2012年04月10日

引っ越した

姪っ子が中学生になるのを機に、いつまでも実家のベストルームを独占せず明け渡すべく、年明けごろから一人暮らしを画策した。
独り者用の物件を捜索すること1ヶ月、妙に安くて部屋数の多い不思議な物件を発見。その時点で親に独立のことを打ち明け、あっさりと了承を得た。

物件を見学し、さらに不思議さは募る(床面積は広いのに、洗濯機を置く場所はなく、洗面台もないし、エアコンもない)けど、安さと部屋数でこれに勝る物件はまず出てこないはず。家族全員に相談し(小3の甥っ子にも。「おじさんの部屋使っていいんだね!」と喜ばれた)、話を進めた。

早くも3月16日からの賃貸契約を結んだんだけど、異様に忙しい年度末で、引っ越し作業は遅々として進まず。おまけに人事異動まで重なり、しかも3月30日に重要な仕事上の行事が午前午後と立て続けに2本。めまぐるしい日々であった。
仕事帰り、軽トラに荷物を積んで運ぶこと計10回、恐ろしいほどの量の物どもを新居に収め終えて住めるようになったのが8日の日曜の夜から。

特にこの8日は、オケの練習後の午後2時から、2部屋に新規購入のエアコンを2台設置、1部屋に某先生からいただいたエアコンを同じ業者さんに頼んで設置するのに合計5時間を要するという、一番のハイライトであった。

着なくなった衣類を中心に実家に残った荷物を片づけるのに月火の2日を要し、ようやく本日、旧居の方も片付いた。
空っぽになった自分の部屋を見たらぐっと来て、親に見送られて実家を出るときにまたぐっと来たが、新居に来たら平気なもの。

これから何日かがかりで新居の方の山のようなCD、本、撮りためたビデオ、MD、カセットテープの処分方針を決めていかなければならない。とはいえ、要らないCDなんてないんだよなあ。
posted by tak at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。