2008年08月16日

ホールに音が刻まれるとき

daiichiseimeihall.JPG

かつて東京のど真ん中に存在した、不思議な立ち位置のホールの、不思議な歴史を描いた本。副題「第一生命ホールの履歴書」である。渡辺和(やわら)氏著。

いつも読んでいる著者のブログで「絶版決定、在庫は裁断処分」と書かれていて、本が裁断されて処分されるなんてそんな悲しいことはあってはならないと思い、即座に地元の本屋さんにオンライン注文した。
http://yakupen.blog.so-net.ne.jp/2008-07-30
と思ってたら、絶版撤回だそうだ。
http://yakupen.blog.so-net.ne.jp/2008-08-05
でも、くやしくない。面白いから。

私が大学入学で東京に出る直前にホールとしての運用は終わっていたので、その存在すら知らなかったのだが、とても興味深いホールだったようだ。
何が面白いと言って、このホールに関わる人たちの音楽に、文化にかける意気込みの「濃さ」。音楽好きといいながら、私は果たしてそれだけの意気込みを音楽に掛けられているんだろうかと深く反省してしまう。これを読めば、著者が盛んにブログで日本のホールのソフト的運用能力の問題を投げかけている理由の一端がよく分かる。これだけの思い入れがなければホールを文化の拠点として運用することはできないのだ。ただ、問題は、その運用能力の価値判断をできる「権力者」は少ないこと。それくらい無神経でないと「権力者」にはなれないのかもなあ。

後書きにあるように、また、ちょっと想像すればすぐ分かるように、こういった本を書くのは相当面倒なことである。1次資料の入手、膨大な2次資料の分析、それらをコンパクトに流れを作りながらまとめる筆力。見事である。ちゃらちゃらブログを書いてる場合じゃないですよ。もっと本を書いてください。

ところで、このブログの記事で動いた在庫はどれくらいだっただろうか。おそらく30冊くらいではなかろうか。クラシックCDの市場が1000枚前後ということから考えて、「大衆」向きでない本の市場の、ブログによる量的な影響はこれくらいかなあと想像している。


ラベル:
posted by tak at 00:18| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
tak様、拙著、ご購入有り難う御座います。結果として狼少年みたいなことになってしまい、各方面の方々に申し訳なく思っております。無駄じゃなかった、と仰っていただけて、ホッとしております。小生自身も、自分で買い込んだ分の支払を苦慮しておるのですが。

今世紀に入ってからの超出版不況、というか、出版業が構造的にダラダラと自滅廃絶に向けて荒んでいくなか、小生のやりたいような単行本企画が全く通らなくなっております。昨年も、20世紀末までなら絶対通るだろうと思えた企画書が通らず、もう「地味なテーマの長編書き下ろしドキュメンタリー」は、スポンサーなしでは商売として成り立たないと再認識した次第。その意味で、クラシック音楽と同じ状況です。

とはいえ、お言葉をしっかり受け止め、なんとかする方法を考えたいとは思っています。かえすがえす、お言葉、ありがとうございました。
Posted by 渡辺和 at 2008年08月21日 10:35
著者様自らのコメント、恐れ多くもありがとうございます。
読む本が無くなったのか本を「読める」人がいなくなったのか、難しいところですね。「読める」人が「書ける」人と連携して本(あるいは「本」的なもの)を制作できる環境が作れればいいのかもしれません。ネット社会の今ならそれも可能なのかも。
Posted by 井上拓也 at 2008年08月22日 01:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。