2009年02月14日

CHANDOS30_04 16ヘンリー・パーセルのダイドーとイーニアス

CHANDOS30_04_16henrypurcell.JPG

CHANDOS30周年記念ボックスの録音を、年代順に、その年の私の思い出とともに振り返る第4回。16枚目の、ヘンリー・パーセルの歌劇「ダイドーとイーニアス」。初演は1689年だそうだ。
http://www.chandos.net/details06.asp?CNumber=CHAN%200521

ピリオド楽器による演奏。最近のもののように表現意欲バリバリではなく、ほんのりとした表情付けと柔らかい音色で、聴いていてホッとする。
エマ・カークビーが女王ダイドー役を歌っているが、彼女はそもそもこのディスクで歌っているタヴァナー・コアの創立メンバーだそうだ。ソロで歌う意識はなかったけど、ピリオドスタイルとバロック以前の音楽に合う歌手がいなかったために、ソリストとして担ぎ出されたようだ。
演奏者の名前が、楽器の製作者名とともに出ていて、ロイ・グッドマン、サイモン・スタンディジ、モニカ・ハジェットというビックネームも参加しているのが分かる。

1981年は小学校4年生。風邪をひくたびに扁桃腺が腫れていたので、切除するために初めて入院。県立中央病院。わずか1週間だったが、貴重な体験。同じ部屋の人(中学生?)と仲良くなり、出される食事を食べずに一緒に食堂にラーメンを食べに行ったりした。

バックナンバーはこちらから。
http://takmusik.seesaa.net/tag/articles/CHANDOS30


CD16
Henry Purcell (1659-1695)
Dido and Aeneas, Z626
Tavener Choir
Tavener Players
Andrew Parrot
1981.1.3-5 Rosslyn Hill Chapel, London
CHAN0521


ラベル:古楽 CHANDOS30 CHANDOS
posted by tak at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 買ったCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

CHANDOS30_03 10サー・ハミルトン・ハーティのアイリッシュ交響曲

CHANDOS30_03_10hartyirishsym.JPG

CHANDOS30周年記念ボックスの録音を、年代順に、その年の私の思い出とともに振り返る第3回。10枚目の、サー・ハミルトン・ハーティのアイリッシュ交響曲を、ブライデン・トムソンが指揮したもの。
http://www.chandos.net/details06mp3.asp?CNumber=CHAN%208314

サー・ハミルトン・ハーティといえば、まずは水上の音楽の編曲者、音は聴いたことがないけど昔の有名な指揮者、というような認識が一般的ではなかろうか。いや、一般的な人は名前すら知らないだろう。
私は幸い、今は亡き「クラシック・プレス」誌の付録で、グレートや「売られた花嫁」を指揮した演奏を聴くことができる。1928年とか1933年の録音だが、当時のオケが上手かったこともあろうが、とても聴かせる演奏なのだ。指揮者として、というより音楽家として持った音楽性がそのまま演奏者に伝染したかのような音楽。

さて、作曲の方はと言うと、まずはアイリッシュ交響曲は、アイルランド民謡を用いた組曲か交響曲のコンテストに応募したものだそうだ。初期ロマン派のような時代錯誤的作風で、最初はなんだか能天気な曲だなあと思っていると、だんだんと味わいが増してくる。人としゃべっているうちに「ああ、この人は本当に賢いんだなあ!」と思うような感じ。同時代のマーラーと比べても、正直言って素人受けする音楽ではないが、音楽好きほど気に入る音楽かも。コメディ序曲もやはりアイルランドの音楽が使われているようだ。
ブライデン・トムソンの指揮は素晴らしい。アルスター管弦楽団の演奏も万全。故郷の大作曲家を技術と愛情で表現し、これまた玄人受けする演奏である。

1980年は小学校3年生。理由はなんだか忘れたが、授業中に廊下に立たされたことがある。頑固でかんしゃくもちの担任で、いきなり同じ科目を2時限ぶっ続けでやったり、今考えると変な先生だった。立たされた理由も当時はなんだか理不尽なものだったような気がする。授業中に立たされたのは後にも先にもそれが1回だけ。

