2007年07月19日

晴れと室内楽

bluesky20070719.JPG

10日ぶりくらいの晴れ。いよいよ梅雨明けか?写真は市役所前交差点にて。

夜には室内楽のコンサートに。
東京藝大の現役学生による「アンサンブル・クラヴィス」の演奏で、モーツァルトのアイネクライネ、メンデルスゾーンのトリオ(1番)の3,4楽章、ブラームスのピアノ・クインテット。
基本的な演奏技術は全く問題ない。細かい音も音程もアンサンブルも問題は無い。ピアノの人は別格に上手かった。
弦の人には批判としてではなく、演奏の糧となるべく伝えたいのだが、ヴィブラートのかけ方と右手の使い方を何とかしてほしい。特に右手は、音量を弓圧だけでコントロールするのでなく、弓速で変化させてほしい。音色が死んでしまうし倍音が鳴らない。
もう一つ根本的なこととして、「どんな音楽を作りたいのか」と「作曲家は何を伝えたかったのか」を意識してほしい。聴いていてどうにもどんな音楽をしたいのかということがつかめなかった。
音楽作りは、苦労し、悩んでナンボである。苦労を知る人にこそ本当の音楽の喜びが表現できるはずだ。


posted by tak at 00:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 聴いた音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。