2009年04月09日

旅行の準備7

bazimmermann_sinfonie.JPG

そろそろ誰も付いてこなくなったと思われる(笑)、ベルリン音楽三昧旅行の準備の第7回。
ベルント・アロイス・ツィンマーマン研究第1回。さらに誰も付いてこないかも。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%84%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3

常にフルネームで記載しますが、これは、ヴァイオリニストのフランク・ペーター・ツィンマーマン、ヴィオラのタベア・ツィンマーマン、作曲家のウド・ツィンマーマンなど、ほかのツィンマーマンさんの雰囲気を微塵も感じさせないためです。お許しを。

ベルント・アロイス・ツィンマーマンの音楽を2,3曲聴いた段階で思うのは、そのとりとめのなさである。曲(時代)によってあまりにも作風が違い、こういう曲を書く作曲家であるという焦点を結びにくい。
よく似た作曲家に、イゴール・ストラヴィンスキーがいるが、どうも私には、ベルント・アロイス・ツィンマーマンがストラヴィンスキーを過剰に意識していたように感じられてならない。

さて、ベルント・アロイス・ツィンマーマンの初期の傑作であり、代表作の一つ、「一楽章の交響曲」(1951)。
私が持っている音源は、ドイツのユース・オケであるユンゲ・ドイチュ・フィルを紹介した3枚組のCDに収録された、ヴィトルド・ルトスワフスキ(この人も超有名ゲンダイオンガク作曲家)の指揮による演奏である。ライナーノートには、なんとベルント・アロイス・ツィンマーマン自身の曲紹介が掲載されている。
曰く「一元的な雰囲気になるように単一楽章にした」。そのほか獰猛とか不機嫌とかそういう言葉が出てくる。まあ、なんというか獰猛で不機嫌でかっこいいゲンダイオンガクである。
つまり、この時代の音楽はある意味普通の現代音楽である。ほかに、ヴァイオリン協奏曲などが同じ様式である。

ベルント・アロイス・ツィンマーマンがこの様式のまま作品を作り続けていたら、彼の本意ではないにしても、彼はそれなりに理解され、自殺することはなかったのかもしれない。
しかし、彼が求めたのはそういう理解ではなかろうし、そうであったとしたら我々も(私以外は誰だかわかりませんが、一人ではないはずです)これほど彼の音楽に惹かれることはなかっただろう。

バックナンバー
http://takmusik.seesaa.net/tag/BeRLiN


ラベル:B.A.Zinmmermann BeRLiN
posted by tak at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

旅行の準備6

bachchoral1.JPG bachchoral2.JPG

ベルリン音楽三昧旅行の準備の第6回。

4月23日の、ベルリン・フィル定期公演の前半の曲目。
http://www.berliner-philharmoniker.de/konzerte/kalender/programmdetails/konzert/6592/termin/2009-04-23-20-00/
J.S.バッハ(A.シェーンベルクによるオーケストラ編曲版) コラール前奏曲「来ませ、造り主なる聖霊の神よ」BWV667
J.S.バッハ(A.シェーンベルクによるオーケストラ編曲版) コラール前奏曲「装いせよ、おおわが魂よ」BWV654
R.ワーグナー ジークフリート牧歌

後半のベルント・アロイス・ツィンマーマンの曲とあわせて、ドイツ・オーストリアのクラシック音楽を壮大に俯瞰するプログラムになっている。
仕掛け人は当然、指揮を担当する、自身が作曲家でもあるペーテル・エトヴェシュであろう。

最初に、単純に「ドイツ・オーストリアのクラシック音楽を壮大に俯瞰する」なんて書いたが、そんな緩い意図で組まれたプログラムではなかろう。
ベルント・アロイス・ツィンマーマンにとって、当然バッハは重要な作曲家であり、自作の「ユビュ王の晩餐のための音楽」でも引用している。さらにシェーンベルクが編曲したこのコラールは、メンデルスゾーンやシューマンが愛し、ブラームスも自作に引用した曲とのこと。
http://brahmsop123.air-nifty.com/sonata/2008/08/post_6a3c.html
ドイツ的に由緒正しいのである。

そして、ワーグナー。ベルント・アロイス・ツィンマーマンは、「ユビュ王の晩餐のための音楽」では「ワルキューレの騎行」と「ジークフリート(あるいはジークフリート牧歌?)」を、「ある若い詩人のためのレクイエム」では「イゾルデの愛の死」を引用しており、当然ながら関係が深い作曲家である。しかしなぜトリスタンではなく「ジークフリート牧歌」?これは今の段階ではさっぱり分からない。
当日は20時開演だが、19時からレクチャーがあるようだ。ドイツ語なら(英語でも)理解できないかもしれないが、とりあえず聴いてみよう。