バックナンバーはこちらから。
http://takmusik.seesaa.net/tag/articles/CHANDOS30


CD10
Sir Hamilton Harty (1879-1941)
An Irish Symphony (1904)
A Comedy Overture (1906)
Ulster Orchestra (Leader, Richard Howarth)
Bryden Thomson
1980.10.4,5 Ulster Hall, Belfast
CHAN8314
CHAN7034
ラベル:CHANDOS30 CHANDOS
posted by tak at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 買ったCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

充実休日、頭痛後日譚

11日は、朝からK君邸でアンサンブルの練習。3月15日(日)にとりぎん文化会館のフリースペースで行う「自由空間音楽会」のための練習である。
モーツァルトのフルート四重奏曲とブラームスのクラリネット五重奏曲、上萬雅洋作曲の箏とフルートと弦楽四重奏のための「貝殻節」。
最初は体が動かなくてどうなることかと思ったが、体が温まってきたらそれらしく弾けるようになって、アンサンブルもさまになり、とりあえずは一安心。
少年少女合唱団のカルテット出演分も練習しなきゃいけないが、ジブリ関係という縛りがあって、新曲の楽譜を買わねばならぬようだ。

午後からは、樗谿公園にて、やまびこ館主催の伊勢大神楽の取材。寒くて雨が時折ぱらつく中にもかかわらず、素晴らしい演技で、お客さんもほとんど立ち去ることなく、獅子舞とかジャグリングとか、1時間半の公演に見入っていた。
漫才のような掛け合いもあったりして、笑いたびたびも起こり、本当に面白かった。伊勢大神楽も一時期は演じる人が少なくなって、今回の加藤菊太夫組も2,3人になった時期があったそうだが、今日は8人くらいで、若い人もたくさんおられて、とても元気があった。

家に帰って、昨日予約録画しておいたNHK-FMのルツェルン音楽祭公演の室内楽を聴く。ブラームスのチェロソナタ第1番、シューマンのピアノ五重奏曲など。素晴らしい演奏。
夜はリアルタイムでNHK-FMのルツェルン音楽祭公演のフランツ=ヴェルザー・メストとクリーブランド管弦楽団の公演を聴く。前プロ中プロと、メインの新世界の3楽章までは印象が薄いが、4楽章だけは異様に表現意欲の強い面白い演奏。こってりというんじゃなくて、まっさらな音楽をダイナミクスの変化だけで聴かせるという感じ。ジャンとなったあとの最後の伸ばしが異様に長くてドキドキする。
さらにその後は、買っておいたDVDで、ヴェルディの「マクベス」を見る。フランツ=ヴェルザー・メストとチューリッヒ・オペラ。演出はデイヴィッド・パウントニー。これまた素晴らしい公演だった。

そういえば、群発頭痛は治まったようだ。ここ2週間くらいは薬のおかげか、単に頭痛が治まったのか、ほとんど頭痛がなかった。2日前から薬を飲むのをやめたが、もう大丈夫なようだ。
普段と比べたら期間が相当に短い。それはありがたいことなのだが、ひょっとして群発頭痛は「若い」男性に多い頭痛であり、私が若くなくなったから頭痛も治まったのかも、なんて考えてしまって、ちょっと寂しい気がしてます。
posted by tak at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

軍人さんたち

bazimmermann_soldaten.JPG

打ちのめされた。
ベルント・アロイス・ツィンマーマン作曲のオペラ、"Die Soldaten"。昨年、新国立劇場で上演されたことによって、すっかり市民権を得た、なんてことはないけど、音楽マニアにはすっかり浸透したことだろう。
国内盤を手に入れて、ずっと勘違いしていたことがいくつか解消された。

