2008年10月23日

プラハのための音楽1968

prague1968.JPG

今日もまたカレル・フサ。
これは昨日の録音から4年後、2005年12月19日、イリノイ州立大学吹奏楽団、指揮はスティーブン・K・スティール氏。

・スメタナ・ファンファーレ
・アル・フレスコ
・ピアノと吹奏楽のための小協奏曲(ピアノ:モモコ・グレシャム)
・プラハのための音楽1968

某国の数多ある吹奏楽団と同じく、楽器のまんまの音を刺激的に出す素朴なサウンドではあるが、音程と縦の線が厳密にそろっている上で強靭な個々の奏者の音のせいで、聴けてしまう。特に前の2曲は、イサカ大学より面白く聴ける。

ピアノ小協奏曲のピアニストは、ソリストの任にそぐわないかなあと思っているうちに、バックバンド並みに強靭な音が出てくるようになって、でも、まあまあ。曲はバルトークっぽい。

そして、「プラハのための音楽1968」。いやはや強靭な音楽だ。奏者も真っ向勝負でひるんでいない。であればこそ、より柔軟な音色で「クラシック」としてのフサの音楽を聴きたかった。20年ぶりくらいに聴くのに、結構細部を覚えているのに驚く。パパパパパッパパッ、パパパパパッパパッ、とか。青春のころの記憶力はすごいね。盛んにDEsCHのテーマが聴こえるような気がするのは気のせいか?

こういうのコンクールでやりたいよねえ。

ライナー・ノートには興味深い記述がある。カレル・フサの、最初のヨーロッパでの録音がバルトークの「中国の不思議な役人」、「アメリカの50の州すべてで指揮をした」。51番目の州では指揮したことがあるんだろうか?


ラベル:フサ
posted by tak at 00:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 買ったCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
井上さま、はじめまして。
私、ひさこと牛島と申します。

過去記事へのレスで失礼します。
フサの「1968」についてWEBで調べていましたところ、ここにたどり着きました。

記事につきまして興味深い書き込みがありましたので、お伝えしたくコメントいたしました。


>ライナー・ノートには興味深い記述がある。カレル・フサの、最初のヨーロッパでの録音がバルトークの「中国の不思議な役人」、「アメリカの50の州すべてで指揮をした」。51番目の州では指揮したことがあるんだろうか?

10数年前、場所の記憶が定かではないのですが、おそらく秋葉原の路地で手に入れたワゴンCDの中に、フサが指揮した「中国の不思議な役人」が収録されていました。
劣悪なモノラルの録音のため、気にも留めず実家においてありますが、フサの指揮した最初の録音とは…。 久しぶりに掘り起こして聴いてみたいと思います。

フサ氏はご健在のようですが、最近の動向が伝わってこないので心配です。

では、また。
Posted by ひさ at 2013年05月03日 12:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。