2009年09月23日

TRIP TO ASIA ベルリン・フィル 最高のハーモニーを求めて

trip_to_asia.JPG

昨年だったか、日本でも公開されたらしい、サー・サイモン・ラトルとベルリン・フィルの2005年アジアツアーを題材にしたドキュメンタリー映画。その、コレクターズ・エディションのDVDを見た。先日、今井書店湖山店で、紀伊国屋のDVD2割引のセールをしてて、これと、クシシュトフ・キェシロフスキ監督の「トリコロール 青の愛、白の愛、赤の愛」を衝動買いしてしまった。
結論から言えばすばらしい作品である。本編のドキュメンタリーだけでも。そして、膨大な付録を合わせても。

コレクターズ・エディションは2枚組みで税込み7,245円もするが、それだけの価値がある。というか、普通に買える1枚目だけだと、ベルリン・フィルの姿の半分しか見ることができない。つまり、監督が切り取ったベルリン・フィルのある側面だけ。

全体の構成はこうなっている。

Disc 1
1.「TRIP to ASIA, the Quest for Harmony, BERLINER PHILHARMONIKER and SIR SIMON RATTLE」(これが原題)(108分)
2.「TRIP to ASIA」の映像を流しながら(見ながら)、監督のトーマス・グールベ、音楽監督のシモン・シュトックハウゼン(カールハインツの息子)、このアジアツアーに同行し、すでに退団したチェリストのゲッツ・トイチュが鼎談し、説明していくテイク(本編と全く同じ108分)
Disc.2
1.本編に採用されなかった、指揮者や奏者のインタビュー
2.この公演で演奏された、トーマス・アデス(1971生まれ)の「アサイラ」全曲演奏
3.メイキング・フォト

一般公開で、劇場で見た人(Disc 1の1だけ見た人)は、ベルリン・フィルの奏者が、不安にさいなまれた表情で、不安や孤独を語る姿を見て、さらに、トーマス・アデスの演奏至難な「アサイラ」のリハーサルシーンで、うまくいかず何度も止まる姿を見て、衝撃を受けたことだろう。「ベルリン・フィルのメンバーも、人間なんだ」と。
監督たちが語ったテイクは、まあある意味自画自賛的な部分はあるが、このドキュメンタリーの舞台裏も含めて、ベルリン・フィルの多面性を見られて、興味深い。

さて、コレクターズ・エディションにのみ収録されたインタビューや、アサイラの全曲演奏を見ると、それと逆の感情を抱くことになる。
すなわち、メンバーのインタビューは自信に満ちあふれている。リハーサルではあんなにボロボロだった「アサイラ」は、本番の演奏では余裕しゃくしゃくで、楽しんで演奏しているのが分かるくらい。

そう、やはり、編集された映画は、明確な編集意図の下にまとめられているということだ。「人間」ベルリン・フィルを強調するように。だから、これだけ見て安心してはいけない。本編で採用されなかったインタビュイーには、例えばホルンのシュテファン・ドールやフルートのエマニュエル・パユがいて、彼らはインタビューを受けても不安な表情や表現は一切しなかったのだろう。本編で登場した人も、採用されなかったテイクは自信満々である。ベルリン・フィルに入るような人、あるいはベルリン・フィル的な高度ななにかに携わる人が必ず持つ、努力の結果といい意味での自意識が」自然に現れている。

ハート・ウォーミングな音楽ドキュメンタリーを楽しみたい方は、1枚目のディスクだけを、世界の姿をより多面的に知りたい方は、すべてを見ることをお勧めします。
posted by tak at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽的思索 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

砂丘はリトル大阪

sandmuseum20090921.JPG

今日は一日鳥取砂丘の一角でやってる、砂の美術館の写真撮影。
カメラに助けられて、きれいな写真が撮れた。

それはともかく、砂丘は本当に1日中、ものすごい車と人でごった返していた。まるで大阪。関西弁多いし。
朝8時20分に砂丘についたのだが、すでに渋滞が始まっていた!その後夜の7時半まで車の列が常にできていた。そのほとんどが県外ナンバー。
ああ、これが高速道路の1,000円効果なんだなあ。

しかし、お昼に鳥取駅前に行ってみたら、ものの見事にガラガラ。芝生広場でにぎわい創出、なんて事業をやっているというのに(涙)。
ああ、砂丘のお客さんを1割でも駅前に連れてこれたらなあ。

というわけで、写真は、砂像。いいカメラで撮ったのはもって帰るのを忘れたので、ケイタイでとった待ち受けサイズで許してね。
タグ:鳥取砂丘
posted by tak at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥取の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

追悼 臼井儀人

crayonshinchan.JPG

私が始めて臼井儀人氏の作品と出会ったのは、ご他聞にもれず「クレヨンしんちゃん」。持っている単行本の奥付をみると4巻が1992年の初版本だったので、そのころ。ウィキペディアによれば、週刊誌の連載開始が1990年8月からだそうだ。単行本が出たのが1992年。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%BC%E4%BA%95%E5%84%80%E4%BA%BA
当時は吉田戦車など、ビッグコミックスピリッツのギャグマンガはよく知っていたが、週刊アクションなどは未知の世界。自分でもなぜ発見したのかよく覚えていないが、初めて読んで衝撃。まさに「天才現る」という感じだった。「クレヨンしんちゃん」の最初の3巻は、まさに天才のなせる業。それ以降、拡大再生産の傾向がみられるようになって、10巻くらいで買うのはやめた(と思ったら倉庫に探しに行ったら16巻まで持っていた)が、世間では常に表舞台にいた人だった。まさかあんな下ネタ満載の漫画が子供向け(?)アニメになるとは思わなかったが。
西日本の人間にとって「ばか」という表現が非常に厳しく聴こえる中、「おバカ」という表現を発見(でもなかろうが)したのは彼の功績だろう。

