2007年06月17日

社会見学:青谷とジャスコ

hachibuseyama1.JPG hachibuseyama2.JPG uomidai.JPG

職場の関係で、社会人リーグの女子バレーボールと男子軟式野球を観戦に行った。
やはりじかに見るというのはクラシックと同じで面白さが何倍も大きい。特に思ったのが、ピッチャーが投げる球の美しさ。強いフォルテの音がドンッと飛んでくるような緊張感と迫力がある。
この2つのゲームは、午前にバレー、午後に野球と、間に2時間半くらいの余裕があった。いずれも旧気高郡内なので、家に帰るのももったいないし、仕事柄土地のことを知らないのも問題がるので青谷町内をぶらぶらすることとした。

まずは、青谷町(つまり鳥取市)の西の果てにあるカフェ・デル・マー。http://cafe-delmar.com/
サーファー御用達の店のようだ。クラシック人にとってデル・マーと言えば、ノーマン・デル・マーとジョナサン・デル・マーの親子を思い出すが、語源はどちらも「海」だろう。
噂のカレーを食べた。こってりと美味かった。

そして青谷町の、まだ行ったことのない勝部の谷の方へ。どこまで行っても良い道が付いていて、どんどん行くと倉吉に行くらしい。どんどん行くと鉢伏山展望台とある。車で頂上まで登れるのか。行ってみて思い出したが、鉢伏山はアンテナ銀座。メンテとかのために車が来なくちゃいけないわけだ。
東郷池への展望がなかなか絶景。櫓のような展望台もあって、登ってみると電線が展望を著しく阻害している。誰がこんな展望台を作ったんだ?
その後は日置の谷の方にも行った。こちらは三朝町に抜けるのかな。

青谷町を堪能し、野球を楽しんだ後、魚見台へ。絶景!まさに「絵のような風景」である。鳥取のいいところは道端に絶景があるところだ。魚見台なんて国道9号(今は旧道になったが)にじかにくっついている。地元の人は当たり前だからわざわざ立ち寄らないけど、もったいないね。この風景のためだけでも旧道を通りたくなる。
その後は、ジャスコ鳥取北店あたりをぶらぶら。
北ジャスは増床中。下品なまでに巨大化するようだ。ジャスコの店内はさすがに人が多い。私的には特に用事はない。
次にトリニティモールへ。ゲームセンターはけっこう人が多い。でも、マツモトキヨシも洋服店も客が少ない。大丈夫か?
さらにナフコとデポへ。デポは人出はそこそこ。でもナフコは異様にガラガラ。特に2階の家具売り場なんて私が行ったときには客が誰もいない。大丈夫か?
理由はなんとなく分かる。ジャスコの外の洋服店もナフコも、鳥取の人にとっては少し高めなのだ。高いものを買う人はジャスコでなく大阪に行く。または知り合いの勤めている家具屋とか。
でも、ナフコの2階はおしゃれだし人も少なくて静かなのでまた行きたい。

結局北ジャス界隈で私が買ったのは、トリニティモールのパン屋さんで3種チーズパン105円と、外の屋台のジェラート屋さんでバニラのミニサイズ250円。買おうと思っていたマグカップは結局家に近い方のナンバで買った。北ジャスとは全く縁のない私である。


ラベル:魚見台
posted by tak at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥取の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。