2013年03月10日

フランス映画「遥かな町へ」の原作は鳥取県が舞台です

QuartierLointain.jpg
久々にフランス映画的フランス映画を見た。
日本が誇る鳥取出身の漫画家、谷口ジロー氏による「遥かな町へ」をもとに、普通にフランスでフランス映画として同名で制作された作品。
このたび鳥取市の事業として、日本語字幕版が日本で制作されたもの。

原作の骨格や仕掛けをほとんどそのまま使いながら、いかにもフランス的な(って言っても行ったことないので知らんけど)「生活」に置き換え、フランス映画らしく「心の奥のむずがゆいところをコリコリかいてくれる」ところは、原作以上の気持ちよさ。なお、フランス的エロスやフランス的下ネタも欠かしていない(笑)。
何よりも美しいのは、1967年のフランスの田舎町の姿を、生きた形で再現したところ。ヨーロッパだから町並みはほとんど変わらないのだが、着ている服、通りを走る車(フォード・アングリアとか)、自転車、バイク、ショーウィンドウの雑貨、お札、ツール・ド・フランスのテレビニュース、サッカーのラジオ中継(!)、さらには当時の鉄道など、よくぞここまで再現したものである。映画としては全くごてごてした作り物っぽいところがないが、これは十分お金がかかっていそう。フランスにはレトロモビルに代表されるちょっと古い車を動態保存する趣味が根付いているので、車に関しては比較的楽に調達できたかもしれないが。車好きを自認しているつもりだったが、案外パッと見て分かる車が少なかったなあ(←イタ車しか知らんもんな)。
そして、俳優たちの見せる表情が、漫画よりもむしろ言葉少なくいろんなことを物語る。若返った主人公は若い俳優が演じるが、いかにも「おじさん」のような表情をするし、また「おじさん」に戻った主人公は、まるで自分自身が若返って楽しんだのを惜しむような表情をする。

なお、この田舎町のロケ地は、フランスのスイス近く、ナンテュア(Nantua)という人口4,000人に満たない村(コミューン)のようである。原作の舞台の倉吉より美しそう(笑)。
posted by tak at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。