2009年06月29日

音楽を考えた音楽的土日

6/27は、青少年のための弦楽講座の平成21年度第1回。
昨年度と同じ、ヴァイオリンは清水玲子先生、ヴィオラは井上望美先生、チェロは角南麻里子先生。
今回は、なるべく先生方のレッスンを聴講するようにした。3人ともに共通するのが、基礎を徹底的にやること。楽器の構え方、弓の持ち方、右手の動かし方などを順序だてて効率的に、でも時間をかけてやっていく。子供たちの音が見る見るよくなっていく。
その基本となるのは、やはり、楽しむために、いい音を出すために楽器を弾くということ。ついつい楽器を弾くために楽器を弾く、という、目的が分からない練習になってしまうのだが、目的が見えれば、苦労は軽減される。

その日の夜は、ジュニアオーケストラの練習。
まずは、先生クインテットでやるシューベルトの「鱒」を、ヴァイオリンN先生、ヴィオラK君、チェロ私で練習。N先生がめざす流れがあり動きがあり前進する音楽づくりについていくのがやっと。音程もシビア(当たり前)。だけど、枝葉末節ではなく音楽の本質とか基本的な技術の話をもとに指導していただけるので、むしろゴールに近付きやすい。自分だけで考える練習がいかに遠回りをしているかと気付かされる30分だった。
そのあと、ジュニアの子たちの合奏を3曲ほどみた。ずいぶん大雑把な指導になってしまって申し訳なかったが、ドビュッシーの「月の光」など、音楽の流れについてちょっとしたヒントを出すと、ずいぶんうまく行くようになった。たとえば「そこは皆さんずいぶんあっさりと先に進むけど、上を向いて月を見て、でも顔を下げなきゃいけなくて、でもすぐには下げたくない気持ちじゃないかな。ここでもう少し上を向いて月を見ていたい気持ちを持てば、自然とここの音が長く保てるようになるよ」とか。

6/28は、弦楽講座の二日目。
レッスンの内容は前日と同じく充実。
最後に先生3人のミニコンサートで、ベートーヴェンのセレナード。超絶難曲だが、素晴らしい演奏。私と比べてもどうしようもないけど基礎体力が歴然と違う。やはり、基礎の積み上げが大事なんだなあ。

ところで、弦楽講座においては、私は事務局員であり、小間使いのようなものである。先生方の弁当の買出しとか、謝金の準備とか、名札の準備とか、各種雑用。こういうことを嬉々としてやっている自分に気が付いてしまう。だからこういう仕事(プライベートの活動だけど)から離れられないんだよなあ。

そうそう、先生方と事務局が食べた、大丸で売ってるニューオータニ中華弁当、630円だけど美味しくてボリューム満点。お勧め。


posted by tak at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。