2009年02月23日

神戸室内楽大会練習 at 三田市

神戸にいる友人からの頼みで、神戸でやる室内楽の演奏会に、ドヴォルザークのピアノ五重奏曲のチェロパートで出演することになってしまいました。
本番は3月20日(金・祝)の13:30、兵庫県立芸術文化センター内、神戸女学院小ホールです。ほかにも数団体出演して、30分の持ち時間でそれぞれ演奏するとのこと。

今日はそのための練習で、神戸市の北、三田(さんだ)市まで行ってきました。できたてほやほやのホール、三田市総合文化センター郷の音ホールの中の練習室で、11時から19時まで。
なんでもすでに決まっていたチェロの人が海外転勤で出演できなくなったそうで、なぜか私に白羽の矢が立ってしまったのだ。演奏するのはドヴォルザークのピアノ五重奏曲の1楽章と3楽章。
とてもいい曲だし、いい気になって弾いていたんだが、最後に録音したのを聴いたら、あまりにも自分の演奏がひどくて愕然。これはやばい。いきなり出てくるテーマがぼろぼろ、伴奏形も安定しない、バランスも悪い、テンポも不安定、左手は押さえ切れていない。なるほど、普段もこういう風に弾いていて、周りにはこう聴こえるのだろう。深く反省しました。
問題は、今後の練習が間に合うかどうか。まあできるだけやるしかない。

ところで、三田市といえばステーキの店「三田屋本店」が有名なんだそうですね。昼ごはんにみんなで行ってきたんですが、妙に格式が高そうなところで、中庭には能舞台もあったりして、そうとう浮世離れした空間でした。日曜はランチはなく、いちばん安くても5800円のロースステーキのセット。いやいやそれだけの価値のある味でした。味見用のスモークチーズ、前菜のハム、メインのステーキ、どれも素晴らしい味。世の中にはこんなお店もあるんですな。


posted by tak at 00:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。