2008年02月08日

ジュリーニとワールド・フィル

giulini_bruckner8WPO.JPG

カルロ・マリア・ジュリーニのブルックナーの交響曲第8番と言えば、ウィーン・フィルとの名演奏がもっとも有名なものであろう(DG 1984年5月30日)。
最近では、BBC MUSICが放送音源をCD化した1983年9月18日のフィルハーモニア・オーケストラとの録音も出た。裏の青い盤でも、DGの前日のライブが出ている。

しかしながら、ジュリーニ・ファン、ブルックナー・ファンにとって最も気になる演奏は、このワールド・フィルとの演奏ではなかろうか。
これはかなり昔から映像で普通に手に入ったし、4楽章だけはCD化されていた。聴こうと思えばいつでも聴けたのだが、どうにも色物っぽくて手を出さなかった。今回は、HMV ONLINEのDVD3枚で割引にそそのかされたのと、セール品だったのとで、存在を知ってから15年以上を経てようやく入手した。これがまたコンセプトも結果の音楽も真面目そのもの。全然色物ではなかった。

もちろん常設団体ではなく、「世界中の人々がみな兄弟に」というようなコンセプトのもとに世界中のプロオケから集まったトッププレーヤーによる混成団体である。このコンサートがデビューらしい。
その寄り集まり方は半端でない。あとで国名を書いておくが、53カ国!弦の奏者の奏法などを見ても、ほとんどてんでバラバラという雰囲気である。ラテン系とゲルマン系が並存している、みたいな(実際並存しているんだけど)。
ところが、聴こえてくる音は、あのウィーン・フィルの音楽と寸分違いがない(もちろん音色とかは違う)。いったいジュリーニはどんな魔法を使ったのだろうか。もちろん魔法ではなく、実直なリハーサルによるものに違いない。音程のとり方が非常に気持ちよく、かつ正確で、ジュリーニの音程感覚の素晴らしさが偲ばれる。

ジュリーニのブルックナーの8番は中学生の頃から聴いている演奏なので、隅から隅まで知っているつもりだったが、改めてジュリーニの指揮姿を見ながら聴いて、その音楽の半分しか聴けていなかったことに気がついた。
つまり、ジュリーニの演奏は「構築的」だと思っていたが、もっとずっと「歌謡的」だったこと。
ジュリーニがずっと口ずさみながら指揮しているから、というだけではない。その指揮姿が歌に満ち満ちている。テンポはほとんど揺らがないのだが、そのテンポ設定が「歌」を前提に設定されているようだ。つまり、歌える遅さ。ただ「微速前進」なのではない。もちろん、テンポは自然な歌の中で揺らぐ。

なるほどと思ったのが、第1楽章の真ん中へん(あれは再現部?)2分の2拍子の1小節の中に大きい3連符(4分の4拍子で数えれば4拍3連、2分の2拍子で数えれば2拍3連)を、4拍子で振っていること。2拍子で振るものだとばかり思っていた。考えてみれば4拍子でも弾く方は別に苦にならない。なるほど合理的。

ところで、ほとんど傷のない演奏でフィナーレまで到達するのだが、コーダでいきなり崩壊寸前になってしまう。4つの楽章のテーマが同時に鳴る部分の前のトランペットの行進曲が、メロメロになってしまうのだ。そのあとも結構迷走気味。でも何とか無事閉幕。こちらもほっと安堵。お客さんも気が気でなかっただろうな。


1985.12.8, Konzerthus, Stockholm, EUROARTS
Carlo Maria Giulini
World Philharmonic Orchestra
Argentina
Australia
Austria
Belgium
Bolivia
Brazil
Bulgaria
Canada
Chile
China
Colombia
Costa Rica
Czechoslovakia
Denmark
Ecuador
Egypt
El Salvador
Federal German Republic
Finland
France
German Democratic Republic
Greece
Guatemala
Hungary
Iceland
India
Ireland
Israel
Italy
Japan
Luxemburg
Mexico
Monaco
Netherlands
New Zealand
Norway
Panama
Peru
Poland
Portugal
Roumania
Singapore
Spain
Sri Lanka
Sweden
Switzerland
Turkey
United Kingdam
Uruguay
USA
USSR
Venezuela
Yugoslavia


ラベル:ブルックナー

2008年02月04日

鳥取市響総会など

20080202.JPG

2月2日は鳥取市交響楽団の総会と新年会。
吉岡温泉近くの「レーク大樹」。久しぶりに温泉を堪能した。

総会では昨年の事業実績、今年の事業計画を協議・議決。
今年も行事が多い。
5月の岡野貞一記念コンサート。地元作曲家3人の曲を演奏する。
10月には定期演奏会。ショスタコーヴィチの5番など。
11月末には鳥取県総合芸術文化祭。「音劇」への参加。
そして最後に「ジュニアオーケストラのベートーヴェンの8番にも出演を頼まれましたのでよろしく」と言ったら、どえらいびっくりされてしまった。ベト8はやったことないけどやっぱり難しいのかな。

そして、新年会=宴会+室内楽大会。
モーツァルトのオーボエ四重奏曲の第1楽章、ベートーヴェンの七重奏曲の1楽章、G線上のアリア、モーツァルトのディベルティメントK137の2楽章とK136全曲などを演奏した。やったことのある曲もあるけどほとんど初見大会。
ベートーヴェンの素晴らしさに感銘を受けた。私はファゴットパートをチェロで弾いたんだが、やはりファゴットとチェロでは楽譜の様子が違う。クラリネットとハモるところが2度ともうまくいかなくて悔しかった。
やはり室内楽は楽しい!そして、こんなに集中して聴いてくれる客席も珍しい!さすが団員。
posted by tak at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。