2010年07月25日

ストラヴィンスキーからのハッピー・バースデー

mackerras_stravinsky.JPG

あわただしかった週末の疲れをぼんやりと癒すのにいい音楽はないかと何の気なしに選んだのは、マッケラスの「ハルサイ」。

つい先日、7月14日に84歳でなくなった指揮者のサー・チャールズ・マッケラスは、中庸で格段の個性を感じさせることのない音楽作りにもかかわらず、非常に明確な専門性で、個性あふれる音楽界でも全く埋没することなく、常に存在感を感じさせたものだ。
専門性とは、まずは、言うまでもなく、ヤナーチェクをはじめとするチェコ音楽。そして、モーツァルトを中心とした現代楽器によるピリオド・アプローチ。そして、イギリス音楽、オペラ全般、マーラーを中心とした後期ロマン派などでも、専門性を感じさせた。

ところが、春の祭典の録音もあるのである。しかもこれ、おそらく最初から廉価版シリーズでの発売を意図したものではなかろうか。EMIという巨大なレーベルの録音には、春の祭典も決して少なくない数のものがすでにあるのに、と思ったら、マルケヴィチ、ムーティ、もう思いつかない。だからこそ当時60歳のマッケラス御大にご登場願ったのだろうか。実はサイモン・ラトルとバーミンガム市交響楽団の録音も同じ1987年。EMIに計画性はないのか?

マッケラスとロンドン・フィルの演奏であるが、決して「隅々まで隙なく統禦された演奏」とかそういうのではない。たまにばらけるアンサンブルをものともせず、なんとなくノーブルな雰囲気をかもし出しつつフォルティシモでは的確に炸裂する、ストレス解消の気持ちよい演奏。私にとってはベスト3に入るお気に入りである。

ふと手を伸ばした1枚だが、今日という日にうってつけであることを後で気が付いた。アルバムの最後に収録されたわずか56秒の曲「ハッピー・バースデー」である。おかげさまで私も今日、30代最後の年を迎えることになりました。しみじみ聴き入る56秒。もともとは、ストラヴィンスキーがピエール・モントゥーの80歳の誕生日に送ったものだそうである。


Sir Charles Mackerras
The London Philharmonic


Igor Stravinsky

The Rite of Spring(1947)
Fireworks
Circus Polka
Greeting Prelude "Happy Birthday"

1987.8.31-9.1, Watford Town Hall EMI


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。