2010年03月21日

豪華客船で壱岐島クルーズ

20100318fujimaruiki1.JPG 20100318fujimaruiki2.JPG 20100318fujimaruiki3.JPG

クルーズ船ふじ丸で、壱岐島に観光に行ってきた。
実は、なかなかお客さんが集まらず、職場に動員がかかったのである。広報誌の編集の谷間でもあり、たまたま用事がなくて、すぐさま手を挙げた。

3月18日(木)の夕方に鳥取港を出港。鳥取港からクルーズ船が出発するのは初めてのことである。翌日の朝には壱岐島に到着。
オプショナルツアーで、観光バスで1日島をぐるぐる回り、観光地の要所はすべて押さえてしまった。すなわち、砲台跡と猿岩、勝本町いるかパーク、はらほげ地蔵、壱岐市立一岐国(いきこく)博物館。最後にうに工場。
その日の夕方にはもう出港し、一晩かけて瀬戸内海を通り、20日の14時に姫路港に到着。あとはバスで鳥取まで。

実は、こういった、言われるがままについていくだけの旅行は初めて。もちろんクルーズ船も初めて。壱岐島も。あんまり期待はしていなかったんだけど、すごく楽しんでしまった。

ふじ丸は、クルーズ船としてはあまり大きくないのかなとは思うし、設備はちょっとばかし一昔っぽい。出し物も。なんとなくいろんなところが場末感が漂っているんだけど、それはそれでたまにはいいものである。食事はとても美味しかった。
壱岐島の観光地も、これまたあるがままのものをそのまま見せただけのような、今どきびっくりするくらい工夫はないけど、それもまたゆるくていい。イルカは芸が仕込まれているわけではなくて、本能のままに遊んでいるだけなんだけど、なんとなく許してしまう。
ただし、一岐国博物館だけは、相当に工夫に満ちた、素晴らしい施設である。故黒川紀章氏最後の作品とのことで、緩やかな曲線は、コンクリートの建物とは思えない。古代の生活を描いたジオラマの人形は実際にモデルがいるそうで、異様にリアル。単眼鏡をのぞいて初めて見える「おいしそうな犬だね」の言葉には笑ってしまった。
パックツアーも、楽でいいですね。相当精神が弛緩してしまった。けどまあ、緊張をほぐすための旅行だからいいのだ。

というわけで、壱岐もクルーズも、ハマってしまいそうである。
posted by tak at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

クルーズ船で壱岐島へ

18日の夕方から20日の夕方まで、クルーズ船のふじ丸に乗って壱岐島に行ってきます。
洋上ではケイタイが入らなくて連絡が取れなくなるらしいです。ご了承ください。
posted by tak at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

嗜幸園

久々に焼肉を食べに行った。湖山駅そばの嗜幸園。

前回行ったのはいつだろう。7,8年前だろうか、今の店舗に改装(改築?)してすぐのころだったと思う。
当時から学生であふれ、手ごろな値段で美味しい肉が食べられた。
そして今でも、月曜日から(あんまし関係ないか)満席。やはり学生が多いようだ。たいしたものである。

いつものように2人前ずつ頼んだら、かなりのボリュームでちょっとおびえたが、やはり美味しい!上ヒレ、上カルビ、上タン、上ミノなどを大人食い。2人で8750円。
なんというか、どれも美味しくデザインされた肉、という感じで、ちょうど美味しい柔らかさ、脂の乗り、厚さ。しっかり焼いても美味しい。

焼肉なんて、肉を焼くだけ、と思っていたが、その肉こそが焼肉屋さんの個性なんだなあと感じ入った次第である。

ちなみに木曜日定休、17:00〜24:00営業とのこと。
ラベル:ごはん
posted by tak at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 美味し店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

ベスト現代音楽100補遺+11

以前書いたベスト現代音楽100であるが、どうにも私のスイートスポットとずれている。
http://takmusik.seesaa.net/article/141551581.html

というわけで、7枚目、+11曲分を自分なりに編集してみた。もともと「ベスト20世紀音楽100」というタイトルなので、ゲンダイオンガクいがいもふんだんに取り入れた。かなりいい感じ。

