2009年08月23日

ジュニアオケ定期終了

夏のビッグイベント(当社比)、鳥取ジュニアオーケストラの演奏会が、無事終了した。

曲数はとっても多い。しかも全乗り。
・ディベルティメントK.138の第1楽章(モーツァルト)
・小フーガト短調(バッハ)
・ムゼッタのワルツ(プッチーニ)
・月の光(ドビュッシー)
・ハンガリー舞曲第5番(ブラームス?)
・月、浜千鳥
・日本の四季より「秋」(早川正昭)
<休憩>
・ピアノ五重奏曲「ます」の第4,5楽章(シューベルト)
・交響曲第100番「軍隊」(ハイドン)
・グリーンスリーブス(アンコール)

まず、講師模範(?)演奏の「ます」。
昨日のリハでは大失敗。オケの曲が全部済んでから「ます」の合わせをすることになっていたので、ウォーミングアップは事足りるだろうと思っていたら、全然ダメ。
オケの曲のチェロパートは、指の付け根の動かさなくても弾けちゃうけど、室内楽は無理。全然指が動かなくて、オタオタしてしまい、それでピアノパートの16分音符が聞き取れなくなってしまって、16分音符1個分ずれて演奏してしまうという大ミス。
超冷や汗かいた。
しばらく通していたら、ちゃんと指の付け根が動くようになったので、ちゃんとそういう弾き方で時間をかけて練習しなければならないことが良く分かった。
今日、本番の朝はちょっと早起きして、1時間ばかしチェロを弾いて、しっかり関節を動かしておいた。
本番は、もちろん万全ではないが、今の自分にはこれ以上できないという出来。大汗かいた。

あとは、オケ全体の話。
昨日のリハは、結構気まずい感じで、今日はどうなるのかなあという不安満々(?)の状態。
今日は、一転して、朝のリハから余裕しゃくしゃく。ひょっとして子供たちは練習してきたのかな。トラの大人たちも慣れてきたということもあるかもしれないが。
本番は、ちょっと疲れた見えたけど、皆さん十分な出来だったのでは。いちばん難しいドビュッシーの「月の光」も、あのふんわりした音楽がうまく再現できていたのではなかろうか。

というわけで、練習は大事だよ、と再確認した次第。皆さんお疲れ様でした。


ラベル:オーケストラ
posted by tak at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。