2008年01月27日

市響定期初合奏

10月12日の定期演奏会に向け、鳥取市交響楽団の初合奏。正指揮者がお休みのため、初見大会を代振りさせていただいた。

最初にショスタコーヴィチの交響曲第5番。なんとも素晴らしい曲だ。とりあえず全曲を通してみたんだが、4楽章の最後あたりは初見にもかかわらず相当濃密な演奏になった。そのあと1楽章に返って細かく(と入っても大雑把ですが)やると、これまたかなり踏み込んだ演奏になる。市響もやるなあ。

次にグリーグの叙情組曲。これまた皆さん全然知らない曲にもかかわらず、結構絶妙な表現になっていく。とってもいい曲!音に実体があるのなら抱きつきたいくらいだ。

最後にベートーヴェンのコリオラン。なんだかこれがいちばん荒っぽい。左手でスコアがめくれるのを押さえて右手1本で指揮したのがいけなかったか(笑)。

ところでショスタコーヴィチの4楽章で「何かに似ているなあ」と思いつつ指揮をしていると、マーラーの1番の4楽章のあの苦々しい雰囲気に似ていることに気が付いた。
家に帰ってよく考えると主要テーマの4つの音はリズムが一緒。まあこれはよく知られた話だろう。ただ、マーラーの「苦々しさ」はあくまでも個人的な心象風景だが、ショスタコーヴィチは世界の不安を表す。マーラーの時代は平和だったんだな。


posted by tak at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。