2008年10月28日

ザンデルリンク/ロットのマーラー#4

sanderlingmahler4.JPG

クルト・ザンデルリンクがフェリシティ・ロットと録音したマーラーの4番。オーケストラはBBCノーザン交響楽団。いまはBBCフィルだっけ。
1978年4月17日、マンチェスターのBBCスタジオでの録音。

最初にモーツァルトのドン・ジョバンニ序曲。ベートーヴェンのように強靭なモーツァルト。これを聴くと、モーツァルトを軽やかに演奏するのが絶対ではなく、厚く強靭な音でも音楽が成立するのだ、という発見がある。
ザンデルリンクのマーラーは、9番と10番が有名だが、4番の録音が発売されるのは初めて。4番というと「浮遊感」を思い浮かべるが、ここでも強靭。トロンボーンなしの二管編成なのに、巨大にオケが鳴る。4楽章になって初めて浮遊感が生まれる。30歳(!)のフェリシティ・ロットの歌声は、今よりむしろどっしりした感じだが、声は初々しい。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。