2009年01月15日

インフルエンザだった

11日の午後から咳が出始め、12日は1日寝ていて、なんか変だと思いながら13日は仕事に出て、14日には悪寒が増してきたので医者に行ったらインフルエンザでした。
医者の指導で、16日まで自宅療養。
今日の朝も医者に行き、点滴を打ってもらって、薬を飲んだりしているうちに、病状自体はかなりよくなってきて一安心です。

なにせ、これまでインフルエンザにかかった記憶がなく、かかった印象も、風邪のちょっと強いの、みたいな感じだったので、医者に行くのが遅れてしまい、「もうタミフルも効きませんよ」といわれる始末。これでは感染爆発を防げません(マスクはしてましたが)。
以後、予防接種を受けるとか、おかしいと思ったら医者に行くとか、気をつけます。


posted by tak at 16:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
インフルエンザですか、お大事にして下さい。
ていうか、予防接種しておられなかったんですか?
数年前にかかりました。
朝から「アレ?」昼に発熱、夕方病院「インフルエンザ判明」タミフルと注射で翌日復活。
子供の事も有り、毎年予防接種は欠かしてません。
お気をつけください。

先日のニューイヤーコンサート、客のつもりでしたが急遽受付のお手伝い、
当日券を販売していたのですが、大人と大学生以下の区分が有りました。(前売・当日同額)
70歳位の男性がカードを提示なさりながらお求めになりました。
大人料金をいただき入場直後に「放送大学の学生なので、差額を返金して欲しい」旨を学生証(カード)を提示なさりながらおっしゃいました。
はじめての事でびっくりしましたが、二十歳前後の学生に一人でも多く聴いて欲しい趣旨を説明し返金はしませんでした。
放送大学の学生であるtakさんにお伺いするのですが、
バスやJR、映画館は学割ですか?
今後の入場料設定、券売に主宰者サイドの意志統一が必要になるのかなと思いました。

何はともあれお身体おだいじに。
Posted by 舞監 at 2009年01月16日 13:45
放送大学の学割については、手引きなどには「通学のために学割で定期券や乗車券が買えます」というようなことしか明記されていません。
あとは、関係各者がどう運用するか、ですね。
私は普段学生証を持ち歩いていないし、学生気分じゃない(?)ので、学割を申請することはありませんねえ。
「若い人に安く聴いてもらうための制度なので、すべての学生が対象というわけではない」「音楽関係の学生であれば年齢に関わらず学割可」という二段構えでいかがでしょうか。放送大学にも音楽関連の教科はあるので、それを取っていたらOKとか。
Posted by 井上拓也 at 2009年01月17日 23:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。