2007年04月02日

放送大学入学式

yellowsnow.JPG universityoftheair.JPG

今日は黄砂がひどい一日であった。
空は真っ白け。車にはあっという間に黄色い砂が降り積もる。のどが痛い。
以前職場にいた中国の人に黄砂のことを聞いたら「私は黄砂なんて全然知らないよ」って言ってたのが面白かった。近くには降らないのね。一緒に話していた韓国の人は、「韓国は日本よりもっとひどいのに、中国人が知らないなんて」ってぷんぷんしてました。
写真は我が家の2階から撮った東側の様子だが、普通は扇ノ山(おうぎのせん)が見えるのに、今日は靄がかかったみたいに見えなかった。

それはともかく、放送大学の入学式に参加した。
鳥取学習センターは鳥取駅のすぐ近く。
http://www.u-air.ac.jp/hp/center/chugoku/tottori/gaiyou.html

最初に卒業式があって、数名の人が卒業証書を受け取って、3名の方が放送大学卒業の感想を語られた。そのうち1人は感想というより卒論の発表みたいだった。
その後記念撮影とかあって(2つ目の写真は卒業生が学長と撮ってるところ)、入学式。
放送大学学歌というのがあって、聴いていたらなんとも珍妙な音楽なので誰の曲かと思ったらなんと柴田南雄先生。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%B4%E7%94%B0%E5%8D%97%E9%9B%84
楽譜を載せていいかどうか分からないので載せないが、5小節単位(4小節単位ではありません)で7段の楽譜、長い歌である。基本はハ長調で臨時記号もないのに、なんとなく不安定。放送大学のサイトにも出ていないが、ネットで聴けるようにしてほしいなあ。
結構ちゃんと入学式らしくて、「起立、礼」なんてしたの何年ぶりだろうか。

私は放送大学に入学するのは2回目。1回目は興味本位で大学院の授業を受けてみたら、授業があまりにマニアックすぎ、相当勉強しないと歯が立たない内容で、レポートのために勉強する時間が惜しくてレポートを出さなかったら、試験も受けられずあえなく落第。
今回も単位をとるためというよりは、いろんな科目を視聴するのが目的の、ずるい学生である。
従って、ラジオやテレビで見ないで、学習センターに行っていくつか見たい科目をその場で見て(受講してない科目も視聴できる)、受講科目はDVDとかを借りて帰って見る。
受講するのはマーケティング論と財政学。テキストを見てみたら、わざわざ受講するまでもなく、半分くらいは知っている内容でちょっと失敗したかと思っている。まあそれでも、学習センターの資源を活用できることを考えたら、問題なし。


ラベル:日記
posted by tak at 00:07| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。