2007年09月16日

スクロヴァ先生と読響

9月15日、6時、シンフォニーホール。スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ先生指揮の読売日本交響楽団定期演奏会(大阪)。

2時半過ぎまで鳥取で会議に出席して中座し、急いで車を飛ばしたが中国自動車道の宝塚あたりで渋滞につかまり、会場には5分遅れで到着。

1曲目のモーツァルト作曲ブゾーニ編曲の「ドン・ジョバンニ」序曲は、会場外のモニターで聴いた。ゴージャスな演奏、という以外には良く分からず。

2曲目はルトスワフスキの交響曲第4番。オケコンなんかの方が盛り上がったろうに、これがスクロヴァチェフスキのこだわりなんだろう。22分、陰鬱で静かな、時に炸裂する緊張感に満ちた音楽。
簡単な曲ではないのにオケは危なげ無し。

3曲目は、ブルックナーの交響曲第3番のノーヴァク番第3稿。
これが危なげ有りまくりのスリル満点の、しかしながら大名演。スクロヴァチェフスキのブルックナーは、2000年に2番をチューリッヒでトーンハレ・オーケストラの演奏で聴いた。基本的なコンセプトはこのときと全く変わらない。
つまり、メロディ、対旋律、リズム、ベースそれぞれに権限を持たせ、自由度を持たせて歌わせる。つじつまを合わせるようなタイプの演奏では全然無い。
これがブルックナーの初期では大きな問題で、細かい8分音符の動きが金管の咆哮とかぶさって、簡単に縦の線がずれそうになってしまうのだ。今回の演奏でも、やばいかも、見たいな所はいくつかあったが、指揮者と演奏者がケアすることで事なきを得た。
それにしても、スクロヴァ先生の「歌」には惚れ惚れしてしまう。第1楽章の第2主題、第3楽章トリオなど、弦の歌は特にリミッター解除して歌わせる。
そして、各メロディーそれぞれが持つ雰囲気や意味、位置づけをきちんと表現させる。それによって、ブルックナーが3番で描いたストーリーが浮かび上がってくる。惜しむらくは、リハの時間が足りなかったためか、今の段階ではあくまでもストーリーが見えそうで見えないこと。また、4楽章第2主題のトロンボーンのコラールなど、演奏中でも盛んに「小さく!」というようなしぐさをしていたが、バランスオタクのスクロヴァ先生の音量バランスが設計どおりでないところがあること。それでも4楽章第1主題でなんとフルートを聴かせるために金管を抑えるなんてことを実現していた。
全体にスタミナ配分のためか音量は小さめだったが、4楽章コーダだけはリミッター解除してアシにも全員吹かせ、見事な大伽藍を築いていた。会場は大喝采。この、「いわゆるブルックナーファン」向きでは全然無い演奏に会場も同意してくれて嬉しかった。一般参賀あり。
編成は弦は16型。管は標準の2管編成に、ホルンとトロンボーンの1番にアシ、トランペットは1,2番とも倍管。
トーンハレ・オーケストラの演奏のときとコンセプトは変わらないと書いたが、クリスタルのような峻厳な演奏であったトーンハレとは少し違う、人間味に満ちた演奏だった。これはもちろんオケの個性もあろうが、オケの技術水準の問題もあろう。トーンハレは本当に上手かった。そしてリハーサルの時間もあろう。だから、18日の東京公演では、よりスクロヴァ先生のコンセプトに近付いた演奏が実現されるのではなかろうか。
オケは全体に音程が良く、ホルンのトップとセクションとしてのハーモニーが印象に残った。そして揺るぎなきコントラバス。さらには歌いまくりのヴィオラ。スクロヴァ先生の語法に慣れてくればまた違った魅力が出てくるであろう。


