2007年08月05日

放送大学試験終了

今日は試験の2科目目、マーケティング論。
10問が4択、あと2問が400字の筆記問題。
これはちょっと合格できないかも。採点が分からないが、私なら4択10問で60点、筆記2問が20点ずつにするだろう。合格ラインが60点なら、筆記問題で点数を取れないと合格できないというのが普通だろう。
10問の4択は、全部は取り切れなかったと思う。1問だけちょっと分からなかった。
そして筆記。1問目のはなんとなく近いことが書けたが、2問目は全然分からず。テキストを見たら最終章の話題だった。こういうのって覚えられないんだよなあ。これは単位が取れなくてもしかたないな。

その前に鳥取市響の合奏でベートーヴェンのピアノコンチェルト3番の3楽章、マンフレッドの提示部まで、シューマンの4番4楽章の提示部までを1時間半で指導した。今日はけっこういい線行ったんじゃなかろうか。
ベートーヴェンの3楽章はロンド形式で、ロンド主題以外のB主題、C主題といろいろ出てくる音楽はそれぞれいろんな時代のいろいろな様式で書かれていて、それぞれの特徴を上手く表現しなければいけなくて、それが弾き分けれるようになった。また、スフォルツァンドやフォルテピアノの音量を下げるタイミングを上手く整理できた。
マンフレッドは、どんどん移調していくときの調整感を意識した音程のとり方、主要部分でのテンポ感を整理した。
シンフォニーの4番は、主要部分に入ったときの調整感覚を身に着ける練習、ベルトーンのようなところの整理。「こうやってほしい」と話す内容は特にシューマンらしさを意識したものではないのに、演奏はとてもシューマンらしい柔らかく多層的かつナイーブな音楽になっていく。全ては楽譜に書いてある、ということか。


posted by tak at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。