2009年02月07日

鳥取市響練習&セルとポワヴル

午後1時から鳥取市響の合奏。
今日の参加者は私とVn2=5、Vc=1、Kb=1、Fl=3、Cl=1、Fg=1、Hr=2、Timp=1。
シベリウスのヴァイオリン・コンチェルトから始めたら、1楽章だけで1時間かかってしまった。2,3楽章までやったら4時前。その後は、ブラームスの交響曲第3番を1楽章だけ。
どれもかみ合わせの難しい曲ばかり。コンチェルトはヴァイオリン・ソロの演奏にきちんと掛け合いをしなければいけないところがあって、たいていは私の下手な歌でもなんとか練習になるのだが、3楽章のあるパッセージ(提示部と再現部で2回ある)だけは、ソロの演奏がないと、どうすべきかという意図がうまく伝わらない。ソロに合わせて待たなきゃいけないのだが、何度やっても「待ち」の部分がスルーされてしまう。
ブラ3は、まずは6拍数えるのが大変で、テンポの関係で指揮は二つ振りでしか振れないから、3拍目と6拍目くらいが演奏が曖昧になる。しかも6拍目からのパッセージが一杯あって大変。
今日の練習では面倒な仕掛けはだいたい説明できたので、参加した15人は、とりあえずはあんまり迷子になることはないでしょう。
しかし、よそのオケの練習に出て、ただの通しの練習になってしまったら不満に思うのに、自分が指揮したら結局通しの練習に終始してしまう。反省。弾く立場で参加すると、細部が仕上がっていないのに先に行くのは欲求不満がたまるのだが、前で指揮していると、なぜか曲が通ることに満足してしまう。それと、あとは指揮の能力の問題なのだが、課題がその場で発見できない。つまり、上手く聴こえてしまうのだ。う〜ん、もっとがんばらねば。

その後は時間があるので散髪。

7時から吉方消防署の裏のフレンチの店、「セルとポワヴル」で食事。事前に予約をしていて、パスタと魚のセット、ステーキセット、フルコースの3種類があるということなので、フルコースを選んで予約。1人4600円。結局メニューを見ていないので、そのほかにどんなものがあるかはよく分からず。
それと、飲み物はワインボトルと同じ量の、ノンアルコールのシャンパンのボトルがあったので、2人で飲めばちょうどいいし、それを選ぶ。余ったら持って帰れるし。2000円。
オードブルは、生ハム、スモークサーモン、なまこ、サラミみたいなもの、鴨のハム。鴨のハムが絶品。なまこも和食で食べるのとまた違って美味しい。
スープはカボチャと野菜のスープ。カボチャ、ニンジン、ジャガイモ、タマネギ、セロリだったっけ。さっぱりしてかぼちゃっぽくない。ちょっと薄味すぎるので二人とも胡椒を使わせてもらった。
バゲットはさっくりして美味しい。後で聞いたらよそのパン屋さんのものを仕入れているとのこと。バターがさっぱりとして超美味。
魚は、スズキ、タラのソテーとゆでイカ。スズキもタラもでかい切り身で、同行人と二人で、でかいねえと顔を見合わせる。でもどれもえらく新鮮で美味。
肉は、牛ヒレステーキ。相当でかい。同行人は半分でいいとのことなので、半分もらった。久しぶりにステーキをしっかり食べて満足。
デザートは、フランボワーズのアイスクリームと、ポポとチョコレートのケーキ。ポポという珍しい果物を作っている人が鳥取にいるそうだ。パッションフルーツとバナナの中間みたいな味?不思議なお味。
二人ともお腹一杯。満足。ノンアルコールシャンパンは、結局全部ごくごく飲んじゃいました。カメラを忘れたので写真はありません。

ポポという不思議な果物についてはこんなサイトで紹介されていました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%9D%E3%83%BC
http://blog.goo.ne.jp/team_kfs5/e/c9ab1ca60435ea18985fa5c88d69e8e9
http://marine121.blog121.fc2.com/blog-entry-219.html


posted by tak at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 美味し店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。