2008年10月17日

ヴェルヴィエ音楽祭2007

vervierfestival2007.JPG

ヴィトルド・ルトスワフスキ パガニーニの主題による変奏曲
 ピアノ:マルタ・アルゲリッチ、ガブリエラ・モンエテーロ
ロベルト・シューマン 「詩人の恋」から第10〜12曲
 バリトン:トーマス・クヴァストホフ
 ピアノ:エレーヌ・グリモー
フランツ・シューベルト 鍵盤のための小品
 ピアノ:ラルス・フォークト
ロベルト・シューマン ピアノ五重奏曲から第2,3楽章
 ピアノ:エレーヌ・グリモー
 ヴァイオリン1:ルノー・カプソン
 ヴァイオリン2:庄司紗矢香
 ヴィオラ:ラルス・アンデルス・トムター
 チェロ:ミッシャ・マイスキー
クロード・ドビュッシー 子供の領分
 ピアノ:ネルソン・フレイレ
ベラ・バルトーク ヴァイオリン・ソナタから第3楽章
 ヴァイオリン:ルノー・カプソン
 ピアノ:マルタ・アルゲリッチ
モーリス・ラヴェル ヴァイオリン・ソナタから第1楽章
 ヴァイオリン:ルノー・カプソン
 ピアノ:エレーヌ・グリモー
フランツ・リスト 愛の夢
 ピアノ:エフゲニー・キーシン
ジョルジュ・ビゼー/ウラディーミル・ホロヴィッツ カルメン変奏曲
 ピアノ:エフゲニー・キーシン
ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲から第3楽章
 ヴァイオリン:ジョシュア・ベル
 UBSヴェルヴィエ祝祭管弦楽団
 指揮:サー・アンドルー・デイヴィス
medici arts 3078058

1994年に創設され、わずかな期間で高い評価を得られるようになった、スイスのアルプスの街で開かれる「ヴェルヴィエ音楽祭」の、2007年のハイライト。
演奏されている曲も一つの楽章だけだったりするし、全体でもわずか80分の収録なのに、恐ろしい密度の音楽が詰まった1枚だ。
本物のスターが、自身の持てる能力をぶつけ合ってアンサンブルするさまは、哲学論争や禅問答や格闘技を一緒くたにしたものを見るような、ものすごく刺激的なものである。
単位時間当たりの音符数が格段に多いバルトークのソナタとホロヴィッツ編曲のカルメン変奏曲は、それぞれルノー・カプソン、エフゲニー・キーシンの名技はもちろんそのミクロの時間の中に押し込まれた音楽の濃さに愕然とする。
また、シューマンのピアノ五重奏曲では、それぞれが音楽をする意味を順番に語るかのようである。やはり、音楽には、個人のそれまでの人生がにじみ出るものなのだなあ。
エレーヌ・グリモーの室内楽演奏が見たくて買ったDVDだが、大満足。


posted by tak at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | エレーヌ・グリモー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。