2007年09月15日

「隣」死体験

20070914_1.JPG 20070914_2.JPG 20070914_3.JPG

昨日にひき続き鳥取に滞在している来鳥中の東京の友人夫婦を引き連れて、三徳山三佛寺に修行登山して参りました。
修行の山であるので、一般人が観光気分で訪れるべきところではないのだが、まさにある意味「人生修養」のような行程である。
木の根っ子や岩にしがみつきながらのぼり、断崖絶壁の岩の尾根を渡り、すぐ隣に死が待ち構えているような道を歩いた先に、奇跡のような建築物である投入堂を見る。そしてまたその危険と隣り合わせの道を下る。自分の顔が恐怖に怯えているのが分かるし、それでもちゃんと手順を踏んで行けば間違いなく安全に登山・下山できる。それにきちんと成功できた自分に自身が持てる。本当に修行の道であった。
その後麓で食べた山菜定食も美味。肉と魚を一切使わないのに、充実感に満ちた味わいであった。

その後は車で移動して、鹿野城下町歩き。昔ながらの街並みを保存する鹿野の居心地のいい街を散策した。2枚目の写真は鹿野城跡のお堀の鯉である。鐘を鳴らしたらどんどん集まってきちゃいました。

さらに鳥取城跡に行き、仁風閣拝観と二の丸から市街地展望。

いったん汗を流しに旅館と家に帰って、夜は「ビストロ・フライパン」のフレンチ。ワインをフルボトルで白・赤1本ずつ空けちゃいました。料理もワインも美味。一人分は肉魚使わずと前日にお願いしてたら、見事、美味なままに実現していただけたようです。

その後「かわむら」で語り(井上は言い訳せずがんばれとか何とか)、ももちゃんラーメンで締めて、お別れ。次は東京で会えるかな。

いろいろ考え、ちょびっと不安も抱きながらのアテンドでしたが、幸い喜んでいただけた。
まだ鳥取に来たことのない皆さん、もちろん来たことのある方も、1人でも10人でも歓迎いたしますよ。
ラベル:鳥取観光
posted by tak at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥取の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

有朋自遠方来

不亦楽乎。
というわけで、大学時代の友人夫婦が来鳥した。
夕方に私の職場で待ち合わせして、私のお気に入りの「とうかい楼」に招待。
焼餃子、水餃子、鶏肉と野菜の唐辛子炒め、チンジャオロース、天津飯、卵湯麺、ビール2本。締めて3人で4500円くらい。安いねえ。

二人の今日の行程を聞いてみたら、午前中は二人で砂丘に。馬の背に行っただけでなく、馬の背から砂丘西側の与謝野晶子の歌碑のほうまで砂丘を横断したとのこと。曰く「遭難しそうだった」。それくらい砂丘を満喫してくれて嬉しいですよ。
午後は旦那の方は、本来の用事に、奥さんは岩美の山陰海岸の遊覧船に。山陰海岸の写真を見せてもらったが、めちゃめちゃきれいだった。鳥取の海は人が少なくて水がきれいだからねえ。

彼らは、今日1日鳥取を見ただけでもいろいろ提言してくれた。
「商店街にシャッターが下りている店がたくさんあるが、ちゃんとやっている店もある。商店街に勢いのある時期とない時期があるだろうが、勢いのない時期には商店を集約していって、まばらに店があるような非効率な状態を解消できないだろうか」
「大学にいい先生が最近来るようになったのなら、つまり、全国的に大学の先生が流動的になっているのなら、学生も相互に交換できるようにしたらどうか。地方の弱い大学には、入試という入り口では学生が集まらない。ならば、先生が学生を連れてこれるようにすればよい」
正論だ、などと逃げるなかれ。なぜこの正論が実現できないのか、よく考えてみたい。いや、できない理由=言い訳はすぐに出てくる(私もついついすぐさま言い訳した)。それを解決する勇気がなぜ私にないのか、自問自答してみたい。
posted by tak at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

エア大単位取得

放送大学の試験の結果が送られてきた。

財政学=A(89〜80点)
マーケティング論=B(79〜70点)

