2009年11月15日

大阪京都旅話

20091101osakakokusai.JPG 20091101tempozan.JPG 20091101kyotoconcert.JPG

しばらくやる気が出なかったのですが、久々に投稿です。半月前、11月1日のことをば。

旅というほどのものじゃあない、いつもの楽譜買出しとコンサートを聴くために、大阪と京都に行ってきた。観光要素はまるでなし。

発端は、11月1日が、丸一日予定がなかったこと。
そして、これから鳥取市響の演奏会でやる曲のスコアがほしかったこと。パート譜は通販で買えるけど、スコアは、どれを買うべきか選ぶ必要があるので、なるべく楽譜屋さんで買いたい。というわけで大阪駅前第2ビルのササヤ書店に行くことにした。
だったら、コンサートも何かないかと思って探したら、京都で、リッカルド・シャイー指揮のライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団がマーラーの1番をやることになっていた。開演は19時だし、楽譜を買ってからでも十分間に合う。
さらに、せっかく大阪行くんだし、時間も余裕あるし、美術館に行こう、と思っていろいろ調べたら、面白そうなのがいろいろあった。
まずは、もうすぐ閉館が決まっていて、今はクリムトが来てる天保山のサントリーミュージアム。そして、現代物ばかり集めた中ノ島の国立国際美術館。さらに、準備室として仮営業中の大阪市立近代美術館(仮称)心斎橋展示室がシュルレアリズム特集。これは面白いラインナップ。
開館時刻が順に10:30、10:00、11:00となっていて、効率を考えて開館時刻順に回ることにする。
しかし、ほんとにこんなあちこち回れるんだろうか?

というわけで当日。
朝7時に我が家を出発。国道53号、373号、中国道、新御堂筋と普通のペース(当社比(笑))で走って、10時10分前くらいには中ノ島に着いてしまった。暇なので、同じ敷地にある大阪市立科学館をうろうろ。ルービックキューブを完成させるロボットとかあって、場末感が漂っていた(苦笑)。

開館と同時に国立国際美術館に入場。コレクション展と、長澤英俊展。収蔵品は、今はやりのポップ系現代美術が一切なく、まじめ系一本やり(マルセル・デュシャンをまじめ系とするならばだが)で、妙に高品質のものばかり。刺激的であった。
長澤英俊氏は、立体造形の人。恥ずかしながらはじめて知った人だが、これまた素晴らしい作品ばかり。まさにまじめ系で、最初はふーんなんて思っていたのが、そのまじめさが積み重なると威厳を感じさせるようになる。

次は南港。渋滞なく迷いもなく30分ほどで到着。天保山は海遊館がめちゃめちゃ混みそうだが、サントリーミュージアム最寄の駐車場はそれほど混んでなかった。
クリムトを中心に、19世紀末から20世紀にかけてのウィーンの作品。チャラいものかと思っていたら、とてもまじめに作品が集められていて、お腹一杯。シェーンベルクの自画像とかもあった。ついついミュージアムショップで画集を買ってしまった。店員さんに「ここはこれが最後ですか」と聞いたら「あと一年あります」と。失礼しました(汗)。

次は心斎橋。これまたすんなり30分ほどで。まずは腹ごしらえ。安めのパスタ屋さんで食事。まあまあおいしい。
大阪市立近代美術館(仮称)心斎橋展示室は、出光ビルの13階。普通の事務所スペースを美術館に改造しました、見たいなそっけない感じ。展示品は、シュルレアリズム。時代で言えば、直前に見た2館のちょうど間、まさに補完するような内容であった。特に、日本のシュルレアリズムとか、結構面白かった。エルンストの作品は、鳥取県立博物館で見たような気がするなあ。

