2010年02月28日

米子管弦楽団定期演奏会

曲目は、
・ロッシーニ/「ウィリアム・テル」序曲
・シベリウス/カレリア組曲
・ブラームス/交響曲第2番
・ブラームス/ハンガリー舞曲第6番
指揮は、米子の隣村出身で、東京で活躍する井田勝大さん(http://yonakan.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-020d.html)。
そのおかげか、客席は満員。とても温かい拍手をいただきました。
若く意欲溢れる指導のおかげで、また、弦を中心に団員がすごく増えていて、米管はすごく充実した音を出していた。
テルは明るく輝かしい音だったし、カレリアは2曲目の弦が分厚く、ブラ2のコーダは超ハイテンション。これまでの私のオケ演奏歴でも、相当上位に入る楽しい演奏だった。

今回の演奏会で、ようやく気が付いたこと。特にチェロのこと。

ずいぶんと垢抜けた音になったなあと思ったが、それは同時にコクが薄いということも言える。これは結局、演奏法が原因。
・ファーストポジションを中心に使うと、はっきりとして、明るめの音になる。
・が、弦長が長い分指による音色のコントロールはそれほど効かない。
・アルペッジョ的パッセージでサードポジション辺りを使わずにファーストポジションを使うと、調性感が薄くなる。
・また、オクターブの音を指を押さえたまま1弦飛ばしで弾く代わりに、いちいちポジション移動しながらとなりの弦で弾く。
・そうすると、音が切れてしまって、余韻がなくなる。
・結果的にあっけらかんとした音になる。

もうひとつ。オケ経験が少ない場合、例えばブラ2の最後辺り、テンションが上がってしまったときに、冷静にアンサンブルを組み立てられず、すぐにバラケそうになる。カレリア組曲の2曲目の延々続く刻みでも、集中が続かず、また、弓がコントロールできず、あわせ続けられなかったりする。
オケ経験が長くなると、こういうところこそ楽しめるようになります。新団員の皆さん、がんばって!
posted by tak at 22:06| Comment(3) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

頭痛は続く

2月24日(水)
朝5時ごろ頭痛で目が覚める。ジヒデルゴット服用。暖かい日。
2月25日(木)
やはり頭痛で目が覚める。
2月26日(金)
ジヒデルゴットが残り10錠を切ったので、病院へ。待ち合いの間に激しく頭痛。血圧が130-90とか。自分にしてはかなり高い。
いろいろ迷ってやはりジヒデルゴットを処方してもらう。
2月27日(土)
朝方軽い頭痛。9時半からカルテットの練習に行くが10時半から11時半まで頭痛で動けず。
午後はなんとかおさまり、米子管弦楽団の定期演奏会に出るため、今米子に着いたところです。
タグ:頭痛
posted by tak at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

頭痛週間

ちょうど1年置いて、群発頭痛期が始まった。と思ったら、すでに落ち着きつつあるようだ。来年のためにメモ書き。

2月16日(火)
どうもおかしい。肩こりがひどく、頭痛につながりそう。でもまだ痛いというほどではない。

2月17日(水)
前日と同じ。どうもこれは群発期が来そうだ。

2月18日(木)
ついに来た。前回のジヒデルゴットがまだ残っているので、朝から飲む。が、10時前に頭痛到来。20分で治まる。
ジヒデルゴットは、8時、16時、翌1時に服用。

2月19日(金)
この日もやはり、9時前に頭痛が始まり、20分で治まる。
ジヒデルゴットは、7時、15時、23時に服用。

2月20日(土)
強い頭痛はないが、午前中一杯、頭がうずく。午後は問題なく過ごす。
ジヒデルゴットは、7時40分、15時40分、23時に服用。

2月21日(日)
最悪の1日。
朝6時に頭痛で目覚める。ジヒデルゴット服用。1時間くらい痛む。
8時に起きて朝飯を食べ、鳥取市響の練習に出かけようとすると、また頭痛。とりぎん文化会館までの10分の運転中、激しい頭痛。
何とか耐えて練習会場に到着すると、痛みは2割程度に治まる。練習中は大事無く、快適に練習終了。
家に帰って、午後一杯はずっと頭がうずく。痛みを忘れようと昼寝。15時30分に2錠目。
夜はさっさと寝ようと、23時半に3錠目を服用して就寝。