ところで、バッハの1曲目は、BWV631という表記が多いが、今回のプログラムではBWV667となっている。どういうことだろうと思って調べてみたら、同じコラールを基にした曲が二つあり、BWV631は短く、BWV667はそれをより発展させた長い曲である。シェーンベルクが編曲したのは長い曲の方。
http://jsbach.blog68.fc2.com/blog-date-20060801.html
http://jsbach.blog68.fc2.com/blog-date-20060603.html
おそらく、シェーンベルク自身が編曲の際に番号を取り違えたか、当時のバッハの作品目録に取り違えがあったかだろう。

なぜかこのオーケストラ編曲版の録音を持っている。「バッハの管弦楽編曲版のまとまったものがほしいなあ」と思っていたときにちょうどこの往年の名指揮者による録音集が出たので、まあなんとなく入手しておいたのだ。
これらの曲の演奏は、指揮がヤッシャ・ホーレンシュタイン、オケは、偶然にも今回聴くのと同じベルリン・フィル。1929年録音、というとびっくりするが、同じ演奏者によるブルックナーの7番はさらに1年前の1928年に録音されているのである。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1239383

バックナンバー
http://takmusik.seesaa.net/tag/BeRLiN
ラベル:B.A.Zinmmermann BeRLiN
posted by tak at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

旅行の準備5

bazimmermann_requiem.JPG

ベルリン音楽三昧旅行の準備の第5回。

4月23日の、ベルリン・フィル定期公演における、ベルント・アロイス・ツィンマーマン作曲の「ある若い詩人のためのレクイエム」のための準備。

写真のCDは、WERGOの録音の、ガリ・ベルティーニの指揮による、ケルン放送交響楽団の演奏。たしか大学1年のころに買ったものだと思う。「週刊FM」か「レコード芸術」かに紹介されていて、興味を持って買ったもの。
高校時代から現代音楽は聴いていたから、決して疎いわけではないのに、音楽なんだか何なんだか、さっぱり分からなかった。音楽と言うよりは演説集のようであり、オケの曲なのにオケの音はあまり聴こえず、曲の途中に突然「ヘイ・ジュード」や「第九」が流れてきて、さらに混乱を加速させる。「なんじゃこりゃ?」としか思えなくて、でもその妙な緊張感をはらんだ音楽にやられてしまって、お宝として扱いつつずっと放置していた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%84%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3
http://en.wikipedia.org/wiki/Bernd_Alois_Zimmermann

正式名称は、「ある若い詩人のためのレクイエム」−朗読者、ソプラノとバリトンのソロ、三つの合唱団、電子音響、オーケストラ、ジャズコンボ、オルガンのためのリンガル−(1969)、である。
「リンガル(Lingual)」というのが、ツィンマーマンの意図する音楽形式である。おそらく、musicに対するmusicalと同じ意図で、languageに対するlingualという言葉を作ったのだろう。
このCDのライナーノートには、すべての演説の言葉が、何分何秒にどちらの方から何が語りだす(鳴り出す)、みたいなダイヤグラムのような形で載っている。ドイツ語、英語、ギリシャ語、ハンガリー語、チェコ語。虐げる人、虐げられる人、哲学する人の言葉が、本人の肉声(録音)で、あるいは話者によって、一見ランダムに語られる。
ここで鳴り響くのは、言語自身であり、さまざまな言語で語られる演説(録音によるものも多数ある)であり、同時に流れる音楽としてのレクイエムとともに、混沌とした、あるいは騒然とした、さらには揶揄を感じながら威厳と死者への尊敬を表現する。音楽と言うより世界の描写と言った方がいいのかもしれない。
20世紀のクラシック音楽がたどり着いた、一つの重要な成果であろう。

とりあえず、今のところはここまで。この曲についてはもう一度書く予定。

バックナンバー
http://takmusik.seesaa.net/tag/BeRLiN
ラベル:B.A.Zinmmermann BeRLiN
posted by tak at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

旅行の準備4

mahler6.JPG

ベルリン音楽三昧旅行の準備の第4回。

4月22日の、ピエール・ブーレーズとシュターツカペレ・ベルリン(ベルリン国立歌劇場管弦楽団、以下SKB)の公演の2曲目、マーラーの交響曲第6番の予習。

DGの録音で、ウィーン・フィルとの演奏が発売されているが、これは聴いていない。基になる定期公演のFM放送は録音したはずだが、あまり覚えていない。いずれにしてもずいぶん前の演奏である。
最近の演奏で、2005年のウィーン・フィルとのブルックナーの7番(FMエアチェック)を聴いてみた。