まず1つ。
これまで「兵士たち」と訳され、最近では「軍人たち」と訳されるようになったこのオペラのことを、私はこの訳ですっかり勘違いしていた。つまり、立派な人物としての「軍人」の物語だと思っていた。
そうではなく、ダメな軍人たちと、ルーズな女たちの、よくあるオペラ的な話なんだということが分かった。吉田戦車の名作、「戦え!軍人君」と、やっていることはさほど変わりない、とまで言ったら言い過ぎか。
だから、この元の戯曲の意図するところは「軍人さんたち」くらいの訳の方が伝わりやすいのではなかろうか。

2つ目。
台本は、ヤーコプ=ミヒャエル=ラインホルト・レンツが1775年(!)に書いた戯曲であるということ。現代的な、メッセージ性の強いストーリー化と思いきや、いつの時代にもある話だった。

3つ目。
アルバン・ベルクの「ヴォツェック」の影響を受けた作品かと思ったら、「Die Soldaten」の劇にヴォツェックの原作者のゲオルク・ビュヒナーが影響を受けているということ。もちろん、ツィンマーマンの音楽はアルバン・ベルクの影響なしには書かれていないし(12音技法を使っているし)、「トッカータ」「シャコンヌ」など、ヴォツェックを想起させるように場面ごとにテーマをつけている。しかしながら、これが音楽用語そのままの意味で使っていないらしいところがまた興味深い。

4つ目。
「騒音ばかり」と聞いていたが、非常に精妙な音楽であった。12音の音列の設計の緻密さ(ブックレットに延々説明してある)もさることながら、音色や表現の精妙さが快感である。もちろん騒々しくて耳をふさぎたくなるところも2箇所ほどあるが、総じて非常に「音楽的」な「ゲンダイオンガク」であった。

なるほど、若杉弘ががんばって日本人に聴かせたくなるのが分かる傑作であった。


ベルント・アロイス・ツィンマーマン
歌劇「軍人たち」
ミヒャエル・ギーレン指揮
ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団
1965.2.21,22-3.2-3 ケルン西ドイツ放送局大ホールで行われた、初演のライブ録音
WERGO
キング・インターナショナル
ラベル:B.A.Zinmmermann
posted by tak at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 買ったCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

CHANDOS30_02 11ギブソンの「惑星」

CHANDOS30_02_11gibsonholst.JPG CHANDOS30_02_11gibsonholst2.JPG

CHANDOS30周年記念ボックスの録音を、年代順に、その年の私の思い出とともに振り返る第2回。11枚目のサー・アレグザンダー・ギブソンの「惑星」。

1979年5月に設立されたシャンドスの、1979年7月録音。シャンドスとしてのデジタル初録音。これ以前に録音されてシャンドスから発売されているものに、ヤッシャ・ホーレンシュタインの「画家マチス」「死と変容」やラフマニノフのピアノ協奏曲がある。
CDの発売時の型番はCHAN8302。シャンドスのCDの型番は8301から始まっており、CHAN8301はサンプラー盤だった。これは初期のカタログでしか見たことがない。そのカタログは、今思えば非常に価値が高い(?)物なのに、いつだか捨ててしまったようで手元にない。
シャンドスは、パッケージ・デザインやレーベル・デザインが統一感が高いが、これはその統一前の初期の盤のデザインで、レーベル面はゴールド。

そして、言うまでもなく「惑星」の録音の五指に入る(と私は思う)名演である。
サー・アレグザンダー・ギブソンは1926年生まれ。1959年から1984年まで、スコティッシュ・ナショナル管弦楽団の音楽監督を務めた。1962年にはスコットランド歌劇場を創設して、1971年に「ニーベルングの指輪」原語全曲上演を果たしている。1995年には70歳前の若さでなくなってしまったのが残念であった。Collinsレーベルにシベリウスの再録音などを行っていたのだが、完成せず。今はCollinsレーベルもなくなってしまった。
この録音は、ギブソンが長年にわたってトレーニングを積んできたこのオーケストラの、勢いと精緻さが同居する素晴らしい技術を収めている。金管がパリッとしているのがこのオケの特徴だが、ネーメ・ヤルヴィの就任以前は節度が感じられる(笑)。