2月22日(月)
朝からまるで群発期を脱したかのように快適。
ジヒデルゴットは、7時、15時、23時に服用。

明日から2日間、頭痛の気配がなければ、服用を止めてみよう。
タグ:頭痛
posted by tak at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

Alfa Romeo 159ホイール覚え書

alfa159andprovare1.JPG alfa159andprovare2.JPG

アルファ・ロメオのホイールは、P.C.D.(ホイールのボルト穴の中心を結んだ円周の直径、単位:mm)が特殊で、Alfa156やAlfa147(932系)などはP.C.D.98、そして今乗り始めたAlfa159やBrera(939系)はP.C.D.110。いずれもほとんどほかのメーカーの車と互換性がない(後者はシャシーの共用が画策されたオペルと共通だが、オフセットも共通かどうか不明)。
必然的に、ホイール探しが難航する。鳥取ではほぼ必ず雪が降るので、スタッドレスタイヤと、それをはめるホイールがワンセット必ず必要になる。

世の中にホイールメーカーあまたあり、ブランド名、製品の種類は、それこそ星の数ほどある。その中から、適合するホイールをひとつひとつ当たって捜さなければならないのだ。もちろん車屋さんとかタイヤ屋さんに頼めば調べてくれるだろうが、同じことをしてもらうのは気の毒だし、デザイン的に納得のいくものがほしい。

Alfa156のときは、春に納車で冬まで間があったので、ゆっくり時間をかけて探すことができた。結果的に選んだのはこれ。アッソのパルティーレ・モーダ。
http://www.asso.co.jp/moda/index.html
アッソは、ホイール専門ではなく、アルファ・ロメオのパーツ全般を専門に扱うメーカーで、ホイールもぴったり合うように作ってある。

Alfa159を買うに当たって、冬に納車なので即座にホイールを決めなければならなかったのだが、排気量やバージョンによってブレーキキャリパーが違い、しかも、どのホイールがどのバージョンに適合するのかの情報が非常に少なく、非常に困った。
特に、買うことになったTIバージョンは、専用デザインのブレンボ赤キャリパーと19インチホイールがセットされているのだが、235/40で19インチのスタッドレスタイヤは存在しないので、18インチにダウンするしかない。
結果的に選んだのは、やはりアッソのプロヴァーレ。
http://www.asso.co.jp/provare/index.html
ここにTIバージョンのブレンボ赤キャリパーでも適合と書かれていたので、決断できた。
http://minkara.carview.co.jp/userid/302003/blog/16261599/

ところが、いろいろ調べてみると、どうも3.2リットルについているブレーキキャリパーもブレンボの同じものの色違いらしい(どこにも明言されていないが)。ということは、3.2リットルに適合するホイールはTIでもOKということになる。
さらにさらに、2月13日になって、こういうモデルが発売された。

159コレクション
・2.2リットルJTSエンジン
・ブレンボブレーキキャリパー
・17インチホイール
(その他は省略)

なんと、17インチでもいけるらしい。つまりこういうことだ。
・3.2リットル車、TIバージョンのキャリパーは、色に関わらず、おなじ大きさのブレンボ製。
・ホイールの内径は17インチ以上(スペアタイヤも17インチだし)
・トレッド方向のでっぱりが大きいので、ふくらみのある専用デザインでなければだめ
写真の1枚目を見ると、18インチホイールの場合、内径は余裕があるが(1枚目)、トレッド方向はまさにすれすれ(2枚目)。

