2010年06月30日

パパ・ヤルヴィの晴朗快速マーラー#7

jarvi_mahler7.JPG

お見事!この速いテンポを咀嚼したオーケストラを、楽しげに操るヤルヴィの顔が目に浮かぶ、爽やかな「夜の歌」である。
実のところ、テンポ自体は速いのだが、不自然さとか滑稽さは全くない。木管楽器の室内楽的アンサンブルを音楽の音量的基準に置き、叫ばず炸裂せず無理なく鳴るフォルティシモが心地好い。
こういう演奏を聴いたことでようやく気が付いたのだが、マーラーらしいサウンドをオーケストラ側で「作る」必要は全くなく、全てが音符に用意されていて、それを整然と、必要な音価、正しい音程、適度なバランス、そして何より適切なアクセントをつけることで、ちゃんとマーラーの音楽になる。
この演奏は、いい意味で「何も足さない、何も引かない」ちょうどいい演奏だ。そして、オーケストラ固有の晴朗な音色が彩りを添えている。

ちなみにこの演奏、最も遅いクレンペラー/ニュー・フィルハーモニアの100分かかる演奏より、30分も短い。1楽章をアンコールしてもまだ足りないくらい(笑)。それでもちゃんと両方マーラーの7番に聴こえるというのがすごいですね。

しかしまあ、最近のネーメ・ヤルヴィの怒涛の新譜ラッシュはどうしたことか?紹介したブルックナー、リヒャルト・シュトラウス、マーラー以外にも、ハルヴォルセン、ブラームスのドッペル、まだ届いてないいくつかのもの、ほかにもパルジファルの管弦楽組曲。生き急いでいるのはヤルヴィか、録音会社か?

そういえばヤルヴィのマーラー、スコティッシュ・ナショナル管とシャンドスに1,3,4,5,6、チャリティのコンサート収録でBISにエーテボリ響と8、寄せ集めオケとDVDで2、さらに今回の7で、1から8まで揃っちゃいました。ヤルヴィさん、がんばって9番もどこかに録音してください!


Gustav Mahler
Symphony No.7
I. 20:40 II. 12:53 III. 9:10 IV. 9:54 IV. 17:09 TT 70:10

Residentie Orchestra The Hague
concert master: Lucian-Leonard Raiciof
Neeme Järvi

2009.6.5-6, Dr Anton Philipszaal, The Hague
タグ:マーラー
posted by tak at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ネーメ・ヤルヴィ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

パパ・ヤルヴィのアルペン・シンフォニー

jarvi_alpine.JPG

最近にわかに録音・映像の発売が増えたネーメ・ヤルヴィの、2008年のコンサートの収録。

 ネーメ・ヤルヴィ指揮
 ハーグ・レジデンティ管弦楽団
 アルフォンス・ディーペンブロック/「エレクトラ」交響的組曲(エドゥアルド・リーザー編)
 リヒャルト・シュトラウス/オーボエ協奏曲(ソロ:パウリーネ・オーステンリーク)
 リヒャルト・シュトラウス/アルプス交響曲
 2008/1/19 Dr.アントン・フィリップ・ザール VAI

あの超速ブルックナーを演奏した同じオケで、彼は2005年から首席指揮者を務めている。
基本的に、個々の奏者のレベルは高いが、金管の音程がちょいと微妙で、ホルンは高め、トロンボーンは低めみたいな感じで、金管が鳴り出すと「惜しい」瞬間が頻発する。
弦はうまいので、柔らかな音楽の部分はとてもいい。
オーボエ協奏曲のソリストは女性で、団員。めちゃうま。聴衆総立ちの素晴らしい演奏。
アルプス交響曲は、音楽が錯綜して難しいところはミスがあるわけではないけど、ことごとく決まらない。が、しみじみとしていい演奏。ヤルヴィの表情が、カリスマ性よりも包容力を感じさせ、演奏の懐を深くしている。これよりうまい演奏はいくらでもあろうが、これより心地好い演奏はそうはなかろう。

さて、1曲目のディーペンブロック。曲に惚れました。
ざっくり言ってマーラーと同時代、後期ロマン派的な音楽だけど、音楽は独学。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%9A%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF
全然構築的ではないのに、その音楽のたゆたうような流れが琴線に触れる。
確か手元にほかの曲もあったと思って探したら、Q-Discが放送音源を集めて出しているコンセルトヘボウのベイヌム編に「テ・デウム」、RCO LIVEの第5集に「Lydische Nacht」(ハンス・フォンク指揮)、ベイヌムのデッカ録音集成に「Marsyas」と、いずれもコンセルトヘボウ・オーケストラの演奏で3曲も持っていた。どれも曲も演奏も素晴らしく、ライブ音源は聴衆の反応もよく、オランダの人はみんなディーペンブロックが好きなんだなあとわかる。

おそらくこのDVD、ヤルヴィ・ファンしか買わないだろうし、自信を持って「いい!」とは言いにくいけど、これもまた素晴らしい音楽の一つの姿と感じさせる名盤である。
posted by tak at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ネーメ・ヤルヴィ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

田植え。今日も、明日も。

201006051405000.jpg

天気がよくて湿度が低くて、気持ちいい田植えでした。
乗用田植え機に乗って植えてるのは兄。
先回は5反、今日は4反。明日は6反、苗箱120箱分です。裏方に徹します!
posted by tak at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。