2008年07月04日

梅乃井

夏だし、鰻を食べようということで、梅乃井で晩御飯。職場の飲み会ではしょっちゅう使うが、飲まないで食べるのは初めて。
念のため席だけ予約。カウンター席。コースは予約、うな重なら予約なしでもOKということで、料理は予約せず。

行ってみたら、やはりコースが食べてみたいということに。3675〜10500円という幅広い価格帯でやっていただけるようだが、いちばん安い3675円コースをお願いした。幸い予約してなくても大丈夫とのこと。

安くても品数はすごく多い。完食しておなかパンパンである。そして、美味しかった。
デザートはクーポンを持っていったから出してもらえたのかも。

つきだし(からし味の和え物)
お造り
キンメダイ?のかまと亀の手の炊き合わせ
なんとかとそばの揚げ物
茶碗蒸し
ふぐ?の陶板焼き
マグロの山かけ
茶碗蒸しおこわ入り
うな丼
デザート(抹茶ムースとバニラアイス)

料理の中でびっくりしたのが「亀の手」。本当に亀の手そっくりで、本当の亀の手かと思ったらフジツボみたいなものだそうだ。
http://www.fromages2002.com/delices_site/archives/cat26/index.html
上記サイトにうまく写っている写真がある。ちょっとグロいので注意!これがなんと鳥取産。鳥取に限らずどこでもあるそうですが。
ぱっと見はどこに食べるところがあるんだろうという感じなんだが、爪みたいなのをむしるとちゃんと身があって、あっさりとうまい。
もっとびっくりは、同行人は亀の手をちゃんと知っていたこと。あなどれない。


posted by tak at 01:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 美味し店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。