というわけで、せっかくいろいろ調べたので、排気量やバージョンごとに適合する非純正ホイールを列挙しておく。

2.2(TI、コレクションを除く)
16インチ 未調査
17インチ
 ATS Z type(17x7.5 5/110 inset41)※純正ボルト、純正センターキャップ(60mm)使用可
 http://abeshokai.jp/products/ats/spec13.html
 ENKEI SC03(17x8.0 5/110 inset40)
 http://www.enkei.co.jp/jp/products/wheels/sc03/outline/index.html
 BRIDGESTONE prodrive GC-014i(17x7.5 5/110 inset39)
 http://www.bs-awh.ne.jp/prodrive/gc014i.html
 YOKOHAMA Connoisseur(17x7.5 5/110 inset37)
 http://www.yokohamatire.jp/yrc/japan/wheel/brand/co_151c_f/index.html
18インチ
 ENKEI GTC01(18x8.0 5/110 inset35)
 http://www.enkei.co.jp/jp/products/wheels/gtc01/outline/index.html
 BRIDGESTONE prodrive GC-014i(18x7.5 5/110 inset39)
 http://www.bs-awh.ne.jp/prodrive/gc014i.html
 BRIDGESTONE prodrive GC-07J(18x7.5 5/110 inset34)
 http://www.bs-awh.ne.jp/prodrive/gc014i.html
 YOKOHAMA ADVAN Racing RS for ALFA(18x8.0 5/110 inset35)※アダプターを装着すると156用純正センターキャップ(50mm)使用可
 http://www.yokohamatire.jp/yrc/japan/wheel/brand/advan_rsa/index.html
 OZ Racing SUPERTURISMO-GT(18x8.0 5/110 inset40)
 http://www.oz-japan.com/products/racing/superturismo-gt/index.html
 OZ Racing ULTRALEGGERA(18x8.0 5/110 inset38)
 http://www.oz-japan.com/products/racing/ultraleggera/index.html
 OZ Racing 35 ANNYVERSARY(18x8.0 5/110 inset38)
 http://www.oz-japan.com/products/racing/35anniversary/index.html
 WSP R251(18x8.0 5/110 inset41)※TI用19インチのレプリカ。おそらく純正センターキャップ(60mm)使用可。
 http://www.targa-web.co.jp/wheel/wsp_italy/r251_ar.html
 ASSO PROVARE(18x8.0 5/110 inset40)※純正ボルト、純正センターキャップ(60mm)使用可
 http://www.asso.co.jp/provare/index.html
19インチ
 YOKOHAMA ADVAN Racing RS for ALFA(18x8.5 5/110 inset32)※アダプターを装着すると156用純正センターキャップ(50mm)使用可
 http://www.yokohamatire.jp/yrc/japan/wheel/brand/advan_rsa/index.html

3.2、TI、コレクション
17インチ
 ATS Z type(17x7.5 5/110 inset41)※純正ボルト、純正センターキャップ(60mm)使用可
 http://abeshokai.jp/products/ats/spec13.html
18インチ
 ENKEI GTC01(18x8.0 5/110 inset35)
 http://www.enkei.co.jp/jp/products/wheels/gtc01/outline/index.html
 ASSO PROVARE(18x8.0 5/110 inset40)※純正ボルト、純正センターキャップ(60mm)使用可
 http://www.asso.co.jp/provare/index.html
19インチ
 YOKOHAMA ADVAN Racing RS for ALFA(18x8.5 5/110 inset32)※アダプターを装着すると156用純正センターキャップ(50mm)使用可
 http://www.yokohamatire.jp/yrc/japan/wheel/brand/advan_rsa/index.html
※WSP R251は、おそらくブレンボキャリパー可だが、情報なし。

ちなみに、ホイール径ごとの推奨タイヤサイズは以下のとおりになっていて、外径がかなり違う。そのまま履き替えると距離計の進み方が相当違ってきそうだ。
16インチ 205/55 R16(外径632mm)
17インチ 225/50 R17(外径657mm)
18インチ 235/45 R18(外径669mm)
19インチ 235/40 R19(外径671mm)
(次のサイトを参照させていただきました。http://jccc.web.fc2.com/japanese/tire/rim-diameter/index.html
posted by tak at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Alfa Romeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

ベスト現代音楽100

best20c100_1.JPG best20c100_2.JPG best20c100_3.JPG

CD6枚組が3000円で、有名名曲100曲を聴けるということで評判になった「クラシック100」、チャイコフスキー100とかマリア・カラス100とかシリーズは脈々と続いていて、なんと第20弾、「Best 20th Century Classics 100」と英語表記は「20」でそろっているけど日本語では「ベスト現代音楽100」。
http://www.emimusic.jp/st/best100/modern/index_j.htm
曲名を見ると、ゲンダイオンガクというよりすでに古典と化した名曲が多いが、中には名前を聴いたこともない作曲家も。誰がどういう意図で選曲したのか、あと単純に聴いてみたいという好奇心で、買ってしまった。7割方はすでにソフトを持っているけど、あとの3割は今後も買いそうもなかったし。
曲目解説は収録順でなく、歴史的な流れの説明ともに収録曲をピックアップして紹介する、なかなか力の入った内容。相原穣さんという方が書かれています。

