2007年06月29日

チンジャオロース

miyashitabon.JPG

異動後の慣れない仕事で連日残業である。こういうときは外食が楽でいい。

今日は今週2度目のとうかい楼。以前はご主人が病気がちで店が閉まっていることも多く、味のほうもちょっと、、という感じであったが、今や完全復活!
いわゆる中華らしい中華料理ではないのだが、一口食べると脳内麻薬が広がる癒しの味はここでしか経験できない。満腹になって歩いていると自然に笑みがこぼれるくらい幸福感が味わえる。
今日食べたのはチンジャオロース。肉とピーマンとたまねぎと干し椎茸のバランスが絶妙だ。幸せ!

家に帰ると、以前日記に書いた光文社新書の「20世紀音楽」の著者である宮下誠氏の最新書、「「クラシック」の終焉?」の献本が届いていた。ありがとうございます。
じっくり読むと夜が明けそうな文字量なので、とりあえず前頁めくって眺めてみたら、私のブログがそのまんま引用されていて赤面である。

じっくり読んだ感想はまたちゃんと書きますので、宮下様、しばしお待ちください。

さて、エネルギア文化スポーツ財団の助成金の締め切りが明日であることを思い出した。申請書の作成が面倒で仕方ないが、私の個人的面倒さで10万円とか20万円の助成金を不意にするのは動議に悖る。
がんばって作成した。明日県庁に届ける。

あさって行く予定の倉敷のガイドブックを読む暇がなくなってしまった。ちょっと読んでから寝よう。


ラベル:東魁楼 宮下誠
posted by tak at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 美味し店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。