2012年12月29日

ジュリア嬢の靴を替え、ショートドライブ

201212291135001_2.jpg
タイヤが丸坊主で、うち1本はカーカスが出そうな勢いだったので、これはヤバいと、早速いつものSタイヤさんに相談するためにお邪魔した。
明るい中で落ち着いてよく見ると、タイヤの摩耗はひどいしひび割れもある。ちなみにピレリ。ホイルは4輪ともひどいガリ傷つき。夜に出会った時には輝くばかりの容姿が、日の光のもとではやつれを感じされる…。ジュリア嬢にとってはどんな17,000kmだったんでしょうか(笑)。
ノーマルタイヤは春まで使わないのだし、ホイールの補修も含めて、ゆったりと春に間に合うようにお願いすることにした(県外に送るのだそうだ)。

タイヤは、Sタイヤさんはブリヂストンのお店なんだが、車屋さんで勧められたミシュランを着けてみたいと言うと、問題なく取り寄せられるとのこと。サイズが235/40の19インチという特殊なものなので、MICHELIN Pilot Super Sportという銘柄しか選べない。
http://tireselector.michelin.co.jp/tireselector/g/g036930_srd/
ミシュランでもトップクラスのスポーツ系タイヤで、スピードレンジの(Y)はなんと300km/hです。どこで出すんだそんなスピード。

ホイールとタイヤのことをお願いしておいとまする。時間があったので殿ダムまでショートドライブ。
ふんわりした乗り心地のスタッドレスタイヤであることを考慮に入れても、乗り心地は良いし、走りはなめらか。
ただ、2速と3速にシフトアップするときのシフトショックの均し方は最後まで分からなかった。30kmほど走った中での車載コンピュータ算出による燃費はリッター8km。3200ccのジュリア姐だと、これくらいのドライブでリッター5kmという感じだったから、格段に良い。世の中の低燃費競争からは完全に置いていかれてますけどね。

不思議なことに、代車にはいつまでもなじめないのに、昨日来たばかりの「自分の車」にはすぐになじんでしまった。
156と159の経験しかないながら、アルファロメオの最大の美点は、微舵から制御が利く信頼の置けるステアリングである。
前オーナーに、タイヤつるつるにされてガリ傷つけまくるくらい手荒に扱われた割には、足回りは非常にすっきりと動いていて、非常に心地好いドライブであった。
201212291136000.jpg


posted by tak at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Alfa Romeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。