ブルックナーが体にしみこんでいるウィーン・フィルである。ついつい自分たちだけで音楽を作りそうになるが、ブーレーズは許さない。ロマン派?私はそんなぼやけた概念は知らんよ、みたいに。微妙な緩みや揺らぎを排し、あくまでも楽譜に書いてあることを書いてあるとおりに演奏させる。それによって初めて音が建築物のように構築され、作曲家の本来の意図が透けて見えてくる。

というわけで、シミュレーションとしていくつか聴いてみた。
キチキチ系と言えばハンス・ロスバウト。南西ドイツ放送交響楽団との1960年録音。予想に反して、ロスバウトがオケを支配しきれておらず、妙にロマンが滲み出してしまっている。
次に、ミヒャエル・ギーレンと南西ドイツ放送交響楽団の1999年録音。ギーレンもすっかりロマン派親父になっている。
そして、クリストフ・フォン・ドホナーニとクリーブランド管弦楽団。これが近いかも。クリーブランドのオケは、マーラーとかロマン派とかそういうのには全然関心がないみたいだ。うるさいおっさん(=ドホナーニ)にあれこれ言われるから仕方なくやっている、みたいな演奏。でも、そのうるさく言うことで実現できる正確さによって初めて分かる音楽の構築性。SKBなら、もっとヨーロッパ的に揺らぎとかふくらみがあるだろうが、なんとなく予想像が浮かんだ。

ところで、SKBとは、昨年だったか、ブーレーズはバレンボイムとともにマーラーの交響曲全曲をツィクルスとして短期間に演奏している(「復活」の映像と録音が発売されている)。6番をどちらが振ったか覚えていないが、ともかく、SKBはマーラーの語法もブーレーズの芸風もしっかりと身に沁みている。しかもドイツでも屈指のハイテクオケである。どんな音が聴けるか、楽しみ。

バックナンバー
http://takmusik.seesaa.net/tag/BeRLiN
posted by tak at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

土日音楽練習など

4月4日(土)
10:30
上司からの連絡で、北朝鮮からのミサイル(?)発射予告関連で職場へ。しばらく待機。上司が来たので交代して私は練習へ。
ファミリーマートでパンを2つ買って食べながら練習会場へ。
13:45〜16:45
とり文第4練習室で鳥取市響の練習。
この日はブラームスの3番を1,2,3,4楽章の順に。
0.楽譜が読めて楽器が鳴らせる。      ←いまココ
1.譜割りと音程が頭できちんと理解できる。
2.楽譜どおりに体が動かせる。
3.音楽が表現できる。
こんな段階です。
でも、団員auftaktさんの的確な指導で、どんどんそれらしくなっていく。それにしてもブラームス、いい曲だわ(はーと)。


18:45〜21:00
米子の今井書店の2階で、ミンクス室内オーケストラの5月の演奏会のための初練習。
私が着いたときにはすでにモーツァルトのホルン協奏曲とファゴット協奏曲は済んでいた。
ベートーヴェンの4番から参加。
0.楽譜が読めて楽器が鳴らせる。
1.譜割りと音程が頭できちんと理解できる。
2.楽譜どおりに体が動かせる。      ←いまココ
3.音楽が表現できる。          ←部分的にココ
こんな段階です。すごいね。
そのあとは、ピアニストも来てベートーヴェンの「皇帝」。長い曲だ。

練習後は、宿のホテルわこうのすぐそば(わこう通り内)の「心」で籠弁当とビール。オタク話しながら食事。美味し。
宿に帰って、BSハイを見てたら、ベネズエラの子供音楽教室(?)、エル・システマを、おそらくNHKが取材したドキュメンタリー。
関連記事
http://takmusik.seesaa.net/article/53833325.html

前回のドキュメンタリーはあくまでも美しい作品だったが、今回のものは、無骨に関係者のインタビューを重ねていく。内輪の意見ばかりだから、やはり「エル・システマ礼賛」ばかりだが、それでも、このシステムができるに至ったベネズエラの貧民街の悲惨さもきちんと見せていく。
このシステムで育った子たちが、今度は指導者としてこのシステムに関わっていく。子供たちの演奏が、ちょっと音楽的でないなあと思っていたが、指導の内容自体は非常に音楽的である。間違った方向には進んでいない。
気になったことは、このシステムに入れない子たちはやはり悲惨な生活を強いられているのだろうか、また、このシステムで育った子たちは、全員がそれなりの生活をし得ているのだろうか、ということ。


