2010年03月07日

VIOLIN ATELIER OKANO

violinatelierokano.JPG

チェロの弓の毛が、相当寂しい感じになってきたので(持ち主に似て、とか言わないように!)、弦楽講座のときに知り合った人のところへ毛替えへ。

なんと倉吉市内にヴァイオリン工房を構えているのである。

VIOLIN ATELIER OKANO(岡野壮人、おかのたけひと)
鳥取県倉吉市清谷676−2(清谷交差点から市内方面へ20m)
0858-26-7525

とても爽やかで細やかな人だけど、ヴァイオリン(を中心とした弦楽器)への思いは熱い。
鳥取県でどうやってやっていくんだろうと思ったら、修理というより、制作や修復の仕事が多く、それらは世界中から依頼が舞い込んでくるものらしい。
今も、ヴァイオリンの修復の仕事をいくつか、チェロの新作の仕事を受けていて、また、ヴァイオリニストのコンクールでの特別展示で、世界中の制作家が競作するガダニーニのコピー展にも出展するとのこと。
そりゃあ忙しいわ。

でも、私なんかのチェロの弓の毛替えも気軽にやってくれるとのころ。ちなみに8000円。
近隣の方はどうぞお気軽に。


ラベル:チェロ
posted by tak at 00:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。