しかしまあ、なんともかっこいい曲だ。金管バリバリ、パーカスドカンドカン。ツィンマーマンの曲の中では一番良く知られたものだと思うが、もっと演奏されてもよいのに。

大指揮者ガリ・ベルティーニの指揮も2曲。これも一つの演奏会か。マーラーの10番の1楽章とヴェーベルンのパッサカリア。
録音の少ないベルティーニの演奏がこうして素晴らしい精度の演奏で聴けるのはありがたい。オーケストラのヴェーベルンの理解度、マーラーへの愛情、それがひしひしと感じられる演奏だ。華やぎはないが、質実剛健なドイツの音も心地好い。

そして、ピエール・ブーレーズの指揮したドビュッシーの「遊戯」。
ブーレーズが考える音楽の、アンサンブルの理想像というのはとてつもなく高いようだ。メンバーを全く子ども扱いせず、恐ろしい精度の音楽を作っている。
最初は、精度の高さだけで感心しているのだが、だんだん団員の体温が上がっていくようで、音楽に熱がこもっていく。クールとホットの同居。

ユンゲ・ドイチュ・フィルと言えば、私が中学生だか高校生だかのときにFMでエアチェックしてずっと聴いていたシャルル・デュトワの指揮したショスタコーヴィチの交響曲第8番でよく知っているのだが、本当に上手いオーケストラなのである。ユース・オケなのに、ちゃんとオーケストラ芸術を表現し得ている。最近はグスタフ・マーラー・ユーゲント・オーケストラとか、いろんなユースオケが出てきたが、老舗(?)の味わいは格別である。
また、収録された曲がすべて20世紀の音楽で、いちばん古いのがラヴェル、次がヴェーベルンというのも凄い。20世紀音楽をコンパクトにまとめたという意味でも、すぐれたコンピレーション・アルバムである。


Junge Deutsche Philharmonie, jubiläums Edition

Disc 1

Peter Ronnefeld
Orchestersuite aus der Oper "Die Ameise" (1959-61)
Dirigent: Christof Prick
1976, Sender Freies Berlin

Igor Stravinsky
4 studies for orchestra (1914/1929)
Dirigent: Kyrill Kondrashin
1980, Sender Freies Berlin

Dmitri Shostakovich
Symphony No.9 in E flat major, op.70 (1945)
Dirigent: Kyrill Kondrashin
1980, Sender Freies Berlin

Witold Lutosławski
Chain I (1983)
Dirigent: Witold Lutosławski
1989, Polskie Nagrania

Bernd Alois Zimmermann
Sinfonie in einem Satz für großes Orchester (1951)
Dirigent: Witold Lutosławski
1984, Westdeutscher Rundfunk, Köln


Disc 2

Arnold Schönberg
Brahms Klavierquartett g-moll op.25 (1937)
Dirigent: Hans Zender
1979, Deutsche Grammophon GmbH, Hamburg

Anton Webern
Passacaglia für Orchester op.1 (1908)
Dirigent: Gary Bertini
1983, Sender Freies Berlin

Gustav Mahler
Adagio aus der Symphonie Nr.10 (1910)
Dirigent: Gary Bertini
1983, Sender Freies Berlin


Disc 3

Hans Zender
Schumann-Fantasie für großes Orchester (1997)
Dirigent: Hans Zender
1998, Norddeutscher Rundfunk

Claude Debussy
Jeux (Poéme dansè) (1912-13)
Dirigent: Pierre Boulez
1990, Sender Freies Berlin

Maurice Ravel
Rhapsodie Espagnole (1907/08)
Dirigent: Kyrill Kondrashin
1980, Sender Freies Berlin

Berlin Classics
posted by tak at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 聴いた音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。