4月5日(日)
8:00〜
朝テレビを見ていたら、北朝鮮の悲惨な生活のレポート。家のない子供たちを紹介している。
機能の番組とも重なるこの情景を見て、ちょっと待て、と思った。他国のことをどうこう言う前に、日本でも貧困にあえぐ子供たちはたくさんいることを、なぜもっと紹介しないのか。出版物では、ようやく去年辺りから、新書や雑誌で紹介されるようになったが。一地方自治体ががんばるだけではどうにもならないことがある。社会の総意にしないと。

10:00〜16:00
ミンクス室内オーケストラの練習2日目。
「皇帝」、ベト4、ホルン協、ファゴット協の順。
午後は眠くて集中力がなく、いろんなパートが凡ミス。音楽の半分は集中力でできています。

帰り道は、修理中のアルファロメオ(後日詳述するでしょう)の代車の某スポーツカーで、山道に寄り道しまくりながら帰る。速い車とはこういうことかと得心。
ラベル:日記
posted by tak at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

旅行の準備3

elliottcarter.JPG

ベルリン音楽三昧旅行の準備の第3回。

4月22日の、ピエール・ブーレーズとシュターツカペレ・ベルリンの公演の1曲目、エリオット・カーターの予習。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC

公演で演奏される曲である、ピアノとオーケストラのための「介入」は、100歳を迎えた現役作曲家への、ベルリン国立歌劇場とカーネギーホールとボストン交響楽団の共同委嘱作品で、この日がドイツ初演なので、もちろん録音はないので事前に聴くことはできない。
エリオット・カーターの管弦楽曲なら、シカゴ交響楽団の自主制作アルバムの中に、サー・ゲオルク・ショルティが指揮した「管弦楽のための変奏曲」があるので、とりあえずこれを聴いてみた。

うーん。軽い。
ゲンダイオンガクらしく、無調的な、あるいは音列的な音楽で構成されているのだが、その音に哲学がないというか、音の快楽以上のものでないように聴こえる、なんともゆる〜い音楽なのである。
エリオット・カーターが決して高く評価されることがないのもよくわかる気がするが、ゲンダイオンガクなのに妙に耳優しいのも、それはそれで快楽的で良いものである。

バックナンバー
http://takmusik.seesaa.net/tag/BeRLiN
ラベル:BeRLiN
posted by tak at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

旅行の準備2

macbeth.JPG

ベルリン音楽三昧旅行の準備の第2回。

今回の旅程で、初演曲であるエリオット・カーターを除けば、唯一音源を持っていなかったのがヴェルディの「マクベス」。
ベルント・アロイス・ツィンマーマンはもちろん、バッハのシェーンベルク編曲版も持っているのに、マクベスは持っていないというのは相当なひねくれもんですな、私は。

というわけで買って見てみた。
チューリッヒ歌劇場、フランツ・ヴェルザー=メストの指揮、マクベスはトーマス・ハンプソン、演出はデイヴィッド・パウントニー。

ご存じのとおり、かどうかわからないけど、「マクベス」はもともとシェークスピアの戯曲である。シェークスピアのシェークスピアたる所以は、そのユーモアだろうと思っている。もちろんロメオとジュリエットのような全編悲劇的な悲劇もあるし、このマクベスとて悲劇は悲劇なのだが、魔女がうじゃうじゃ出てきたり、ずいぶんとご都合主義的にマクベスが王権を得たり、なんともテキトーな筋立てで、滑稽さが漂う。

今回の旅行で見る、ベルリン国立歌劇場の公演は、一時期芸術監督(だったっけ?)になったペーター・ムスバッハの演出で、プレミア後に、その過激さだかヘンタイさだかで、いや経費の問題だったっけ、バレンボイムと折り合わずに放逐された。
演出家はもういないのに、その演目は粛々と演じられるというのが正直言って感覚的に飲み込めないのだが、それがヨーロッパの懐の深さだろうか。

なんだか脱線してしまったが、ベルリン国立歌劇場の公式サイトの写真を見る限り、演出はかなりヘンタイチック。楽しみ。
指揮者のユリエン・ザレムコーアは、学生時代にミヒャエル・ギーレンに学んだそうで、ギーレンにもマクベスの録音があったりしてつながりがあるのが面白い。


バックナンバー
http://takmusik.seesaa.net/tag/BeRLiN
ラベル:BeRLiN
posted by tak at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。