2007年04月22日

ジョージ・セルのシューマン(united archives)

szell_schumann_ua1.JPG szell_schumann_ua2.JPG szell_schumann_ua3.JPG

ジョージ・セルがシューマンを敬愛し、たびたび録音・演奏していたことは有名である。
クラシック・ヲタクにとっては、1957年のクリーブランド管弦楽団とのスイス、ルガーノでの交響曲第2番のライブが、必需アイテムである。

さて、このたびunited archivesなるレーベルで出始めた一連の古い録音の復刻盤(http://www.hmv.co.jp/search/index.asp?genre=700&adv=1&label=UNITED)のなかで、もちろんどれもこれも聴いてみたいけど、ひときわ目を引いたのがこのセルのシューマンの旧録音だった。
特に1947年の、ジョージ・セルが音楽監督に就任してすぐの録音が気になったのだ。http://www.hmv.co.jp/product/detail/2527475

見事な演奏である。

ライナー・ノートによれば、1940年にセルがクリーブランド管弦楽団の演奏を聴いたとき、「規律」と「清さ」に感嘆し、1944年に客演したときに、一刻も早くその規律と秩序を取り戻さねば、と思ったそうだ。
果たして、1946年に音楽監督に就任し、翌47年の4番の録音ではすでに「完璧」といっていいような演奏を行っている。正確さ、清潔さとともに歌にも満ちている。
1952年の2番では、1楽章と4楽章で、浮き足立ったような落ち着かなさが聴かれるが、2楽章と3楽章は名演だ。

もちろん、この演奏(録音)だけあればもうほかにいらない、という類の演奏であるわけではない。
最も気になるのは、表現の「青さ」であろうか。指揮者の、ではなく、演奏者の。弦で言えば、弓が弦に上手く張り付いていないような印象があり、管楽器では、あまりにもまっすぐな音の姿が気になる。
セルのテンポが少し速めで、それがそういった印象をより強めている。

録音に関しては、モノラルであるが全く気にならない。と言っても、普通の人はステレオで聴きたいものだろう。

もちろんそうしたときのための解決策はある。そう、セルの新録音を買えばいいのだ。http://www.hmv.co.jp/product/detail/1852456
旧録音は、クリーブランドの歴史としての名盤であり、新盤はシューマンの理想的演奏の一つである。

ちなみにこのunited archives、ヨーロッパのレーベルのようだが、CDのつくりが凄い。レーベル面がLPレコードそっくりなのは他にも例があるが(ANDANTEとか)、信号面まで真っ黒なのだ。CDプレーヤーにとって必要な光の波長と人間の可視光の波長は違うから、別に銀色に反射しなくてもいいということだろう。目で見ることがすべてではない、ということを実体化した画期的なレーベルである、なんてことは考えすぎか。


Robert Schumann

Symphony No.2 in C major, op.61
1952.12.28

Symphony No.4 in D minor, op.120
1947.11.26

united archives


ラベル:セル シューマン
posted by tak at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョージ・セル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。