2008年09月14日

オケ練習の日第1日

9月13日は米津記念オーケストラ(鳥大OBオケ)の練習日。
日本全国から鳥取に駆けつけたメンバーと鳥取在住の皆さんで、ショスタコーヴィチの交響曲第9番とブラームスの交響曲第1番の練習。

鳥大OBでない私も仲間に入れてもらって、楽しく練習し、夜には焼き鳥の「吉兆」で飲み会。そこで思ったんだけど、「個性」は変わらないね。鳥大フィルの定期にはほとんど毎年エキストラで出させていただいているで、歴代の「個性的な」面々はすべて把握しているんだが、そいつらの個性は全然変わらない。いい意味で。でも、社会性という面では、ちゃんと進化している。いい意味で。本当に頼もしいことである。来年のゴールデン・ウィークに向けて、一緒にがんばりましょう。

さて、曲について思ったこと。

ショスタコーヴィチの交響曲第9番は、前作の8番と違って、完全に「仮面」をかぶって書いているようだ。弔いの「そぶり」、喜びの「そぶり」。一切心はこもっていない。曲に心がこもっていないという意味でなく、心がこもっていないさまを曲で表現している。初演時は客席はいろんな意味で相当ざわざわしたんだろうなあ。

ブラームスの交響曲第1番は、ベートーヴェンの5番の引用とか、クララ・シューマンへの思いとか、先日「のだめカンタービレのコンサート」で見せてもらった演奏に並行した曲解説スライドのままの曲であり、それ以上ではないのだろうなあということを思った。それ以上に、ごちゃごちゃした部分は、音響的に隙間が出ないようにごちゃごちゃいろいろ書き込んだだけじゃないかなあなんて思ってしまった。結果的に、演奏してて熱くなってしまうし、聴いてても熱くなってしまういい曲なんだけど、「崇高」とか「壮大」とかっていうのは、結果的にそうなっただけだったりして。だから、結果的にいい曲になったし、勘違いして壮大に演奏していたりするのかもしれないけど、それはそれでいいんじゃないかと思う。いい曲だし。


ラベル:オーケストラ
posted by tak at 00:54| Comment(8) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。