次は大阪駅前ビル。まずはササヤ書店。1時間くらいいたかな。
購入品は、ドヴォルザークのスラブ舞曲第1集作品46と交響曲第9番(いずれもオタカル・ショウレク校訂のジェスク音楽文化振興会出版のもの)、交響曲第7番(全音)、アメリカ(オイレンブルク国内版)、J.シュトラウスUの「こうもり」序曲(オイレンブルク国内版)。結局すべて国内版であった。が、アコヤ楽器にはないものばかりなので、一応は大阪まで買いに来たかいがあった(ことにする)。
もう結構疲れていたので、CD屋めぐりは最小限にして、ワルティ堂島に絞って行ったが、収穫なし。

3時間もあれば余裕で京都に着くだろうと思って、15時過ぎに大阪出発。国道1号をひた走る。というか、ずっと渋滞で、平均時速で言えばマラソンランナー並み。47キロの距離を、2時間40分かかってしまった。無事京都コンサートホールに到着。当日券は余裕で手に入る。
近所(北山商店街)でラーメンを食べて腹ごしらえ。

コンサートの曲目は以下のとおり。
モーツァルト/ヴァイオリン協奏曲第3番
  ヴァイオリン独奏:アラベラ・美歩・シュタインバッハー
アンコール:イザイ/無伴奏ヴァイオリンソナタ第2番第4楽章
マーラー/交響曲第1番
指揮:リッカルド・シャイー
演奏:ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団

初シャイー、初ゲヴァントハウス、もちろん初美歩ちゃん。

美歩ちゃんは最高であった。もちろん小学生でもバリバリ弾く曲ではあろうが、きちんと大人の音楽として楽しませていただきました。イザイも含め、技術的には何の困難さも感じず。朗らかで優しい音楽に浸った。オケは予想通り東ドイツ的もっさり感のある音色と、機敏な技術が妙にマッチして心地好い演奏。

問題は巨人におけるシャイー。あの人は超一流オケばかり振っているが、本当にそれに見合った指揮者なんだろうか。全くオーラを感じなかったんだが。
この日のオケは超巨大編成。ファーストヴァイオリンとセカンドヴァイオリンが16ずつ、ヴィオラ14、チェロ12、コントラバス10! 管はほとんどアシなしだったと思う。
対抗配置に同数のファースト・セカンド、2楽章冒頭のチェロバスの迫力、4楽章の「ヴィオラッ」の切れ味など、この編成の必然性は見事に感じられたし、3楽章の乱入するクラリネットちんどん屋部隊のとち狂った有様なども、おそらくシャイーの設計の妙であったと思う。
しかし、それ以外のところでは、自然児シャイーはあるがままに音楽を進めるばかりで、これという起伏もアイデアもなし。むしろ、超絶スーパープレーヤーであるトランペットのトップが音楽を引き締めていた。この人、まるで少年のような風貌で、本当に少年であったかもしれないが、ppは見事に柔和な音で、ffは完璧にオケを制圧し、他のプレーヤー全員も認める(シャイーが彼を一人立たせたときのオケの反応がそんな感じ)独り舞台であった。
ゲヴァントハウスは、Sクラスのオケではあるけど、ドレスデンやベルリンの国立歌劇場のようなスーパーSクラスではない、という感じ(東独比較です)。

コンサートが終わり、ホールを出たのが21時過ぎ。
まずは京都市内を真南に進んで国道9号へ。後は国道9号をひた走る。途中京都縦貫道を利用。福知山のいつもの「ふくちあん」でまたラーメン。再び走り出して、家に着いたのは0時40分。運転時間は3時間22分。楽しいドライブであった。

写真解説
1枚目 大阪の国立国際美術館。地上部分はこれだけ。展示スペースはすべて地下。威厳はまるでなし。
2枚目 サントリーミュージアムはこの右の四角いところ。巨大な丸い部分はアイマックスシアター。大きさから言えば、四角いところを使わなくなることくらい、あんまりもったいなくない。世間の必要度的にも、天保山的にもそうだろう。でも、文化的には???
3枚目 京都コンサートホールの吹き抜けの床面。立体に見えますが、もちろん立体じゃあありません。


ラベル:マーラー
posted by tak at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 聴いた音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。