ちなみにAの上にA○(100〜90点)というのがある。

財政学は、4択問題がわずか10問という、けっこう究極な感じの試験だった。Aということは7問正解くらいか。
マーケティング論は4択が12問くらいと筆記の設問が2問。筆記の設問が丸々1問書けなくて、もう1問も満点ではないはずなので、70点以上取れたというのは奇跡に近い。

私個人の職業や経歴にこの試験の結果は何か効果があるわけではないが、「勉強して」「結果を出すことができた」ということはとても自信になる。そう、勉強をするのは簡単だが、結果を出すのは簡単ではないのだ。
posted by tak at 01:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

コンドラシンのショスタコーヴィチ#15

kondrashin_shostako15.JPG kondrashin_shostako15_2.JPG

ショスタコーヴィチの交響曲第15番は、なかなか「これ」という演奏にめぐり合えなかった。昔から聴いていたムラヴィンスキーは謹厳実直に過ぎる気がするし、最近手に入れたコンドラシンの全集の中の録音は、せかせかと落ち着かない。
ザンデルリンクのは大好きだし、ヤルヴィのも悪くないが、「あちらの世界」をのぞかせてくれない真面目さがある。

最近出たこのコンドラシンとシュターツカペレ・ドレスデンの演奏は、もうこれはある程度「決定盤」と言ってしまっていいんじゃないかというくらい、私の理想に近い演奏である。個々のプレーヤーの技量の高さ、アンサンブル、音量感、はもちろんのこと、音楽の「空気」、時代の「空気」も伝えてくれる。
ただ美しいだけでもなく、ただ悲痛なだけでもない。音楽の持つ力を最大限発揮できた演奏である。
この曲は、ムラヴィンスキーが世界初演、コンドラシンがドイツ初演、ロジェストヴェンスキーが日本初演、とかそんな感じじゃなかったっけ。このCDがそのドイツ初演の記録だと思う。
ところで、曲の最期のあたりに出てくる4つの音でできたモチーフは、ヴィオラ・ソナタにも出てくるんだが、フランツ・シュミットの交響曲第4番の序奏がすんだ後の第1主題にそっくりなんだが、絶対関係ないよなあ。でも気になる。

同じ日に演奏されたボリス・チャイコフスキーの変奏曲は、この日が初演。あんまりロシア的な感じはせず、何と言うか能天気なアメリカ音楽風。面白い曲だと思うし、よく書けているが、後世まで引き継がれるべき曲かというと微妙である。

ちなみに、このCDのライナー・ノートに、この演奏会の放送に際して使われた中継車の写真が出てくる。演奏からは感じられない古めかしさは、この写真で初めて感じられる。


Kyrill Kondrashin
Staatskapelle Dresden

Dmitri Shostakovich
Symphony No.15 in A major op.141

Boris Chaikovsky
Theme and eight variations for orchestra

DDR Rundfunk-Profil-Hänssler, 1974.1.23, Kulturpalast, Dresden
posted by tak at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | キリル・コンドラシン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

ザンデルリンクのブラームス

sanderling_MPHIL.JPG

最近絶好調のWeitblickから発売された、ザンデルリンクのブラームスの交響曲第4番。

1999年の3月だっただろうか、ザンデルリンクを聴きたくて初めて渡欧した。そのときの公演は、シュトゥットガルト国立歌劇場管弦楽団とのコンサートで、大学の先輩がちょうどシュトゥットガルトに留学しておられ、その方を頼って、4泊も泊めてもらって、ザンデルリンクの指揮でショスタコーヴィチのチェロコンチェルトの2番(彼の末の息子がソロ)とブラームスを、2日とも聴いた。
本来ブラームスの4番は、巨大さとは無縁だが、そこで聴けた音楽は恐ろしいほどの壮大さを持ち、それがまたこの曲の一面を正確に表していると感じられた。
ちなみにこのときは4日ともシュトゥットガルトにいて、初日は先輩の車でチューリヒ・オペラに遠征して、ホセ・クーラの歌う「アンドレア・シェニエ」、現地メンバーでマタイ受難曲、そしてザンデルリンク2日連続、という贅沢な日々であった。

