2007年06月30日

天津飯

今日もまたとうかい楼に行ってしまった。
今日はとうかい楼の最高傑作のひとつ、天津飯。まろやか。
ちなみにもう一つの傑作は、ユーリンチー。ここのより上手いユーリンチーを食べたことがない。

広報担当になってからマックを使うようになったのだが、その作業の光景が夢に出るようになってしまった。
それはともかく、マックは、使いやすいとはいえないかもしれないが、はまるのは良く分かるマシンである。インターフェイスの美しさには惚れ惚れしてしまう。
ただ、ショートカットとか、ドロップダウンメニューとか、使いやすいかどうかはどうもよく分からない。それでもがんがん使っていたら、Windowsマシンで操作を迷うようになってしまった。
ようやく左ハンドルの車に慣れてきたころに、右ハンドルの車に久しぶりに乗って戸惑う感覚とよく似ている。いずれどちらにも慣れるだろう。
タグ:東魁楼
posted by tak at 01:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 美味し店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月29日

チンジャオロース

miyashitabon.JPG

異動後の慣れない仕事で連日残業である。こういうときは外食が楽でいい。

今日は今週2度目のとうかい楼。以前はご主人が病気がちで店が閉まっていることも多く、味のほうもちょっと、、という感じであったが、今や完全復活!
いわゆる中華らしい中華料理ではないのだが、一口食べると脳内麻薬が広がる癒しの味はここでしか経験できない。満腹になって歩いていると自然に笑みがこぼれるくらい幸福感が味わえる。
今日食べたのはチンジャオロース。肉とピーマンとたまねぎと干し椎茸のバランスが絶妙だ。幸せ!

家に帰ると、以前日記に書いた光文社新書の「20世紀音楽」の著者である宮下誠氏の最新書、「「クラシック」の終焉?」の献本が届いていた。ありがとうございます。
じっくり読むと夜が明けそうな文字量なので、とりあえず前頁めくって眺めてみたら、私のブログがそのまんま引用されていて赤面である。

じっくり読んだ感想はまたちゃんと書きますので、宮下様、しばしお待ちください。

さて、エネルギア文化スポーツ財団の助成金の締め切りが明日であることを思い出した。申請書の作成が面倒で仕方ないが、私の個人的面倒さで10万円とか20万円の助成金を不意にするのは動議に悖る。
がんばって作成した。明日県庁に届ける。

あさって行く予定の倉敷のガイドブックを読む暇がなくなってしまった。ちょっと読んでから寝よう。
posted by tak at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 美味し店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

55555

55555.jpg

4年と4ヶ月弱で、55,555km到達。その直前にオイル交換を終え、エンジンも絶好調。
最近車で遊ぶのが、家の近くにある1kmの直線で、適当なポイントでギアをニュートラルに入れて、「惰行」状態で走って、信号にちょうど止まる「逆チキンレース」。微妙な勾配があるのでなかなか難しい。今日はいい線行ったが、ブレーキを踏まなければあと20mばかり先まで行っただろう。
ちなみにオートマの皆さんはニュートラルで空走するとトランスミッションを壊しますので、良い子はまねしないでね。

今日は健康診断を受けたが、ほぼ異常なし。ただ、血中のコレステロール値が低すぎるらしい。いつも腹いっぱいご飯を食べているのに、何でだ?

晩飯は、「ももちゃんラーメン」の安長店。餃子と牛すじラーメン。絶品。
店長さんに大音声でとくとくとパチンコの勝ち方について話していたお客さんが、「今の政治はおかしい。近々○○○○○を爆破する計画があるとチラッと聞いた」なんて話し出す。何じゃそりゃ?
posted by tak at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | Alfa Romeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

東魁楼

toukairo.JPG

今日の晩飯は東魁楼。麻婆丼と餃子。至福。
posted by tak at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 美味し店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

赤のれん再び

今日も仕事が遅くなったので赤のれんへ。
今日も味噌ラーメン、だが、前回と全然違う。スープは非スパイシー系まったり味、麺はいつもの棒のような麺ではなく柔らかめちょい縮れ麺。
今日のは今日ので美味い。

だが、これはわざと違えて作っているんだろうか。麺の種類に合わせてスープを2種(あるいはそれ以上)作り変えている?そうだとしたらすごすぎる。好みの味でない日に当たったらちとつらいな。
posted by tak at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 美味し店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

古い音楽、新しい音楽

zelenka_schutz.JPG

鳥取大学医学部の学生オケの定期演奏会に出演してきた。曲は、こうもり序曲、ロザムンデ序曲、セビリアの床屋序曲、チャイ5、白鳥湖のワルツ。音符が多くてくたびれた。
トラ比率が高くて、学生らしい初々しさがなかったような気がするのは気のせいか。