CDはゆっくり聴くとして、周辺情報で面白かったこと。

1.支社の復活
EMIジャパンの公式サイトをぼんやり眺めていたら、こういうところには出てきなさそうな語彙が目をよぎる。CD3の7曲目(画像3枚目)。
「われ支社の復活を待ち望む」??
正解は「死者の復活」。ていうか、我々はEMI本社の復活を強く待ち望んでいるんですけどね。
CD3のタイトルも、よく見たら「ペルト」が「ベルト」に。ちょっとした違いが大きな違いです。

2.5000円
このシリーズ、すべてCD6枚組みで、たいていは3000円、高くても3800円だったが、この20世紀音楽だけ5000円。まあご存命の作曲家の曲もいくつもあるしね。
お布施だと思いましょう。
タグ:EMI
posted by tak at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 買ったCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

仏区里屋

仏区里屋は、ぶくりやと読む、鳥取の人なら誰でも(?)知っている、カジュアルなフレンチのレストラン。
お値段もカジュアルなので、土日の昼なんて、寿司詰め状態の超満席。だからなかなか入れない。
3年ぶりくらいに行ってきた。

月替わりのコース料理だけで6種類くらいあるし、メニューも膨大で、選ぶのも大変。私はスズキとカキがメイン、同行人は牛肉。
オードブルは魚のムースにキャビアが乗せてあるもの、スープとサラダ、メイン、ライス、デザートに、カボチャのケーキとブルーベリーのタルトを一つずつ。ジュースとコーヒーを2人とも1杯ずつ飲んで、2人分あわせて6000円ちょっと。なんとまあお得な。
カキは味が濃く、牛肉はサッパリして、美味しかったです。
タグ:ごはん
posted by tak at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 美味し店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

弦楽講座H21終了

20100214gengaku.JPG

今回もまた講師先生方のトリオで終幕。
モーツァルトのK.563のディベルティメント(抜粋)でした。技術的にも精神的にも、大きな曲ですな。最初は残響のなさと直前練習のなさに調子がなかなか出ないようでしたが、素晴らしい演奏でした。

青少年のための弦楽講座、一応来年も開催できそうな気配です。子供たちにとって貴重な、トップレベルの弦楽奏者と触れ合える場であり、出来る限り続けて生きたいものです。
先生たちの熱心な姿や、子供たちのがんばりを見ると、私も裏方をやめるわけにはいかないな。
posted by tak at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

弦楽講座H21第3回

20100213gengaku.JPG

青少年のための弦楽講座、東部の会の3回目。今日と明日、鳥取西高で行う。

幸いに爽やかな天気で、寒くなく、快適に講座が行える。関西からいらっしゃる3人の先生も、何の問題もなく来鳥。
(ヴァイオリン:清水玲子先生、ヴィオラ:井上望美先生、チェロ:角南麻里子先生)

生徒も先生も、勝手知ったる、って具合に、誰も何もしなくても、どんどん講座を進めていただけた。

明日は二日目。3人の先生は、なんと今月末には弦楽トリオでパリ公演を控えているとのこと。明日の最後のミニコンサートでは、そのプログラムを垣間見させていただけるかも!
ご近隣の方は、どうぞおいでください。ご連絡は私まで。
posted by tak at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

フリースペースコンサート終了

緻密な練習。
鈴なりの観客。
ほとばしる演奏。
豊かな残響。
熱烈な拍手。
親密な打上げ。
熱い議論。
美味しいお酒。
素晴らしい一日。
posted by tak at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

こころのサプリに市響出演

明日はいよいよ、とりぎん文化会館で、こころのサプリ。
くわしくはとり文の公式サイトでどうぞ。
http://cms.sanin.jp/p/zaidan/5/1/7/1/7/

今日のゲネプロで「ようやく間に合った」という感じで仕上がりました(笑)。
団長の解説入りで、楽しんでいただけるようにしています。
無料、出入り自由なので、お気軽においでください。
posted by tak at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。