2011年01月31日

1月備忘録

1日(土) CD、DVD制作完了。CDは14組、DVDは21枚作った。パソコンよ、よくがんばった!
2日(日) 東高吹奏楽部OB有志新年会。ジャパンズ。
3日(月) 正月休み終わり。
7日(金) 職場の新年会で、賀露の海陽亭。ふぐ。うまかった!市内に戻って数人で村尾。
8日(土)〜10日(月) http://takmusik.seesaa.net/article/180213725.html
13日(木) アフターアワーズにジャズライブを見に。妹尾美穂ピアノ、鳥越啓介ベース、藤井学ドラムス。ベース激うま!
15日(土) 午後から鳥取市響初練習。タンホイザー、チャイコン、運命。夜は泊りがけで米子に米子管弦楽団の練習に。淀江の宇田川公民館。練習は好調だったのだが、のどが痛くなる。夜はものすごい寒気。
16日(日) インフルエンザっぽい症状なので、人にうつす訳にいかず、練習は欠席、鳥取に帰る。ものすごい吹雪。でも2時間半で着いた。高熱で運転が辛かった。昼過ぎに家に帰って熱を測ると38度以上。とっとと寝る。
17日(月) 医者に行くとやはりインフルエンザA型。タミフル飲んで自宅療養。夜までずっと38度以上の熱。
18日(火) 熱は下がる。自宅療養。
19日(水)〜21日(金) 引き続き自宅療養。
22日(土) 朝からカルテット練習。夜はジュニア。
23日(日) 午前は鳥取市響運営委員会。午後は鳥の劇場の鷲峰讃歌練習で鹿野のしかの心。
26日(水) 職場の東高卒業者の会の新年会。ニューオータニ鳥取鶴の間。美味しかった。今年卒業20周年になる後輩に、同窓会の極意を伝授。
29日(土) 午前は鳥取市響の練習。午後は鳥取市響の総会兼新年会でレーク大樹へ。総会は議論白熱、新年会はゲームとアンサンブルが楽しくて、料理も美味しい。弦のメンバーが多かったので、みんなが代わりばんこでカルテットを弾いたりした。人の演奏を聴くのは楽しいねえ。
30日(日) すごい雪。午後は私が車を買った車屋の社長さんのお嬢さんの披露宴でカルテットを演奏。幸せそうな式に花を添えられたかな?ビラノッツェカローは、外はそっけないが中は豪華だねえ。夜は鹿野の鳥の劇場で鷲峰讃歌の練習。プロの弦の奏者、ソリスト、合唱、ナレーターも来る。少しずつ形になっていくが、間に合うのか?
ラベル:日記
posted by tak at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月12日

2つのマーラー全集

mahler2010.JPG

グスタフマーラーの、2010年は生誕150年、2011年は没後100年ということで、いろんなレーベルからいろんな記念のディスクが発売されているが、さすが、ドイツ・グラモフォン、デッカ、フィリップスを有するユニバーサルは違う。

まず出たのが、ユニバーサル自身が選出した、1人1曲ずつのマーラー交響曲+歌曲集。
そして、生誕150年のユニバーサル公式ウェブ企画として、各交響曲を振った指揮者の人気投票を一般のリスナーが行い、1位になった録音を集めてパッケージにした「聴衆選出盤」。
前者は当然出ておかしくない企画だが、後者はある意味驚天動地。あのグラモフォンがですよ(ユニバーサルだけど)。

それぞれで選出されている指揮者は、それぞれ以下のとおり。

   ユニバーサル選  聴衆選
1番  クーベリック  クーベリック
2番  メータ     メータ
3番  ハイティンク  アバド
4番  ブーレーズ   カラヤン
5番  バーンスタイン バーンスタイン
6番  アバド     バーンスタイン
7番  シノーポリ   アバド
8番  ショルティ   ショルティ
9番  カラヤン    ジュリーニ
10番 シャイー    シャイー

正直言って、どちらもあまり「面白み」はない。
先に出たユニバーサル選盤を買ったのは、たまたま手持ちのマーラーの録音とダブりがなく、いつかは持っておかなければいけないものだったから。
聴衆選出盤に至っては、前者とダブりまくりだし、すでに持っているのともダブる。しかもさすが聴衆の人気投票だけあって、ごくごくまっとうなセレクトになっている。

ではなぜ買ったかというと、「投票者は25%オフ」「掲出を許可した投票者の名前がライナーノートに載る」という特典(?)。
オタクなら特に後者は避けて通れない。あのドイツ・グラモフォン(ホントはユニバーサル)のディスクのライナーに名前が載るんですよ!

というわけで、写真の通り。5,000人くらい投票して、掲載許可があったのがわずか474人ということもあってか、日本人的な名前は私ともう1人しか見つかりませんでした。さすが日本人はセキュリティ意識がしっかりしてる…。私も何度も思いとどまったけど、オタク魂に負けました(爆)。写真は合成っぽい(実際ぼかしの写真と非ぼかしの写真を合成してます)けど、ちゃんと載ってますのでね。
ラベル:マーラー
posted by tak at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 買ったCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

3連休の日記、久々に

20110109deutschrequiem.JPG

10〜12月と正月休みの記録は諦めました…。鳥取市響定期とか第九とかいろいろあったんだけど…。
とりあえず3連休の記録。

1月8日(土)
朝からカルテット。1月30日に知り合いのお嬢さんの披露宴で演奏を頼まれているのと、2月5日にあおや和紙工房で演奏するのの練習。
2月の分は特にアイネ・クライネ・ナハトムジーク全曲とか無茶な選曲をしてしまったので大変!午前2時間半では足りず、午後にも2時間練習。
夜は6〜8時半、ジュニアオーケストラの練習。

1月9日(日)
米子市淀江町のさなめホールで、米子第九合唱団+ミンクス室内オーケストラのブラームス「ドイツ・レクイエム」公演のオケ合唱初あわせ。
全曲通せた。改めてブラームスの素晴らしさに畏怖の念を感じた。特に滔々と流れるフーガ!しびれた!オケは編成も小さく、この日は抜けてるパートも多かったにもかかわらず、よく響くように書かれていて、ドイツの生真面目な宗教的世界にどっぷりと浸ることができた。
本番は3月6日(日)14:00から、同じ淀江町のさなめホールです。写真がそうですが、本物はもっと小奇麗です。

1月10日(月・祝)
鳥取市鹿野町の鳥の劇場で、午後1〜5時半、鳥の劇場「鷲峰讃歌」の練習。
鳥の劇場専属作曲家の武中淳彦さんの作曲で、今回が初演。
かなり現代的なところが多くて、弾いてて「うっ」と来る(?)所も多いが、きれいなところも多い。武中さんがブルックナーの弟子の弟子の弟子だけあって、ブルックナーっぽいところが多い。2拍3連とかテ・デウム音型とか。現代的なところが多いので鳥取のまじめなお客さんには
本番は2月19日(土)19:30〜と、20日(日)15:00〜の2公演です。
ラベル:オーケストラ
posted by tak at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

はつひ

20110101hatsuhi.JPG

あけましておめでとうございます。
とんでもない大雪も一段落して、今朝は太陽も顔をのぞかせました。

いつもと変わらぬ、大掃除と市響のDVD、CD制作に明け暮れる年末年始です。

時間を無駄なく過ごすことが今年の目標!なのに昨日、PS3とGT5買っちゃった…。どうしよう?
ラベル:日記
posted by tak at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。