2008年09月08日

ポニョを見た

今さらながら「崖の上のポニョ」を劇場で見ました。おっさん一人で見に行くのは相当勇気が必要でしたが、鳥取の平日の夕方の映画館はがらがらで、何の心配も要りませんでした。

これはすごいですね。私はそれほど熱心な宮崎駿ファンではなく、劇場で見たのは「ラピュタ」と「もののけ姫」だけですが、「カリオストロの城」「未来少年コナン」「ナウシカ」「トトロ」はテレビやビデオで何度も見てます。その中でも映像的には屈指のできではないでしょうか。
まず驚くのが、絵としての美しさ。抽象と具象の使い分け。動く絵本のような芸術性です。そして、スピード感。スピード感はこれまでの作品でもいつも味わいましたが、これはすごいですねえ。車の走る音も相当リアルです。マニュアルの軽自動車をきちんとがんばって走らせた音がしています。
久石譲氏の音楽も素晴らしいですね。映像を邪魔せず、映像との相乗効果で場面を彩る音楽は、これまで見た作品よりもいい意味で「映画音楽」的でした。

全体的に「ナウシカ」のパラフレーズのような作品であることは、現実にありそうな町が舞台であることを考えるとある意味天才的です。「荒唐無稽」と「現実的」の奇妙な同居が、あくまでも自然に見えるのがすごい。と言うか、奇妙な出来事を自然に受け入れてしまう登場人物が自然体に見えるのがすごい。だから、「何で水の中にいて息ができるの?」とか真剣に考えちゃいけないんですね。

疑問がまずひとつ。ポニョの本名が「ブリュンヒルデ」で、ポニョが魚に乗ってかっとんで行くシーンでワルキューレの騎行(へのオマージュ)が鳴り響く、っていうのは何なんでしょうか。私には軽ーい思い付きのように見えるんですが、深読みすべき要素があるんでしょうか。軽ーい思いつきで十分面白いんですが。

もう一つ、結局これはどういうお話だったんでしょうか。「ナウシカ」と同じ「環境を大切にね」という教訓を導くというのはどうもしっくり来ない。そもそもそういう文脈だとお話がきちんと閉じていないように見える。最後のポニョのお母さんとそうすけの会話がすべてだとすれば「あらゆるものを愛すべし」「愛するものを守るべし」みたいなことなのかな。それだけ?なんて思ってしまいそうになるけど、今の世の中、そういう考え方自体が貴重なものなんですよね。我慢できず、何かと傷つけあう世の中になってしまいました。
きちんと映像にすれば3時間を越えそうな濃いお話を、1時間40分強の尺に収めつつ「愛」を印象に残すために、あえて薄く仕上げた?もう少し濃くてもよかったなあと、大人は思うのです。


ラベル:日記
posted by tak at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。