新しい音楽はもう聴き(弾き)疲れたので、帰ってから古い音楽を聴く。

ハインリヒ・シュッツ(1585-1672)とヤン・ディスマス・ゼレンカ(1679-1745)。前者は旋法の時代、後者は調性の時代である。だが、そういった技術的な面に関わらず、新しい音楽が失った、あるいは敢て避けた静謐さ、密やかさをこの時代の音楽は持っている。もちろんこの時代の音楽だって猥雑なものはある。
なんとも心に染み入る音楽である。
タグ:古楽
posted by tak at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 聴いた音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

躁の音楽

tenstedt_tod.JPG

鬱は1日で失せた。今日は躁の音楽。今日1日、脳内で鳴り響いていたのは、リヒャルト・シュトラウスの死と変容。

19時まで仕事→天狗で焼き鳥→お姉さんのいる店でカラオケ→「とうかい楼」でチャーハンと天津飯(美味!!)、というコースをおっさん二人でこなしたあとで家にたどり着いて(残金500円)、ようやく聴いた、クラウス・テンシュテット指揮の「死と変容」。
ようやく聴けた「死変」は、やはりしみじみと聴くような音楽ではない。テンシュテットの、各小節、各音符に命を通わせた演奏で聴くと、なおさらしみじみとしている暇はない。もやもやした頭がカッと開かされる思いがする。

テンシュテットは、数年前は海賊盤の星であり、今は放送音源復刻の星である。私に言わせれば、再評価は遅すぎる。没後記念のEMIの再発の時点でもっと騒がれてしかるべきであった。海賊盤のそれぞれの演奏も素晴らしいが、正規盤がそれで見劣りすることは一切ない。
惜しむらくは、現役時代に彼の演奏を積極的に聴く努力をしなかったことである。


Klaus Tennstedt

Richard Strauss
Vier letzte Liedser
Lucia Popp. soprano
London Philharmonic Orchestra
1982.3, Abbey Road Studios, London

Richard Wagner
Götterdämmerung
Morgendämmerung und Siegfrieds Reinfahrt
Siegfrieds Tod und trauermarsch
Berliner Philharmoniker
1980.10, Philharmonie, Berlin

Richard Strauss
Tod und Verklärung
London Philharmonic Orchestra
1982.3, Abbey Road Studios, London

EMI

2007年06月22日

鬱の音楽

herreweghe_brahms.JPG

久々に鬱である。3年ぶりくらいか。元来躁鬱が激しいのだが、しばらく躁状態であった。

鬱の時期に、鬱々と聴く音楽と言えば、やはり独身の星、ブラームスであろう。
ブルックナーもまた独身の星ではあるが、私にとって彼の音楽は日常でありすぎる。

ブラームスの中でもとっておきの鬱音楽、ドイツ・レクイエムを聴く。
演奏はフィリップ・ヘレヴェッヘの指揮のもの。彼の指揮で聴くこの曲は、あまりにも優しすぎ、慰められてしまい、鬱々とし切れないのが残念だ。

本当ならば鬱勃たるテンシュテットの演奏を聴くべきだったかも。ただ、あれは演奏時間が長いので、寝る時間が短くなってしまう。

鬱と言っても、風呂に入ってさっぱりしてビールを飲んだら半分くらい解消するようなものだから、たいしたものではないんだけどね。

そうそう、ドイツ・レクイエムは、ブラームスが今の私と同じ35歳のときの作品である。35歳にしてこの哀しみの音楽を書いてしまうのはさすがブラームスだ。これよりあとの音楽はほとんど達観の境地かも。


Johannes Brahms
Ein deutsches Requiem op.45

Christiane Oelze, soprano
Gerald Finley, baryton

La Chapelle Royale
Collegium Vocale
Orchestre des Champs Elysées

Philippe Herreweghe

1996.6.8-9, Auditorium Igor Stravinski de Montreux

2007年06月21日

熊本ラーメン清正

仕事が遅くなったので、外食。今週はずっとだ。
今日は、最近できた(期間限定?)、熊本ラーメンの「清正」。以前「げんこつラーメンぐりぐり」があった店でやっている。

熊本ラーメンと言えば、学生時代、新宿でしょっちゅう食べた「桂花」が思い出されるが、まさにあの味。
ただ、レトルトパックっぽい、インスタント的な味がするのは気のせいか。

今日食べたのは、普通のラーメンに煮卵トッピングと、清辛醤というから味噌追加。かなり辛くて美味かった。

最初食べたときはそのインスタントっぽさでどうなることかと思ったが、わたし的にはすっかりなじんでしまった。
みんなに「美味い」かどうかよく分からんが、私は美味いと思う。
posted by tak at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 美味し店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

55156

55156.JPG

今晩の帰宅途中、信号待ちのときに撮ったメーター。
距離は55,156kmを過ぎたところ。
何でそんな写真をわざわざ撮るかって?

Go, go, 156! だから。
posted by tak at 00:39| Comment(0) | TrackBack(1) | Alfa Romeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。