01.イツァーク・アルベニス/スペイン舞曲から「アストゥリアス」
02.フランツ・シュミット/歌劇「ノートル・ダム」間奏曲
03.ガブリエル・フォーレ/ピアノ五重奏曲第2番第4楽章
04.オットリーノ・レスピーギ/ローマの祭りより「主顕祭」
05.オトマール・シェック/「ノットゥルノ」から第3楽章
06.シルベストレ・レヴエルタス/センセマヤ
07.ボフスラフ・マルティヌー/交響曲第6番「交響的幻想曲」より第3楽章
08.ジョルジュ・クルターク/12のミクロリュード
09.ヘルムート・ラッヘンマン/舞踊組曲より第5部(導入、ギャロップ、コーダ)
10.ルイジ・ノーノ/愛の歌
11.ベルント・アロイス・ツィンマーマン/若い詩人のためのレクイエムより「我らに平和を」
ラベル:マルティヌー
posted by tak at 22:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 聴いた音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

まだまだ群発期

先週で、もう群発期は過ぎたと思った群発頭痛。今年はまだまだしぶとく残る。

2月28日(日)
米子管弦楽団のステリハ中、10:20ごろから20分ほど、激しく頭痛。控え室で苦しむ。幸い短時間で終了。

3月1日(月)〜5日(金)
ほぼ痛みなし。回復したか?と思いきや…。

3月6日(土)
10:00〜11:00、激しく鈍い痛み。転げまわる。とりあえずこれだけで治まる。

3月7日(日)
県道河原インター線の開通記念ウォークラリーの取材先で、9:20〜30と11:00〜30、かなり強い痛み。取材の合間だったので、写真撮影には支障なし。

この春は、春→冬→春→冬と、季節が激しく交代するような気候で、体がそのたびに季節変化に対応して、そのたびに頭痛を起こしているような感じ。
あと1週間くらいで何とかならないものか。
ラベル:頭痛
posted by tak at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

VIOLIN ATELIER OKANO

violinatelierokano.JPG

チェロの弓の毛が、相当寂しい感じになってきたので(持ち主に似て、とか言わないように!)、弦楽講座のときに知り合った人のところへ毛替えへ。

なんと倉吉市内にヴァイオリン工房を構えているのである。

VIOLIN ATELIER OKANO(岡野壮人、おかのたけひと)
鳥取県倉吉市清谷676−2(清谷交差点から市内方面へ20m)
0858-26-7525

とても爽やかで細やかな人だけど、ヴァイオリン(を中心とした弦楽器)への思いは熱い。
鳥取県でどうやってやっていくんだろうと思ったら、修理というより、制作や修復の仕事が多く、それらは世界中から依頼が舞い込んでくるものらしい。
今も、ヴァイオリンの修復の仕事をいくつか、チェロの新作の仕事を受けていて、また、ヴァイオリニストのコンクールでの特別展示で、世界中の制作家が競作するガダニーニのコピー展にも出展するとのこと。
そりゃあ忙しいわ。

でも、私なんかのチェロの弓の毛替えも気軽にやってくれるとのころ。ちなみに8000円。
近隣の方はどうぞお気軽に。
ラベル:チェロ
posted by tak at 00:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

宮永・藤田行ってきますの会

miyanagafujita1.JPG miyanagafujita2.JPG miyanagafujita3.JPG

鳥取で大活躍してきた2人歌手で夫婦、藤田俊介君と宮永あやみさんが自分たちで主催した「行ってきますの会」に出席した。
なんと宮永さんは、ペーター・コンビチュニーの助手として、ライプツィヒ歌劇場で演出を学ぶのである。
集まったメンバーはなんと57人。さすが人気者。宮永さんが歌やピアノを教えている生徒さんの演奏、宮永さん、藤田君、浦池さんの歌、そして私もチェロで参加させていただいた。メンデルスゾーンのオラトリオ「パウロ」のチェロ・オブリガートがついた1曲。「いいよ」なんて軽く引き受けたが、ピアノ譜で書かれたト音記号とハ音記号の入り乱れる2段譜からチェロパートを読み取る作業は、超冷や汗モノ。
散々練習したのに、やっぱり本番はボロボロだったなあ。でも楽しかった!
最後には、彼らが指導してきた少女合唱団はなの演奏。残念ながら、でも当然ながら、合唱団は解散するとのこと。とても高水準の歌だったので、我が事のように寂しい。
2人ともまた鳥取に帰ってくると言ってくれている。我々も、彼らが何倍にも大きくなって(体格のことじゃないよ)帰ってきたときに、受け入れができるよう、音楽的鳥取をしっかり作っておかなければ!
posted by tak at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。