さてこのCD、私が聴いたザンデルリンクよりも15年も前の録音である。
プログラムをよく見れば3大Bでそろえてある。
1曲目のエグモントから全力投球、力強くかつ柔らかくてミクロに見れば細やかで、マクロに見ればスケールが大きいザンデルリンクの特長のままの演奏である。
2曲目のバッハは編成を小さくし、目のつんだ凝縮力のある、しかも今にも火の付きそうなホットな演奏である。もちろんピリオド・アプローチではないが、さりとてべたべたふにゃふにゃなモダン・スタイルでもない。この凝縮力、緊張感が東独の指揮者たるザンデルリンクのさせる業だろうか。
メインのブラームスは、極上。99年の最晩年にはもっといろいろやっていたが、この頃はある意味ストレート。でもこんな巨大なブラームスを聴かせる指揮者は少ないだろう。

この頃のミュンヘン・フィルは、チェリビダッケの治世の最初の頃。楽員のレベルが高い頃である。オケのうまさあってこその名演である。

音質は極上。ライブの空気を伝えるすばらしい録音である。

某日本人の書いた解説は何の役にも立たない。初心者が買う類のCDじゃないんだからザンデルリンクの一般論を述べてもしょうがなかろう。ザンデルリンクとミュンヘン・フィルの組み合わせは珍しいのだから、どれくらいの頻度でどんな公演をしていたか書いたほうがよっぽど役に立つ。


Kurt Sanderling
Münchner Philharmoniker

Ludwig van Beethoven
Egmont Ouvertüre op.84

Johann Sebastian Bach
Konsert für 2 Violinen, Streicher und Continuo d-moll, BWV1043
Violine: Ingo Sinnhoffer, Sreten Krstic, Cembalo: Albert Müller

Johannes Brahms
Sinfonie Nr.4 e-moll, op.98

1984.12.23, Herkulessaal

Weitblick

2007年09月10日

この3日

また突然更新が滞ってしまったが、深い理由はない。
金曜日:天狗で飲みすぎた。
土曜日:軽く二日酔い。夜は倉吉に「宗廣真澄リサイタル」。今度鳥取市響でピアノコンチェルトを弾いていただく。とても楽しかった。歌に満ちたベートーヴェン。
日曜日:午前に鳥取市響の練習。う〜ん、ちと荒っぽいのではないかな?コンチェルトは落ち着いてて良いと思うんだが。夕方は家族で外食。夜はF-1を見ながら(ほとんど見てないけど)プログラム用の曲目解説作成。マンフレッド、ベートーヴェンのピアコン3番、シューマンの4番という難しい曲ばかりで2時間以上かかってしまった。マンフレッドは結局岩波文庫の日本語訳の本を読みながら、ゲルト・アルブレヒト指揮の全曲盤を全部聴いてしまった。悩める近代人のための相当へんてこりんな物語である。
posted by tak at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

大阪の用事

osaka20070906.JPG

チェロの弓の毛が伸び切ってしまったので、毛替えに、新大阪の松尾弦楽器に持っていった。弓の2本毛替えのついでに、チェロの調整も頼んだ。
下記の買い物を済ませて楽器を取りにいくと「根柱がすぐに倒れそうなので、新しいのと換えておきました」とのこと。調整も出してみるものだ。演奏中に倒れたりしたら大変だ。

さて、買い物は以下のとおり。
タワーレコードで「松村禎三の世界」。タワレコオリジナル企画なので、存在を知らなかった。オケの某先輩から「松村禎三は良いよ」と聞かされていて、ちょうど主要作品がコンパクトにまとまって1,500円と手ごろなので購入。このシリーズは他にヤマカズと京都市響の「復活」とかあって、店内にかかっていたが、すさまじい名演だった。我慢して買わず。
Walty堂島で、トン・コープマンのバッハのオルガン曲集。在庫整理のセールで3枚セットで999円。バッハのオルガンのCDは全く持ってないので購入。家に帰ってよく見たらトッカータとフーガニ短調は入っていない。まあいいか。
名曲堂阪急東通店で、エロイカ・カルテットのシューマンのカルテット全集とクアルテット・カザルスのアリアーガのカルテット全集(いずれもハルモニア・ムンディ・フランス)と、ケンペ/ドレスデンのナクソスのアリアドネ。
さらに、ササヤ書店で、マルティヌーの交響曲第6番「交響的幻想曲」のスコアを購入。どんな楽譜を書けばああ聴こえるか知りたかったのだ。

