2009年01月19日

頭痛の日々、再び

dihydergot.JPG

今朝、1年半ぶりに群発頭痛が再開した。

いったん痛みが治まってから早速鳥取市立病院に行くと、脳外科の先生は様変わり。カルテは変わっていないのでいいけど。
新しい先生に「予防的に効く薬はないでしょうか」と尋ねたら、「ジヒデルゴット1mg」を処方された。
http://www.novartis.co.jp/product/dhe/pi/pi_dhe02.html
聴き慣れない薬だけどまあいい。なんといきなり14日分も。そんなに来てほしくないのね。

薬局に行って、処方してもらったら、値段を聴いて安さにびっくり。14日分、42粒で、620円。つい薬剤師さんに「安いですねえ」と言ってしまった。1年半前に使っていたレルパックスなら10粒3,000円。前者は1日3粒、後者は1日2粒だから、1日あたりの金額で13.5分の1になる。
薬局に行く前から頭痛が再開していたので、水をもらってすぐ飲む。と、なぜかあっという間に効き始める。
午後にもう1粒飲む。たまに痛くなるが、ズキズキが10分の1くらいに感じられ、効いているのがよく分かる。

朝昼晩の食事後に1個ずつ、という飲み方が指定されているが、24時間で3粒ということなら、8時間おきに飲んだほうが良かろう。23時、7時、15時で試してみよう。
1ヶ月、憂鬱な日々が続くが、今回はこの薬と付き合ってみよう。

しかしまあ、インフルエンザが治って、やっとビールが飲めると思ったら、またもや飲めない日々。


ラベル:頭痛
posted by tak at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。