1979年は小学校2年生。このころは宮ノ下小学校はまだ古い木造校舎の時代であった。この年は台風による洪水で校舎の1階が浸水し、学校に行ってみたら休校になっていたということがあった。

バックナンバーはこちらから。
http://takmusik.seesaa.net/tag/articles/CHANDOS30


CD11
Gustav Holst
The Planets, op.32 (1916)
Scottish National Orchestra (Leader, Edwin Paling)
Sir Alexander Gibson
1979.7.2,3 Henry Wood Hall, Glasgow
CHAN8301
CHAN6633
ラベル:CHANDOS CHANDOS30
posted by tak at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 買ったCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

CHANDOS30_01 29キングズ・シンガーズ

CHANDOS30_01_29kingssingers.JPG

CHANDOS30周年記念ボックスの録音を、年代順に、その年の私の思い出とともに振り返る第1回。29枚目のキングズ・シンガーズのデビュー録音。

この30枚セットには各ディスクの説明がついておらず、12ページの、30枚のディスクのタイトル、カズンズ親子のあいさつ文、それと写真が掲載された簡単なブックレットが付くのみである。そのブックレットには「ウェブサイトに行ったら、30枚のディスクのブックレット(3ヶ国語)を無料でPDFでダウンロードできるよ」なんて書いてあるが、確かに探してみれば、各ディスクの紹介ページからダウンロードできるようにはなっている。
http://www.chandos.net/30thboxset1.asp
しかしながら、なぜかこのキングズ・シンガーズのものだけがデータが置いてない。録音年代も書かれていない。
http://www.chandos.net/CD_Notes.asp?CNumber=CHAN%206562
ここを読むと、キングズ・シンガーズが1968年にデビューしたことは分かるが、録音年は分からない。
キングズ・シンガーズのオフィシャル・サイトを探して、ようやく確認することができた。なんと私の誕生年、1971年である。
http://www.kingssingers.com/gallery.php?agallery=1970
つまり、シャンドスの会社の設立よりもずっと前。多分、この録音が廃盤になっていたのが忍びなくて、シャンドスがライセンスを買い取ったのだろう。カズンズ親子が録音に関わっていたのかもしれないし。

正直言って、このキングズ・シンガーズの演奏について、私が何か言うべきものではないだろう。要は、ポップなのである。ウェルメイドな害のない音楽であり、こういうのを好む人も多かろう。ただ私がお客さんではないだけだ。
録音はとてもきれい。

1971年は、私の生まれ年であるが、当然のことながら記憶はない。カップヌードルとカセットテープが同い年である。後者はすでに晩年を迎えつつあるが、前者は今も元気に多面的展開をすすめている。

バックナンバーはこちらから。
http://takmusik.seesaa.net/tag/articles/CHANDOS30


CD29
オリジナル・デビュー・レコーディングス
キングス・シンガース
・Sunshine/Gilbert/Simons:The Peanut Vendor
・Traditional/Shenandoah
・Traditional/Cherry Ripe
・Gershwin/Heyward:Summertime
・Pruda/Luna/Russell:Time Was
・Traditional/Scarborough Fair
・Tchaikovsky:None But The Lonely Heart
・Traditional/Linstead Market
・Traditional/The Oak and the Ash
・David Bacharach:Wives and Lovers
・Traditional/Blow Away the Morning Dew
・Tiomkin/Webster:The Green Leaves of Summer
・Ron Goodwin:What Kind of Things
キングス・シンガース
Nigel Perrin and Alastair Hume counter-tenors
Anthony Holt and Simon Carrington baritones  Brian Kay bass
The Gordon Langford Trio

CHAN6562
1971
ラベル:CHANDOS30 CHANDOS
posted by tak at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 買ったCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