こないだ「クレヨンしんちゃん」の49巻が出たばかり。50巻が出たら買おうと思っていたが、こんなことになろうとは。つい最近でも映画の原作となったり、絶頂のまま世を去ることになったのは残念というよりほかない。
posted by tak at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

昼はオケ、夜もオケ

午前中は眠くて、結局11時過ぎ前で目が覚めず。
10月18日の本番のタイムテーブル作って、あわてて昼飯食べて、練習へ。

13:30から、とり文第4練習室で、鳥取市響の練習。
最初にauftaktさんの指揮でシベリウスのヴァイオリンコンチェルト。ツボを押さえた効き目のある練習。全曲に2時間かかったけど、身になった。
しかしながら、オケだけであんまりがんばって練習すると、ヴァイオリン・ソロが入ったときにまで、オケばっかりで合わせようとしてしまって、ソロを聴こうとしなくなるという問題がある。これはどこのオケでもそうなる。10月10日の練習の時には、そのことをメンバーには十分注意してもらわなければ。
最後の1時間で、エグモントとブラームスの3番。エグモントは、コーダの部分にある「鐘」の音型がどうにか鐘に聴こえないかと考えて、練習してみた。ファーードファドラドファーラードー、という音型。高野先生に指摘されて始めて「鐘」だと認識したポイント。つまり、プロオケでもここを十分に鐘らしく演奏できないということでもある。
だから、我々ががんばっても難しいんだけど、意識だけしてもらうために、工夫したのは、特に弦の場合、前の音の指を残したり、指を変えるのを直前にしたりして、前の音の余韻が残るようにすること。練習室でがんばってもどうにもならないけど、ホールなら多分少し効果があるはず。
ブラームスは、4楽章。冒頭の、小さくて速くて面倒なパッセージの整理と、最後らへんのコラールの整理をしておいた。

全般的に、人数が少ないのに、良く鳴るようになったなあ。細部の整え(お化粧)は足りてないけど、骨格は作れてきたのではなかろうか。

18:00からは、同じとり文の、リハーサル室で鹿野ミュージカルのオケ練習。さくら姫物語。前に一度やったことがある曲。
パートはきょうも歯抜け状態だが、前回来なかった人が今日は来たりして、全体としてどんな音が存在するかは思い出せた。
作曲は宝塚の関係者で、オケ用に上萬さんが編曲。一部上萬さんの作曲も。ダサかっこいい曲である。

21:00終了。
posted by tak at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

この3週間

3週間も日記を書けなかった。
仕事の、広報誌の取材と編集がハードで、頭は常にそのことで一杯で、精神的にもつらく、文章として出せるものはそちらに出し切ってしまって、日記に書けるようなことは一言も思いつけなかった。
金曜日でようやく一段落。その成果は、某公式サイトで見られますので、10月になったら見てください。市民ならばお家に届くでしょう。

取材の経験から。
これまで、取材に当たって、ずいぶんいい加減な気持ちで向かっていたにもかかわらず、先方の皆さんに温かく対応していただけたため、自分のいい加減さを反省してこなかった。
今回、勉強不足なままに取材に伺い、それはすぐに見透かされてしまった。「見識はあるのか」といった厳しい言葉もいただき、掲載をお断りするかもしれないと言われたこともあった。それが校了3日前。
そこから勉強しても知れたものではあるけれど、いろいろ調べ、考え、合理的に説明できる掲載の方法を見つけ、再度提案することで、ご快諾いただけた。ホッとした。

オケの練習のこと。
8月29日には、自主練習で、シベリウスのコンチェルトと、ブラームスの3番を私が指揮した。勉強不足で臨んでも、迷惑をかけるだけかもしれないと思った。特に、時間がなくて最後まで通そうなんてことを考えると途端に意味の薄い練習になってしまって。反省。
9月12日と13日は、高野秀峰先生が鳥取にいらして、合奏。12日には、シベリウスのヴァイオリン協奏曲のソロを弾かれる永見信久先生も参加され、合わせ。ああ、もう1回通す時間があれば、かなりきちんと合わせられたのになあ。自分の準備不足に大反省。
2日間で、アンコールを含めて4曲、かなりいい線まで音楽を作れたのではなかろうか。とくに今回は本番でも演奏する昔なつかしの鳥取市民会館で練習したので、音響もよく気持ちよかった。
12日の夜には、高野先生と団員6人で会食。今回の演奏会のレクチャーのプランも相談した。前回の演奏会のショスタコーヴィチのレクチャーでは、カルメンの曲も入れたりして解説したが「全然分からん」という意見もあったそうで、レクチャーはないほうがいいんじゃないかという意見もある。私としても、こんな面倒なことを考えなくてよくなるのなら、そんな楽なことはないが、これまでずっとそういうことをやってくると、自分の中でもあまりにも自然なことになっていて、プロのコンサートを見ていても「レクチャーすればいいのに」なんて考えてしまうようになっている。今回はエグモント序曲の説明の中で、ベルリオーズの幻想交響曲の第4楽章(部分)を演奏すべきかせざるべきか、悩み中。
posted by tak at 22:02| Comment(5) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。