今回はぱっと見てほしいと思ったCDを買ったが、一応選考基準は「持っていない曲」。

さて、今回も国道9号⇔国道173号(能勢街道)のルートで行ったのだが、タイヤプレッシャーをチェックしたおかげで、能勢街道のワインディングは絶好調!ここには書けないスピードで楽しんだ。能勢街道は景色も良いし、適度に追い越し車線もあって楽しいですよ。電波が弱くてFMがほとんど聴けないのが玉に瑕ですが。
ラベル:大阪
posted by tak at 00:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 買ったCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

タイヤ・プレッシャー

私の車の今のタイヤは、窒素を入れている。窒素は漏れにくく、圧が下がりにくいし、振動吸収もいいから乗り心地がいいらしい。
本当かどうかはともかく、4月くらいから一度もタイヤ・プレッシャーのチェックをしてなかったのだが、明日急に休みが取れることになって大阪に行くことにしたので、急遽タイヤ屋さんにプレッシャーのチェックに行った。

いくらにして、とも言わず、いくらでした、とも聞かず、チェックの終わった車に乗り込んだら、「前が高くなっている!」
明らかに前輪側が1cm近く高くなっている。Alfa156は、1.3トンのクルマの900kgくらいが前輪に乗っかっているから、前輪がタイヤプレッシャーにシビアであることは分かるが、1cmも変わるものかね。というより、相当プレッシャーが下がってたんだな。

おかげで路面からの突き上げがガンガン、タイヤノイズビリビリ、快適性はすっかり下がってしまった。しかし、やはり適正なプレッシャーの節度のあるハンドリングは小気味よい。明日はゆったり9号線である。
ラベル:Alfa Romeo
posted by tak at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Alfa Romeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

HMVから届いたCD6

20070901HMV.JPG

久々にHMVのウェブサイトでCDを購入。
と言っても3ヶ月ぶりくらいか。

今回購入は以下のとおり。

○クルト・ザンデルリンク/ミュンヘン・フィル/ブラームス#4 etc.
シュトットガルトにザンデルリンクを見るためにわざわざ行って、聴いた思い出の曲。思い出はよみがえるか?

○キリル・コンドラシン/シュターツカペレ・ドレスデン/ショスタコーヴィチ#15 etc.
彼らの演奏は4番もすごかった。いまだ会えぬ15番の理想像にまみえることができるか。

○サー・チャールズ・マッケラスのベートーヴェン・チクルス
もちろんロイヤル・リヴァプール・フィルの全集(名演!)は持っている。これは最新のライブの録音。今やすっかり世界の巨匠となったマッケラス先生がどう聴かせる?

○エレーヌ・グリモーの皇帝
DVD付き!前回は発売見送りとなったが今回は無事に出たグリモーのオフィシャル映像である。

○フィリップ・ヘレヴェッヘの自己監修コンピレーション
これもDVD付き!なぜか毀誉褒貶激しい天才ヘレヴェッヘが自らを振り返るとどうなっているのか?コンピレーションの内容はすでに持っているものもいくつかあるが、ヘレヴェッヘ教祖様への献金と思えば痛くない。

偏愛するアーティストのCDばかりだが、最近はものすごく自重していて、本当にCDを買わなくなったのだ。おかげで古いCDを聴きなおす機会が増え、「こんなの持ってたっけ?」とびっくりすることたびたび。最近発見したのがブッシュ・カルテットの1930年代のベートーヴェン#9,11,14,15録音(Preiser Records)。すさまじい演奏である。
ラベル:HMV
posted by tak at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 買ったCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。