2009年07月12日

土日の音楽など

7月11日(土)

9:30
仕事の広報誌の印刷チェックで、印刷所に。5分で終了。
家に帰ってチェロの練習。

12:00
鳥取空港に、指揮の高野秀峰先生をお出迎えに。
食事は、仏区里屋にと思ったら駐車場が一杯だったので、市内まで来て、カレーの「木の香り」へ。空いてた。野菜カレーを食べた。美味。

13:30〜17:00
鳥取市響の練習。
ブラームスの交響曲第3番の1,2楽章、シベリウスのヴァイオリン協奏曲の2,3楽章。何でみんな、高野先生だと集中力が増すのかねえ。と言いつつも、初回の練習より「慣れた」せいか集中力が欠け気味。集中は自分で作るものですよ。
とりあえず、これらの楽章のはてなマークは、出席者については消えたようだ。

18:00〜21:30
ジュニアオーケストラ練習。
始めてまだ半年少々の子を見ているのだが、どうしても3拍子がうまく取れなかった。「自分で1,2,3と言いながら演奏してみて」と助言したら、何とかリズムはうまく行く。あとは、言わずとも頭で数えられるようになればうまくいくはず。そう、確かにこういうことって、なんとなく身につくものだけど、「なんとなく」では身につかない子もいるわけなのだ。でも、ちゃんと助言すればうまくいく、はず。大切なのは助言の言葉を探すことだな。
そのあとは、ちょっとよれよれぎみだった子供たちの合奏に応援に入った。これも良し悪しで、よれよれは解消されるが自主性は薄れる。でも自主的によれよれを解消する力はない。「自主的」な力を見つけてくれればいいのだが。

7月12日(日)
9:30〜12:30
鳥取市響の合奏。
シベリウスの1楽章、ブラームスの3,4楽章、エグモント。
シベリウスにじっくり時間が取れてよかった。これも「?」は解消。ブラームスは、なかなか「無表情な音」が改善されないなあ。ベートーヴェンと違って「衝撃」だけでは音楽が作れないので、音の流れに「意味」を持たせなければ、ブラ3のあの憂愁は生まれない。ここは人生経験の差が出る??
エグモントは、テュッティではいい音がする。後で高野先生とも話したが、奏者のベートーヴェンとの親和性、そして何より曲の良さ。いい感じである。

13:30
高野先生を送り届けて、家に帰ると誰もいないので、食事に。河原駅近くの、鉄板焼きそばで有名な「樫」に。美味。昔ながらの喫茶店の焼きそばの極上なヤツ。
その後暇だったので、最近開通した、河原から三朝に抜ける林道を走る。すごく標高の高いところまで到達するので、景色は悪くないが、道の設計が良くないのと、三朝町側の、小鹿渓のあたりの道が極細で、うんざり。そこから鹿野に抜ける佐谷峠はくねくね道でも快適なんだけど、何が違うんだろう。

16:00
散髪。終わって、家への帰り道で、吉成の大山乳業のソフトクリームを食べる。一口目は妙に乳臭かったが、すぐに慣れ、美味。

18:00
家に帰ってキリンフリー。至福。夜は放送大学の勉強など、だらだらと。F1見るかも。

おしまい。


posted by tak at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。