鳥取市響練習&セルとポワヴル

午後1時から鳥取市響の合奏。
今日の参加者は私とVn2=5、Vc=1、Kb=1、Fl=3、Cl=1、Fg=1、Hr=2、Timp=1。
シベリウスのヴァイオリン・コンチェルトから始めたら、1楽章だけで1時間かかってしまった。2,3楽章までやったら4時前。その後は、ブラームスの交響曲第3番を1楽章だけ。
どれもかみ合わせの難しい曲ばかり。コンチェルトはヴァイオリン・ソロの演奏にきちんと掛け合いをしなければいけないところがあって、たいていは私の下手な歌でもなんとか練習になるのだが、3楽章のあるパッセージ(提示部と再現部で2回ある)だけは、ソロの演奏がないと、どうすべきかという意図がうまく伝わらない。ソロに合わせて待たなきゃいけないのだが、何度やっても「待ち」の部分がスルーされてしまう。
ブラ3は、まずは6拍数えるのが大変で、テンポの関係で指揮は二つ振りでしか振れないから、3拍目と6拍目くらいが演奏が曖昧になる。しかも6拍目からのパッセージが一杯あって大変。
今日の練習では面倒な仕掛けはだいたい説明できたので、参加した15人は、とりあえずはあんまり迷子になることはないでしょう。
しかし、よそのオケの練習に出て、ただの通しの練習になってしまったら不満に思うのに、自分が指揮したら結局通しの練習に終始してしまう。反省。弾く立場で参加すると、細部が仕上がっていないのに先に行くのは欲求不満がたまるのだが、前で指揮していると、なぜか曲が通ることに満足してしまう。それと、あとは指揮の能力の問題なのだが、課題がその場で発見できない。つまり、上手く聴こえてしまうのだ。う〜ん、もっとがんばらねば。

その後は時間があるので散髪。

7時から吉方消防署の裏のフレンチの店、「セルとポワヴル」で食事。事前に予約をしていて、パスタと魚のセット、ステーキセット、フルコースの3種類があるということなので、フルコースを選んで予約。1人4600円。結局メニューを見ていないので、そのほかにどんなものがあるかはよく分からず。
それと、飲み物はワインボトルと同じ量の、ノンアルコールのシャンパンのボトルがあったので、2人で飲めばちょうどいいし、それを選ぶ。余ったら持って帰れるし。2000円。
オードブルは、生ハム、スモークサーモン、なまこ、サラミみたいなもの、鴨のハム。鴨のハムが絶品。なまこも和食で食べるのとまた違って美味しい。
スープはカボチャと野菜のスープ。カボチャ、ニンジン、ジャガイモ、タマネギ、セロリだったっけ。さっぱりしてかぼちゃっぽくない。ちょっと薄味すぎるので二人とも胡椒を使わせてもらった。
バゲットはさっくりして美味しい。後で聞いたらよそのパン屋さんのものを仕入れているとのこと。バターがさっぱりとして超美味。
魚は、スズキ、タラのソテーとゆでイカ。スズキもタラもでかい切り身で、同行人と二人で、でかいねえと顔を見合わせる。でもどれもえらく新鮮で美味。
肉は、牛ヒレステーキ。相当でかい。同行人は半分でいいとのことなので、半分もらった。久しぶりにステーキをしっかり食べて満足。
デザートは、フランボワーズのアイスクリームと、ポポとチョコレートのケーキ。ポポという珍しい果物を作っている人が鳥取にいるそうだ。パッションフルーツとバナナの中間みたいな味?不思議なお味。
二人ともお腹一杯。満足。ノンアルコールシャンパンは、結局全部ごくごく飲んじゃいました。カメラを忘れたので写真はありません。

ポポという不思議な果物についてはこんなサイトで紹介されていました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%9D%E3%83%BC
http://blog.goo.ne.jp/team_kfs5/e/c9ab1ca60435ea18985fa5c88d69e8e9
http://marine121.blog121.fc2.com/blog-entry-219.html
posted by tak at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 美味し店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。